1万円の遊び方|連載|ぴあ関西版WEB
連載

ホーム > 1万円の遊び方

1万円の遊び方

 

「そんなイベントやってたの知らんかったわ、暇にしてたのに」。もうそんな言い草、聞きたくない! 
日夜、街で行われている映画、ライブ、舞台、展覧会、トークショーやワークショップなどなどの中から関西きっての街あそび者たちが、ほんとに行きたいイベントをリストアップ。「せめて月に1万円くらいは地元のイベントに使いましょうよっ」てことで、予算は1万円に設定しています。さ~て、今月はどこで遊びましょうか。

※名前をクリックすると各推薦人にリンクします。

 

若旦那家康(舞台の隙間産業)

10月は突劇金魚のアトリエ公演の制作をしています。突劇金魚はMARUZEN&ジュンク堂梅田店5階で台本やグッズのフェアをしているので茶屋町に訪れた際は是非覗いてください。そしてその突劇金魚と方言指導を担当した映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が10月28日から公開されます。ちらっと僕も姿か声が入っているように思えます。(見きれたわけではない)

あやめ十八番 第九回本公演『三英花 煙夕空』
10/7(土)~9(月・祝) シアトリカル應典院  一般前売(当日精算)2800円
歌舞伎、浄瑠璃などを元にした全編生演奏の劇団の初の大阪公演。クオータースターコンテストという映像の演劇コンテストでの映像で観るに技術は確かだから、それを確認しにいこう。よければ広めて、もっと大阪に来てもらおう。

OPEN YOUR MIND JAPAN EDITION 2
10/9(月・祝) 大阪市立芸術創造館 観覧費1500円
クラブなどで深夜におこなわれてそうなフリースタイルのダンスバトルを公共施設で。前回を映像で観たんですが、面白いですね。誰が客で誰が参加者かわからない状態で。踊るなんちゃらに観るなんちゃらなら踊らな損ではないか、踊れんけど。

康本雅子『子ら子ら』
10/23(月)~26(木) UrBANGUILD 一般2500円+ドリンク代
コンテンポラリーダンスでトップを走っていた康本雅子が東京から京都に拠点を移して、初めての京都単独だと思う公演。妖艶でストレンジなダンスを期待!

匿名劇壇 『悪い癖』
10/26(木)~10/29(日) AI・HALL 一般 3300円
OMS戯曲賞大賞を男性作家最年少受賞した福谷君の受賞作の再演。たぶんこの『悪い癖』の初演も「1万円の遊び方」で書いてたんではないかな、記憶が定かではないけど。やっぱり賞を獲ったんだからオススメ。同じ作品でも成長も観られるはず!チラシも初演のチラシを再利用で面白いね。

合計 10100円+ドリンク代

山田たかこ(会社員)

神戸在住の会社員です。10/30(月)に神戸東遊園地で開催中のアーバンピクニックにて「本のプレゼンナイト」なるイベントを企画しました。ゲストの森本アリさん・岩淵拓郎さん・和久田善彦さんとともに、渾身の一冊を持ち寄り、本のプレゼント交換とプレゼン大会をします。我こそは!という方は「まだ見ぬ誰かにプレゼントしたい素敵な一冊」を持参のうえ奮ってご参加ください(参加費無料です)!!夜の公園で遊びましょう!詳細はアーバンピクニック公式HPにて。

「ギミー・デンジャー」
10/7(土)~ シネ・リーブル神戸ほか 前売り1500円
昔、イギー・ポップのライブを見たことがあります。夜中0時過ぎの発煙筒が焚かれ煙ったステージの上にイギーがいました。ラストの曲「パッセンジャー」で、どんどん客をステージに上げて、最後はみんなで拳を突き上げて騒いでいたのを目の当たりにした時、この人のパワーとカリスマ性を感じたのは言うまでもありませんが、それ以上に、今でもパンクなんだな、と思ったのを覚えています。そう、ずっと現役でパンク。そんなイギーの伝記映画をジム・ジャームッシュが撮ったのだから、素晴らしいに決まってるんです。過去、ジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」でもイギーはスクリーンに登場していました。あの時は上半身もちゃんと洋服を着ていたけれど(当たり前だけど)、実際、生でイギーの体を見たらすごいです。年齢を超越した肉体。けっこう前で見たことがある私が言うので確かですよ!今作ではきっとストゥージズ時代からの上半身が幾度となく写し出されるはずなので、みなさまぜひとも大画面でその超人的肉体を鑑賞しましょう!

太陽と星空のサーカス
10/9(月・祝) 梅小路公園 (芝生広場ほか) 無料+買い物代
雑貨あり、ワークショップあり、本あり、食べ物あり、そして無料ライブあり。去年はこちらでカジヒデキのライブを見ました。ついでに京都水族館にも初めて入りました。ファミリーは梅小路公園内にある鉄道博物館や水族館などへ、この機会についでに訪れてみてはいかがでしょうか。そして今年は、9日にオオルタイチさん&YTAMOさんのユニット「ゆうき」の無料ライブがあります。ゆうきの歌を聴いたことがない方は全員行って欲しい!心が洗われます。…ということで、9日の私のスケジュールはこちらとRISSEI PROM PARTYのハシゴです。頑張ればどっちも行ける!(ちなみに本イベントは10/7(土)~10/9(月・祝)11:00~19:00開催。最終日のみ17:00まで)

RISSEI PROM PARTY
10/9(月・祝) 元・立誠小学校 前売り4500円+買い物代
10月三連休の京都はお楽しみがいっぱい。過去ここで公開していた「アメリカン・スリープオーバー」に行き損ねたくらいから、どうやら映画館としての営業は終わるらしいという情報だけが気になっていました。ということで、この日。即完売したというプレミアチケットをゲットした私です。映画以外にも大量のレコード店や本屋の出店、美味しいコーヒーやお菓子の販売もあります。個人的には甘夏ハウスのカレーが食べたいです。

STRANGE BOUQUET VOL.18
10/28(土) space eauuu 無料+買い物代
入場無料で出入り自由。主催者の彼女との出会いは、去年、ドイツのミュージシャンSpaceKellyの来日ライブをHelluva Lonugeに見に行ったことがきっかけでした。元々SpaceKellyが大好きだったので久しぶりの来日公演に最前列でひとり盛り上がっていた私と、実はそのライブの運営者だった彼女。翌日、偶然に別の場所で出会い意気投合。さすが狭い街、神戸!それは本当に嬉しい出会いでした。通称「昼クラブ」と呼ぶこのイベントは、健全に終電前まで遊べて、彼女の好きな音楽や物や人で溢れるゆるいお茶会のようなひととき。SpaceKelly、そしてギターポップ好きな方は絶対に楽しめます。「内臓くん」キャラクターも人気のイラストレーター木村耕太郎くんのDJもあり。もちろんグッズ販売もありますよ~!

合計 6000円

保山ひャン(芸術家)

体育の日だのハロウィンだの、いろいろある10月。でも、十月はたそがれの国であることをゆめゆめ忘るることなかれ。

清水真理人形展 ~Underworld~
開催中~10/4(水) 乙画廊 入場料500円
アリスも隠れキリシタンも、アンダーワールドと縁がありそうだ。胎内の蠱惑的地獄巡りを思わせる清水真理さんの人形も皮膚の板子一枚下は地獄。アンダーワールド!

ニュイ・ブランシュ KYOTO 2017
10/6(金) 京都市内各所 無料
京都がアートの夜になる。初回開催のときは朝までコースもあったが、今年はどうなるかな。アナーキーに攻めてほしいところ。

インディア・メーラー2017
10/7(土)~9(月・祝) 神戸メリケンパーク 無料
インドのお祭りだ!お祭りだ!そーりょーこぶこぶ!

ロシアン・フェア2017
10/7(土)~9(月・祝) 元町映画館2階 無料
ロシア関連の書籍、DVD、雑貨の販売に加えて、手づくりピロシキの販売などもある。また、ロシアの無声映画上映会やコンサートなどの有料イベントもあって、盛りだくさん!

高安薪能
10/9(月・祝) 玉祖神社 無料
弱法師を幽玄な薪能で!日中に開催される高安市と能の関連講座を受講すると椅子席に座れる。こちらも無料。

ゼロフレーム×劇団solaコラボ公演
10/13(金)~15(日) アカルスタジオ 前売2500円
女の子ばかりの劇団solaと、よしもとがコラボ。面白いこと必至の舞台、見るしかない。

第3回うえほんまち音楽祭
10/14(土) うえほんまちハイハイタウン野外ステージ 無料
オカノアキラ、中将タカノリ、まりなのレギュラー陣と公募出演者、さらに今回はスペシャルゲストとして岩崎良美がやってくるヤア!ヤア!ヤア!きみにタッチ!

第14回中之島映像劇場
10/14(土)・15(日) 国立国際美術館 参加無料
山崎幹夫、帯谷有理の8ミリ映画を特集。ユー、ハチミッちゃいな!

SLOW LIFE AVANT-GARDE 2017
10/21(土)~11/24(金) FUKUGAN GALLERY 1000円
待ってました!坂口卓也氏の超貴重イベント。料金の1000円は、21日のジョン・ダンカンイベントのときのもので、それ以外の日やイベントでは無料だったり500円だったりするので要チェケラッチョッチョリーナ!

第11回 関西クィア映画祭 2017
10/27(金)~29(日) 京大西部講堂 前売1300円
オールナイト企画もひと枠の勘定らしい。クィアな夜を過ごしましょう。

第12回国連UNHCR難民映画祭2017
10/28(土)・29(日) ナレッジシアター、朝日生命ホール 無料
難民映画祭も回を重ねて12回め。ネットの書き込みを見るかぎり、難民への理解はまだまだと言わざるを得ない。まず、観て、知ってから!

日文研の30年
10/28(土) 国際日本文化研究センター 無料
日本文化研究センターの一般公開。大塚英志教授の司会で歴史マンガについてのイベントがあったり、夕方までたっぷり。これは面白そう。

アンソニー・ムーア関西公演
10/30(月) 萬福寺 予約3000円
スラップハッピーのアンソニー・ムーアが来日、関西でも何箇所かで講演やライブが予定されている。全部まわるに越したことはない。萬福寺での宇都宮泰氏とのライブはマスト。

合計 8300円

河合カズキラングレー(スカマー)

関西スカムを牽引できない存在として、バンド・DJ・コスプレなどで広く活動中。最下層音楽がキーワード。ウルトラファッカーズ、アメリカンバッドボーイ、アマリリス【改】、DJ河合カズキラングレー。 http://centralscum.lostfrog.net/  ■10/3(火)ウルトラファッカーズ Dommune"カメキチ・ミュージック・フェア2" ■10/7(土)ウルトラファッカーズ@なんばベアーズ"Aini-IKA-Night vol.5" ■10/22(日)サークル:セントラルスカム く-14a@インテックス大阪"東方紅楼夢13"

『劇場版 響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~』舞台挨拶ツアー
10/8(日) 大阪ステーションシティシネマ 2000円
9月で紹介しそこねましたが、なんと舞台挨拶ツアーが決定!主演の黒沢さんから監督さんまでというファンイベント。ユーフォの常軌を逸した細かい演出をふたたび劇場の大スクリーンで!TV2期のまとめで、あすか先輩編です。みなさんもいろいろな先輩が居て、誰かの先輩でもあろうかと思いますが、ジョイナスとはいったい何なのか考えてみませんか。

ハロウィンナイトZOO
10/21(土)~ 天王寺動物園 大人500円
夜に動物を観るのがおもしろいのかどうかわからんのですが、夜中に新世界で遊んでいた頃に妙な動物の鳴き声を聞いたようなおぼえがあるので夜の動物は一味ちがうかもしれんということで涼しいこの季節に行ってみたいのです。

『ブレードランナー2049』
10/27(土)~ 梅田ブルク7 1800円
公開当時はコケて単なるB級SF作だったはずのブレードランナー。完全版とかディレクターズカットとかファイナルカットとかいろいろありましたが新作続編という謎。元作品を日本語版(TBS版)で観て以来のファンですのでヴァンゲリスじゃねえのかとかルトガーハウアーはどうしたとかいろいろ気になりますのでパンフレット買おうと思います。

合計 4300円

池内美絵(美術家)

10/1に開催される『ぶりくら市』、私がヤスデに出会ったイベントです(ヤスデを11年飼っていました)。当時(12年前)は大阪で開催され、会場も狭かったなあ。ヤスデといえば、山口で『下関のヤスデ』展が開催されています。なんとか行きたい…。

ぶりくら市
10/1(日) 神戸サンボーホール 入場料1000円
国内繁殖の両生類・爬虫類の展示即売会。蟲も来ます。ブリーダーさんにも会えます(「ぶりくら」は「Breeding Club」の略)。今年はブースNo.24〜25で販売されるらしい『ESSENCEーダンゴムシ・ワラジムシビジュアルガイドブックー』が気になるところ。

UCCコーヒー博物館開館30周年記念スペシャルイベント
10/1(日)~11/12(日) UCCコーヒー博物館 入館大人300円+イベントにより有料
UCCコーヒー博物館開館30周年を記念したスペシャル月間。10月1日「国際コーヒーの日」の無料入館をスタートに、コーヒートーク、講演会、3Dラテアート、企画展『神戸とコーヒー~港からはじまる物語~』などなど幅広くコーヒーを楽しむイベント多数。ラテアートが3Dまで進化していたのに驚き。

小企画『JAPAN KOBE ZEROの軌跡』
10/28(土)~2018/1/21(日) 兵庫県立美術館 一般500円
1970年代を中心に活動したグループ「JAPAN KOBE ZERO」の軌跡を紹介する小企画展。実験的な活動が活発だった神戸を(正直、今の神戸にそういうイメージはないです)見に行きたい。

合計 1500円

山口良太(音楽と演劇の年賀状展)

「年賀はがき予約受付中」なんてのぼりが郵便局に立ち始めると焦りだす私・山口が毎年企画している『音楽と演劇の年賀状展』来年もやりますよ。ゆーてるまに今年も残り3ヶ月。おーこわ!年賀状展とは関係ないですが、今月は僕がチラシをデザインした舞台が2つ。KING&HEAVY『バグリン・ファイブ』が9/29~10/1@梅田HEP HALL。人形劇団クラルテ『ハムレット』が10/13~15@近鉄アート館。芸術の秋だね!

隅っこ人形劇団ニッチ×OHP22!「宙のソラミミ」
10/7(土) ソーイングギャラリー 前売1500円
渡部真由美(ex.wassa)やイルボンなど、人形劇の経験ゼロの美術作家たちが集まって結成された隅っこ人形劇団ニッチ。演劇界や人形劇界(なんて世界があるとすれば)から遠く離れた作家だからこそ生み出せる表現って想像しただけでゾクゾクする。ソーイングギャラリーってロケーションも期待が高まる!

空堀の記憶〜地元人が語る、超主観的な空堀歴史講座
「空堀の食~ちょぼ焼き作ってみよう」

10/11(水) からほりさろん 1000円
「ちょぼ焼き」って知ってる?たこ焼きの前身みたいなものだそうで、ちょぼ焼きがよく食べられていたまち・空堀(からほり)で、当時の味や雰囲気を思い出しながら、地元の方々に作ってもらおーという企画。谷町六丁目〜松屋町あたりの空堀エリアは僕も生活の中心にあるまちなのでとても気になる。

カレー大サーカスと古本大戦争
10/15(日) 堀江・萬福寺 前売4000円
谷口カレーとFOLK old book store、同じ場所でカレーと古書店を営む2店が7周年ということで、ラインナップも超豪華。 七尾旅人、おぐらこう、oono yuukiらによるライブはもちろん、カレーちゃん家、創作カレー ツキノワ、パンニャなど、そこのカレーいっぺん食べてみたかった!というカレーの名店がずらり。まる一日遊べるなー

第4回 紙マーケット
10/21(土)・22(日) レトロ印刷JAM 無料
仕事がら、いろんな紙を使ったり触れる機会はあるんだけど、便箋とか包装紙とか、ちょっとしたことにふだん使いできる変わった紙がちょっとだけあるといいのになーと思ってるところに、レトロ印刷&紙屋さんの印刷に出せない紙を大放出のマーケット、こりゃいいな。「めがね綴じ」(正式名称「アイレット綴じ」を「めがね綴じ」と言い換えるのがレトロ印刷っぽい)のノートが作れるワークショップも気になる。

匿名劇壇「悪い癖」
10/26(木)~29(日) AI・HALL 前売一般 3300円
前作「レモンキャンディ」が、意地悪な作家の観察眼が見え隠れするエンターテインメント会話劇だったのだけど、あらすじから察するに、今回の作品はその意地悪さがもっと炸裂してるんじゃなかろうかとさらに期待。ニヤニヤしながら観る観客であるこっち側の足元をすくうようなヒリヒリする作品を観てみたい。あと匿名劇壇は俳優がみんな魅力的でいいんだなあ。

合計 9800円

天野あゆみ(映画のいろいろ)

フリーで映画のいろいろをやっています。記事書いたり、宣伝のお手伝いしたり、イベント企画したり。映画『ギミー・デンジャー』の関西公開を記念して安田謙一さん&キングジョーさんに登壇いただくトークショーを企画しました。10/11(水)シネ・リーブル梅田です!

ナーズリーとアミーン展 ~手製本と絵~
10/4日(水)~28(土) Calo Bookshop & Cafe 観覧無料+買い物代
イランの人気イラストレーター、ナーズリー・タフヴィーリーとアミーン・ハサンザーデによるシルクスクリーン作品の展覧会。イランに伝わる神話で最初の“つがい”とされる「マシュヤグとマシュヤーナグ」などに着想を得て制作された手製本と絵が並ぶのだそう。正直、全然知らないんだけど覗きに行ってみたい。

太陽と星空のサーカス
10/7(土)~9(月・祝) 梅小路公園 (芝生広場ほか) 無料+買い物代
松野泉さん、ゆうき(オオルタイチ+YTAMO)、柴田聡子さんのLIVE見たい! 有料でも見たいのに無料って! テントで上映される映画ってのもいいなぁ。

東京スクリーム・クイーン映画祭 in 大阪 2017
10/9(月・祝) ロフトプラスワンWEST 前売り1800円
女性監督によるホラー&ダーク・ファンタジー作品を紹介し、映画好きに注目されている東京の映画祭が大阪に。昼の部では『ラブ・ウィッチ』+短編作品集、夜の部では『鮮血のレイトショー』+短編作品集が上映される。ここでしか観られない激レア作品!観ておきたい!

「変態アニメーションナイト ザ・ツアー」開催記念!
「変態ナイト」とは何か? その歴史を振り返る

10/12(木) 恵文社一乗寺店 COTTAGE 予約1000円
国内のみならず世界のアニメーションを知り尽くしていると言っても過言ではない土居伸彰さんとアニメーション作家の水江未来さんのトーク。人気作家の裏話、数々のハプニングなど、ここでしか聞けない話が満載。とHPに書いてますがどんなお話をされるんだろう?

ボーボー音楽祭
10/22(日) 雑草の庭 大人予約1500円
雑草の庭ってどこやねん?…ボーボー音楽祭って何やねん?と思いつつも、出演が2人Jaaja、吉田省念ほかってめちゃ良さそうや~ん!フード出店も気になります!

合計 4300円+買い物代

ぴあ関西支社

10/25(水)「ももち浜ストア うどんMOOK」、10/26(木)「冬ぴあ関西版」「灘・東灘食本」を発売予定。よろしくお願いします!

「高円寺ハチマクラプレゼンツ~秋の紙祭り~」
開催中~10/17(火) 夜長堂 観覧無料+買い物代
紙好きさんの為の「紙のお祭り」。東京の紙モノ屋さんハチマクラで好評のイベントでハチマクラさんのHPには“アンティーク、ヴィンテージに絞った少し大人なイベント。通常の現行商品はほとんど隠し、貴重な古い紙ばかりになります。今年もどんどんマニアックに突き進みます”とあります。カッコイイですね!(A)

ハービー・山口 Photo Exhibition in HERBIS「REAL MEN」
10/6(金)~15(日) ハービスPLAZA 観覧無料
写真家のハービー山口さんと言えば、写真好きには超有名ですよね。そうでなくても名前くらいは聞いたことあるのでは? しかも今回の展示は、ジョー・ストラマー、ジョニー・ロットン、ボーイ・ジョージ、U2ら、70~80年代のパンクロックシーンを代表するミュージシャンたちの写真というのでミーハーな感じで見に行ってもいいかなと思っています。10/8(日)には15:00~と18:00~ハービスPLAZA 1F オルガン広場でトークショーも。(A)

ミナミホイール2017
10/7(土)~9(月・祝) ミナミ・ライブハウス各所 各日券3500円(Pコード:339-897)
毎年おなじみのサーキットライブイベント。今年はどんな人が出るのかな~って調べてて、気になったのがCHAIっていうガールズバンド。前情報なしの状態でYouTube見ましたが、バッファロードーターとかチボマットが大好きなわたしの好みにドンズバ。ライブ見たい!(A)

合計 3500円+買い物代

 


注意事項

※掲載しているイベントは9月29日時点で各推薦人が選んだものです。掲載後にイベント概要等が変更になっている可能性があります。必ずリンク先の情報などを各自でご確認の上、ご利用ください。
※金額は推薦人が選んだ席種や券種で表示しております。

 

10月 インデックス

開催中~10/1(日) KING&HEAVY…
開催中~10/4(水) 清水真理人形展…
開催中~10/17(火) ~秋の紙祭り~…
10/1(日) ぶりくら市
10/1(日)~11/12(日) UCCコーヒー博物…
10/3(火) ウルトラファッカーズ
10/4日(水)~28(土) ナーズリーとアミーン…
10/6(金) ニュイ・ブランシュ KYOTO 2017
10/7(土) ウルトラファッカーズ
10/7(土)~9(月・祝) あやめ十八…
10/7(土)~9(月・祝) インディアメーラー2017
10/7(土)~9(月・祝) ロシアンフェア2017
10/7(土)~9(月・祝) 太陽と星空のサ…
10/7(土)~9(月・祝) ミナミホイール2017
10/7(土)~ 「ギミー・デンジャー」
10/7(土) ウルトラファッカーズ
10/7(土) 隅っこ人形劇団ニッチ×OHP…
10/8(日) 劇場版 響け!ユーフォニアム …
10/9(月・祝) OPEN YOUR MIND …
10/9(月・祝) 太陽と星空のサーカス
10/9(月・祝) RISSEI PROM PARTY
10/9(月・祝) 高安薪能
10/9(月・祝) 東京スクリーム・クイーン映画祭…
10/11(水)『ギミー・デンジャー』公開記…
10/11(水) 空堀の記憶~地元人が語…
10/12(木) 「変態アニメーションナイト ザ・ツア…
10/13(金)~15(日) ゼロフレーム×劇団…
10/13(金)~15(日) 人形劇団クラル…
10/14(土) 第3回うえほんまち音楽祭
10/14(土)・15(日) 第14回中之島映…
10/15(日) カレー大サーカスと古本大戦争
10/21(土)・22(日) 第4回 紙マーケット
10/21(土)~11/24(金) SLOW LIFE…
10/21(土)~ ハロウィンナイトZOO
10/22(日) サークル:セントラルスカム
10/22(日) ボーボー音楽祭
10/23(月)~26(木) 康本雅子『子ら…
10/26(木)~10/29(日) 『悪い癖』
10/26(木)~10/29(日) 『悪い癖』
10/27(金)~29(日) 第11回 関西クィア…
10/28(土)・29(日) 第12回国連UNH…
10/27(土)~ ブレードランナー2049
10/28(土) 日文研の30年
10/28(土)~2018/1/21(日) JAPAN…
10/30(月) 「本のプレゼンナイト」
10/30(月)
アンソニー・ムーア関西公演

まんが

作:和田淳

※画面をクリックすると漫画が大きくなります。

イラスト作者紹介

「バクのばくー」作者

和田淳●1980年兵庫県生。2002年頃から独学でアニメーションを制作しはじめ、「間」と「気持ちいい動き」を大きなテーマに制作を続けている。『わからないブタ』(10)がファントーシュ国際アニメーション映画祭でBest film、文化庁メディア芸術祭で優秀賞等国内外の映画祭で受賞。『グレートラビット』(12)がベルリン国際映画祭短編部門で銀熊賞を受賞する。
http://kankaku.jp/

過去ログ

2014年3月
2014年4月
2014年5月
2014年6月
2014年7月
2014年8月
2014年9月
2014年10月
2014年11月
2014年12月
2015年1月
2015年2月
2015年3月
2015年4月
2015年5月
2015年6月
2015年7月
2015年8月
2015年9月
2015年10月
2015年11月
2015年12月
2016年1月
2016年2月
2016年3月
2016年4月
2016年5月
2016年6月
2016年7月
2016年8月
2016年9月
2016年10月
2016年11月
2016年12月
2017年1月
2017年2月
2017年3月
2017年4月
2017年5月
2017年6月
2017年7月
2017年8月
2017年9月