1万円の遊び方|連載|ぴあ関西版WEB
連載

ホーム > 1万円の遊び方

1万円の遊び方

 

「そんなイベントやってたの知らんかったわ、暇にしてたのに」。もうそんな言い草、聞きたくない! 
日夜、街で行われている映画、ライブ、舞台、展覧会、トークショーやワークショップなどなどの中から関西きっての街あそび者たちが、ほんとに行きたいイベントをリストアップ。「せめて月に1万円くらいは地元のイベントに使いましょうよっ」てことで、予算は1万円に設定しています。さ~て、今月はどこで遊びましょうか。

※名前をクリックすると各推薦人にリンクします。

 

若旦那家康(舞台の隙間産業)

6月の僕はコトリ会議『あ、カッコンの竹』東京公演です(Pコード:457-050)の上演です。出演してます。ぴあ関西版だけど、東京にも行くぜ。面白いですよ、で、なんでか泣けますよ。

劇団どくんご 公演第30番「愛より速く2号」
6/3(土) 道の駅 舟屋の里公園駐車場 一般前売・予約2500円
年々ファンを増やしている旅するテント劇団、劇団どくんご!やった今年もツアーだ!京都だと思いきや、、、京都府のかなり日本海側。道の駅で!しかし、ここで観ておいたら、もう今年は安泰だよ。たぶん秋にある大阪まで何回も楽しめるよ。

追手門学院高等学校 表現コミュニケーションコース 2期生卒業公演
「甘えの構造」

6/23(金)~25(日) 一心寺シアター 倶楽 無料・要予約
大阪の名門高校演劇部ですが、最近の作品のつくりが凄い!作・演出の小野寺修二さんはもう世界的なアートマイムの第一人者。大阪滞在で高校生にどんな作品になるのか。何かが、何か上手く行けば大阪の高校生がフランス公演とかなるかも!?それくらい期待しちゃう。

ニットキャップシアター #38「太秦おかげサマー」
6/29(木)~7/9(日) KYOTO ART THEATRE URU 一般前売2800円
京都太秦に新しい劇場が出来る!?映画村のイメージが強い太秦に!!そこで京都の小劇場と言えばのニットキャップシアターがロングラン。気になる、劇場も、作品。そして7月だけど7/2(日)18:00の回と、7/8(土)18:00の回は「ギョーザナイトクラブ」って何?なんかもう、変で楽しそう。

合計 5300円

しんぽうなおこ(クロネコキューブ)

キャラクター作家。最近は主に仮面や仮装でキャラを作ります。最近わりと妖怪よりです。あと小規模なイベント企画もやります。最近、無職になりました。お仕事ください(泣)

いつだって猫展
開催中~6/11(日) 京都文化博物館 4階・3階展示室 一般1300円
猫をモチーフとした浮世絵や招き猫の世界を中心に、人々を熱狂させた古き良き「猫ブーム」の諸相をご紹介してくれちゃうそうよ。猫だいすき。化け猫が好きな私は、日本の古い絵に出てくる猫の表現がとても好き。

ぶんぶんミツバチ
開催中~7/3(月) 伊丹市昆虫館受付前 大人400円
はちみつだいすき~!しかも蜂って生き物はとてもおしゃれよね。興味ぶか~い!さらに!6/4(日)は64(むし)の日特別企画として、先着100名に「ぶんぶんミツバチ」のスペシャルバッジをプレゼントなんだって~。

ベルギー奇想の系譜展
開催中~7/9(日) 兵庫県立美術館 一般当日1500円
イエス!ボス!行きますよ!ボスの命令ともあれば、ボスに会いに馳せ参じちゃう〜!奇妙な生き物を描かせたら世界一!奇妙な絵画界のボスことボス!あ、妖怪好きも行くべし!

大阪着ぐるみ制作オフ 獣化予備学校【ケモヨビ】 第9講
6/4(日) 大阪府社会福祉会館 5階502号室 参加費1000円
自作着ぐるみ制作の支援、制作に関する情報交換を目的としたオフ会だそうですよ!やばそうでしょ!めっちゃ行きたいねんけど、今回は満席でキャンセル待ちだそうです。でもあまりにもすごいイベント見つけてしまったので、ご紹介。広がれ~着ぐるみの輪~♪

合計 4200円

山口良太(音楽と演劇の年賀状展)

今月、文化事業の広報のイロハを学ぶ講座のゲストに呼ばれまして、僕はグラフィックデザイナーとして登壇することになったのだけど、他の登壇者の肩書きが「音楽部門」「演劇部門」なのに対し、僕の肩書きが「アート部門」になっており、あの~僕はアート業界の人間じゃないんですが…と言うと「アーティスティックなデザインをされているからいいんです!」と力強く返され何も言えなくて、夏はすぐそこ。

いいみょうがの日!料理教室
6/9(金) 大阪市中央卸売市場本場 無料
6月13日は「いいみょうがの日」なんですって。知ってた?個人的に薬味大好きなもんで、これからの季節、高知産のみょうがにはいつもお世話になっております。みょうがをメインに高知の野菜や果物を知れる料理教室、参加無料ってこれはいいなあ。定員が埋まったので現在キャンセル待ちのみ受付だそうだけど、定期的に開催されているイベントらしいので今後もチェックしとこっと。

iaku「粛々と運針」
6/9(金)~11(日) インディペンデントシアター1st 一般前売3000円
iaku主宰・横山さんの、今回の公演に向けてのコメントがいい。「いつのまにか弟が僕のことを「アニキ」と呼んでいることに気づいた。学生時代は確かに「お兄ちゃん」と呼んでいた弟が、いつ「アニキ」なんて不良(!)な言葉を獲得したのだろうか。(中略)僕の正体はなんだ?弟とは、母親とは、妻とは…、みんな何者なのだろうか。(iaku公式サイトより)」さもすれば見過ごしてしまう日常の違和感を意地悪なほどに増幅させる横山さんの戯曲。あー、ざわざわする。あらすじより横山さんのエピソードのほうがあるあるすぎてざわざわするよ!

Spannkosmo-piano × natunatuna
手描きジャケット500枚記念
『SPANNKOSMO - pluto』

6/11(日) SPinniNG MiLL 前売2500円
ピアノ弾きのスパン子のアルバムジャケットを、絵描きのnatunatunaが500枚すべて手描きで描いているという。しかも一枚一枚、全部がまったくちがう。その500枚達成を記念したツアー大阪編は、堺の紡績工場跡・SPinniNG MiLL。維新派屋台村ディレクターでおなじみの白藤垂人が美術協力、natunatunaのライブペインティングもあるし、なによりSPANNKOSMOとcolloidの合体バンド「SPANNCOLLOID」ってのが凄そうだ。スペシャルな夜になりそう。

チョコ専用石臼を使ったビーントゥバーチョコレート作り体験
6/24(土) 昭和町・みんなのLdk 5000円
ビーントゥバー、って最近耳にするけどなんじゃろかと思ってた。ビーントゥバー(Bean To Bar)とは、カカオ豆からチョコレートになるまでのすべての加工工程を作り手が手がけているチョコレートのこと、だそう。コーヒー豆の産地を選ぶように、最近は豆の産地が明記されてるチョコレートも見かけるようになってるもんね。で、こちらはチョコを融かして作るのではなく、カカオ豆からチョコレートをつくりあげるワークショップ、しかも石臼で。気になる。

芸創講座『Daily Fringe Guide Osaka引き継ぎ記念、初代編集人が本当に1人で編集して来たことを証明しましょう』
6/26(月) 芸術創造館 参加費500円
関西の小劇場演劇が好きな人なら一度は見たことがある(かもしれない)サイト、Daily Fringe Guide Osaka。話題の劇団から学生劇団まで、メジャーマイナー問わず関西の舞台の情報ならすべて網羅していると言っても過言ではないこのサイト、なんと編集者はただ一人。しかも毎日(早起きして)手作業で更新しているという超絶アナログなスタイルを貫いてきた編集人・山本篤史さんによる、いわば「DFGの作り方」をお披露目する講座。山本さんによる更新は6月末で終了だそうだし、「個人メディアによる情報の編集と発信」に興味がある人なら特におすすめ。

合計 11500円

山田たかこ(会社員)

神戸在住の会社員です。たまに美術家の飯川雄大さんが手がける「猫の小林さん」グッズでお馴染みのBAUSHOPで販売員しています。

「20センチュリー・ウーマン」
6/3(土)~ 神戸国際松竹ほか ムビチケカード一般1400円
マイク・ミルズのイラストや写真が好きです。そして、暖かみのある、光がたくさん射している彼の映像が好きです。こちらの映画の舞台は1979年のアメリカ。私が生まれた年だ・・!「母と息子のラブストーリー」というキャッチコピーも何だか気になります。前作の「人生はビギナーズ」も素晴らしかった。だからきっと今作も、と期待してしまう!

神戸さんぽ × そごう神戸店
第4幕 6/3(土)~5(月) そごう神戸店 無料(+買い物代)
神戸(阪神間)に点在する素敵なお店が百貨店に集まるなんて、なんて便利!イギリスのアンティーク雑貨を扱うc-h-o-cさん、北野にあるオシャレな子供靴(大人靴も少しあり)の店PEEPさん、栄町にある日曜日しか開いていない石鹸屋Sunday Savonさん(季節限定の素材を使った石鹸もあり。以前購入した柚の石鹸は香りに癒された。)・・好きなお店とまだ行ったことがないお店に一気に出会える素敵な機会!

ファーマーズマーケット
6/3(土)・10(土)・17(土) 東遊園地 無料+買い物代
神戸の美味しい野菜や美味しいご飯がいっぱい。去年はここで豆腐と小松菜を買った。コーヒーを飲んでパニーニを食べた。今年はまだ行けていないので、6月こそは・・!お天気が良ければここでお昼ご飯を買って東遊園地のベンチで座って食べるのがオススメです。

松田祭生誕前夜祭
6/17(土) 旧グッゲンハイム邸 予約1000円
大好きな神戸(塩屋)の秘蔵バンド、和製ラモーンズとでも言うべき「蘇我氏」のドラマーである蘇我稲目さんのお誕生日パーティー@グ邸。もちろん蘇我氏のライブもあり。ファンとしては参加必須イベント!

1920年代フランス前衛映画
6/17(土)・18(日) 神戸映画資料館 18日(日)一般1000円
ルイス・ブニュエルの「アンダルシアの犬」を初めて見た時、何だかよく判らず、その妙な感覚だけが残った20代の私。あまりにも有名な眼球を切られるシーンの衝撃や突発的な映像(イメージ)の連続が何だか今でも忘れられない。30代(後半)のいま見たらどう感じるだろう?素朴な好奇心でBプログラムを日曜日に。

合計 3400円+買い物代

保山ひャン(芸術家)

6/3(土)は神戸シアターエートーで、「エートーでルンルン気分♪」に出演します。昼夜別内容。
http://www.a-to-kobe.jp/event/

因習禁忌~横溝正史オマージュ展
開催中~6/4(日) ギニョール2階 無料
はじめて読んだ横溝正史は怪獣男爵の話で、大人向けの小説としては八つ墓村のロマンに衝撃を受けて読み漁ることになる。その泥臭い魅力は独特だが、読んでも読んでも作品が発掘されて刊行される無間地獄の悪夢を作家さんたちがいかに表現してくれるのか、楽しみで仕方がない。

ファンタニマ2017
開催中~6/12(月) 書肆/Luftアラビク 無料
ファンタニマは、愛情と妄想が横溢しすぎて不思議な世界を醸し出す幻想のぬいぐるみたち。日本の作家さんだけでなく、ロシア、ウクライナ、エストニア、ベラルーシ、ラトビア、フィンランド、ドイツからも大挙来日するファンタニマたち。展示見るだけは無料だが、せっかくだからアラビクの珈琲とともに可愛くもけったいな昼下がりを過ごそう。

ベルギー奇想の系譜展
開催中~7/9(日) 兵庫県立美術館 一般当日1500円
ヒエロニムス・ボス、ブリューゲル、クノップフ、アンソール、マグリット、ヤン・ファーブルなどなど、写実的な怪奇幻想の可愛くも恐ろしい世界。ベルギーと言うと定番のイメージはチョコレートとビール、ワッフルだろうが、酩酊と明晰、甘味の中毒にクラクラする奇譚の登場人物として美術館を彷徨いたい。

EUフィルムデーズ2017
6/3(土)~25(日) 京都文化博物館 一般500円
EU加盟国の映画を一堂に上映する映画祭。日本との外交樹立ウン周年のアニバーサリーを祝うアイルランド、デンマーク、ルクセンブルクから、また独立100周年のフィンランドから、はたまたフランス、ドイツ、イタリアなどから、日本初公開の作品や往年の名作などが並ぶ。東京会場ではなぜか英国の映画もラインナップされていたが、そのスタンスもまた微笑ましい。

東洋音楽学会西日本支部 第276回 定例研究会
6/10(土) 同志社大学今出川キャンパス 至誠館 S4教室 無料
博士論文発表「ヒンドゥスターニー音楽の成立」に、小泉文夫音楽賞受賞記念講演二本。東洋に住む者として、東洋音楽は興味の対象として逃せない。

酒豆忌30年「映画監督中川信夫展ー人間としてー」
6/15(木)~18(日) 京都おもちゃミュージアム 一般500円
中川信夫監督が撮影に使用した台本やノート、そしてハガキや詩の展示。展示期間外にも、10日には研究発表会、命日の17日には関西では初開催の酒豆忌が予定されている。京都の酒と豆腐は絶品のはず。

『新世紀ゾンビ論』と『ゾンビ学』を読む
6/17(土) 同志社女子大学今出川キャンパス純正館401教室 無料
『新世紀ゾンビ論』の藤田直哉氏、『ゾンビ学』の岡本健氏、ゾンビ映画史再考などの論文を発表されている福田安佐子女史らによる研究会。面白くないわけがない。

ノイズ to シグナル
6/18(日) 旧グッゲンハイム邸 予約2000円
フィンランドのアーティストコミュニティ、ビデオカフェからジャック・バランスとイエンヌ・マイルドがやってくる。リサイクルセンターやフリーマーケットなどで入手したまさに廃物利用とも呼べそうな動きと音とインタラクティブを伴った作品展がY3で開催される。(3日〜25日)。18日には森本アリ、石上和也、櫻井類を加えてサウンドパフォーマンスが予定されている。バランスとマイルド、という語感と、その音はいかに乖離し寄り添うのか、要チェック。

アルディッティ弦楽四重奏団(音楽)×白井剛(ダンス)
6/23(金) ロームシアター京都サウスホール 一般4000円
現代音楽聞くなら、アルディッティ。18日には大阪のいずみホールでもコンサートがあり、このロームシアターではまた別のプログラムが組まれており、クセナキスでダンスとの共演もある。目で見ても楽しいコンサート!

~福間良夫 没後10年追悼 映像作品展~帰巣譚
6/28(水)~7/2(日) Lumen gallery 1プロ券1000円
70年代以降の福間良夫氏の8mm作品を特集上映。また、福岡のシネマテークFMFからの作品集や福間氏のパートナー宮田靖子さんの作品、かわなかのぶひろ氏の作品も特別上映される。トークイベントも予定されている。個人映画、実験映画が今熱い。

合計 9500円

河合カズキラングレー(スカマー)

関西スカムを牽引できない存在として、バンド・DJ・コスプレなどで広く活動中。最下層音楽がキーワード。ウルトラファッカーズ、アメリカンバッドボーイ、アマリリス【改】、DJ河合カズキラングレー。 http://centralscum.lostfrog.net/  ■家族が参加のイベント、6/5(日)東方吹奏楽団大阪支部 第3回定期演奏会@旭区民センター(無料)

奈良基地祭2017
6/3(土) 航空自衛隊奈良基地 無料
航空自衛隊ということで飛行展示もあるようです。戦闘機や航空機というもの、だいたいの人にとって映画やアニメで観るものがイメージソースだと思いますが、実機の実飛行を観るチャンス。私見で言うと想像していたものと違うことが多いです。

合計 0円

フルタニタカハル(digmeoutART&DINERマスター)

アメリカ村digmeoutART&DINERのマスターです。アート、音楽、カルチャー全般、食などなど、なんでも来いの食いしん坊。 毎週金曜日梅田エストワンMOJA in the houseにて仲間達とDJしていますその名も「Mo'JAZZ FRIDAY」。digmeoutART&DINERはお昼のサラダビュッフェが人気です(引き続き)!ルクアイーレ7階にDMOARTS移転しました。そちらも是非! 日々はこちらで→ https://twitter.com/furutank

「夜明け告げるルーのうた」
上映中 TOHOシネマズなんば ほか 一般1800円
湯浅政明監督のオリジナル作品で「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」などの監督さんです。動きが好きなんでこれは見てみたい。あまり前情報はないですが。「マインドゲーム」が最高に好きです。

YOUR SONG IS GOOD「6th ALBUM Release ONEMAN TOUR」
6/3(土) 梅田シャングリラ 前売り3800円+ドリンク代(Pコード:325-628)
いわゆる最高な6枚目のアルバム“Extended”のリリースツアー。とても気持ちいいグルーヴ感のアルバムなのでどっぷり浸れるライブになると思います。遊びにイきたいなーと。

BASI “LOVEBUM” Release Party!
6/3(土) 鰻谷コンパス 前売り3000円+ドリンク代
こちらも最高のアルバム“LOVEBUM”をリリースした韻シストのBASIくんのリリースパーティー。LIVEやDJのメンツもいいしこちらにも行きたい。悩ましい6月3日になりました。

串揚げ010&大衆酒場カミヤ 1st Anniversary ー Que sera, sera ー
6/18(日) 中崎町noon 前売り3000円+ドリンク代
曽根崎新地の串揚げ『串揚げ010』と大阪駅前第2ビルの『大衆酒場カミヤ』がタッグを組んで1周年記念イベントを開催ということで出演メンツも豪華です(詳細はfacebookページで)。16~24時までずっと楽しいことまちがいないです。

合計 11600円+ドリンク代

有北雅彦(コメディーユニット「かのうとおっさん」)

作家・翻訳家・俳優。翻訳書籍『13歳までにやっておくべき50の冒険』が好評発売中!イベントも開催→杉作J太郎さん、飯島洋一さんとお贈りする「五十路を過ぎてもやっておくべき50の冒険」は6/9(金)高円寺で、金原みわさんとお贈りする「珍スポットを巡る50の冒険」は6/17(土)茶屋町で! 詳細・ご予約 http://blog.livedoor.jp/kanoutoossan/

巨大シャボン玉を作ろう! 2017
6/3(土) 淀川河川敷豊里大橋下付近(豊里側) 参加無料
「こども」と「モノ」と「アート」をつなぐ保育園・こどもなーとが主催する、毎年恒例の巨大シャボン玉イベント。こどもなーとに来てる子も来てない子も、全く関係ない人の飛び込み参加もOK。去年は40リットルのシャボン液が1時間でなくなったとか。こどもなーとは美術家の和泉誠さんが数年前に開き、壁に自由に落書きをしたり、音楽に合わせてクレヨンを自由に走らせたりと、独自なプログラムで注目の保育園。シャボン液がなくなる前に、親子で淀川へ!

小学生のための理科の王国 KANSAI GATE
6/10(土)  枚方市立明倫小学校 無料
理科の王国は、企業、大学、研究所で活躍する「ハカセ」たちが、小学校を貸し切って、最先端の科学技術を小学生とその保護者に楽しく伝えるイベント。当日飛び込みで体験できるプログラムもたくさん。磁石でジェットコースターを作ったり、自然や生き物のふしぎを体験できる謎解きイベントも。科学のふしぎな世界への入り口が、今年は枚方に出現!

光浦靖子『靖子の夢』新刊記念トークショー&サイン会
6/10(土)  枚方蔦屋書店 4F カフェスペース 参加費2000円(お土産付き)
『男子がもらって困るブローチ集』『子供がもらって、そうでもないブローチ集』を刊行し、いつしか「ニードルフェルトのカリスマ」と呼ばれるようになった光浦靖子。知らなかった! そんなカリスマが満を持しておくる手芸本第3弾「靖子の夢」の出版記念トークショー。お客様の「お悩み」にこたえる相談コーナーも。相談したい! 特製ステッカーのお土産付き。

第1回 802ビブリオバトル部 野村雅夫 vs 浅井博章
6/18(日) RAPPORTIA(ラポーティア) 予約1500円+ドリンク代
FM802の本好きDJによるガチンコ書評バトル、記念すべき第1回目は野村雅夫VS浅井博章という本気対決。2人がお気に入りの本を本気でプレゼンし、気になった本はその場で購入できる。ちなみに阪急高槻市駅直結のダイハン書房高槻店では、浅井博章さんの書評した本が常にコーナー展開されている。こちらもチェックを。

合計 3500円+ドリンク代

ぴあ関西版WEB編集部

6/23(金)「究極のカレー2018」、6/29(木)「奈良生駒食本」を発売予定。6/2(金)旧グッゲンハイム邸、6/21(水)1003にて「旧グッゲンハイム邸物語」刊行記念イベントを開催。よろしくお願いします!

デヴィッド・ボウイ写真展プレビュー
開催中~6/13(火) ジェイアール京都伊勢丹 3階 観覧無料
6/17(土)~開催の写真展(↓下に紹介してます)に先駆け、選りすぐりの写真が展示されるほか、6/7(水)~13(火)にはボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」のオフィシャルグッズや「DAVID BOWIE by MICK ROCK」の写真販売などがあるんだそうです。「DAVID BOWIE is」行ったときに売り切れていた稲妻柄のポーチ買えるかしら。(A)

糸川燿史写真展「大阪芸人ストリート」 ~1994年から1999年
『マンスリーよしもと』の扉を飾った芸人たち~

6/1(木)~18(日) 北浜・10w gallery 観覧無料
よしもとが発行していたお笑い情報誌「マンスリーよしもと」や、なんばグランド花月のチラシを飾った65組の芸人さんたちのモノクロ写真を展示する写真展。URL先に飛ぶとチャンバラトリオのかっこいい写真があって、ほかの写真も見たくなった。撮影場所もそれぞれ違うようでそれも面白そう。トークイベントが開催される日もあり(別料金必要)。(A)

第20回モリサワ文字文化フォーラム「筆蝕と曲線」
6/13(火) 難波・株式会社モリサワ 本社4階大ホール 参加無料
第一部はグラフィックデザイナーの大原大次郎さんの講演「曲と線」、第二部は書家の石川九楊さんの講演「終わりなき“書”の表現世界」が行われる。大原大次郎さんと言えば、今はKOTOBADGEが有名なのかな? 以前、蓮沼執太さん&イルリメさんと共にされている音楽と書字の融合パフォーマンス「TypogRAPy」を見て、とても面白かったので講演も聞きたい。石川九楊さんは恥ずかしながら存じ上げなかったんだけど検索したら面白い書字が出てきました。気になります。(A)

デヴィッド・ボウイ・バイ・ミック・ロック
6/17(土)~7/17(月・祝)  ホテルアンテルーム京都 入場無料
写真家ミック・ロックが写したボウイの写真展。今年の2月にボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」を東京で見て、そのときにVACANTで開催されるこの写真展のチラシを発見。これも見たいけど東京だけなんだろうなぁと諦めていたけど、京都にも来るんですって。(A)

「捨てられないTシャツ」刊行記念トークイベント
6/26(月) 心斎橋・スタンダードブックストア 自由席1500円(1ドリンク代込)
都築響一さんの「捨てられないTシャツ」刊行を記念したトークイベント。本のタイトルそのままだけど“捨てられないTシャツ”の思い出話が聞けるのではないかな。捨てられないTシャツを着て参加したい。翌日6/27(火)には京都・恵文社でも開催されるようです。(A)

合計 1500円

 


注意事項

※掲載しているイベントは6月1日時点で各推薦人が選んだものです。掲載後にイベント概要等が変更になっている可能性があります。必ずリンク先の情報などを各自でご確認の上、ご利用ください。
※金額は推薦人が選んだ席種や券種で表示しております。

 

6月 インデックス

上映中 「夜明け告げるルーのうた」
開催中~6/4(日) 因習禁忌~横溝正…
開催中~6/11(日) いつだって猫展
開催中~6/12(月) ファンタニマ2017
開催中~6/13(火) デヴィッド・ボウイ写…
開催中~7/3(月) ぶんぶんミツバチ
開催中~7/9(日) ベルギー奇想の系譜展
開催中~7/9(日) ベルギー奇想の系譜展
6/1(木)~18(日) 糸川燿史写真展「大…
6/2(金) 「旧グッゲンハイム邸物語」刊行…
6/3(土) 劇団どくんご 公演第30番…
6/3(土) 「エートーでルンルン気分♪」
6/3(土) 奈良基地祭2017
6/3(土) YOUR SONG IS GOOD…
6/3(土) BASI “LOVEBUM” Release …
6/3(土) 巨大シャボン玉を作ろう! 2017
6/3(土)~5(月) 神戸さんぽ×そごう…
6/3(土)・10(土)・17(土) ファーマーズマー…
6/3(土)~ 「20センチュリー・ウーマン」
6/3(土)~25(日) EUフィルムデーズ2017
6/4(日) 大阪着ぐるみ制作オフ 獣化予…
6/5(日) 東方吹奏楽団大阪支部 第3…
6/8(木)~12(月)『あ、カッコンの竹』
6/9(金) いいみょうがの日!料理教室
6/9(金) 「五十路を過ぎてもやってお…
6/9(金)~11(日) iaku「粛々と運針」
6/10(土) 東洋音楽学会西日本支部 …
6/10(土) 小学生のための理科の王国…
6/10(土) 光浦靖子『靖子の夢』新刊…
6/11(日) Spannkosmo-piano × …
6/13(火) 第20回モリサワ文字文化フォーラ…
6/15(木)~18(日) 酒豆忌30年「映画…
6/17(土) 松田祭生誕前夜祭
6/17(土)『新世紀ゾンビ論』と『ゾン…
6/17(土) 「珍スポットを巡る50の冒険」
6/17(土)・18(日) 1920年代フランス前…
6/17(土)~7/17(月・祝) デヴィッド・…
6/18(日) ノイズ to シグナル
6/18(日) 串揚げ010&大衆酒場カミヤ…
6/18(日) 第1回 802ビブリオバトル部…
6/21(水) 「旧グッゲンハイム邸物語」刊行…
6/23(金) アルディッティ弦楽四重奏団(音…
6/23(金) 「究極のカレー2018」発売予定
6/23(金)~25(日) 追手門学院高等…
6/24(土) チョコ専用石臼を使ったビーン…
6/26(月) 芸創講座『Daily Fringe …
6/26(月) 「捨てられないTシャツ」刊行…
6/28(水)~7/2(日) ~福間良夫 没後…
6/29(木) 「奈良生駒食本」発売予定
6/29(木)~7/9(日) ニットキャップシアター…

まんが

作:和田淳

※画面をクリックすると漫画が大きくなります。

イラスト作者紹介

「バクのばくー」作者

和田淳●1980年兵庫県生。2002年頃から独学でアニメーションを制作しはじめ、「間」と「気持ちいい動き」を大きなテーマに制作を続けている。『わからないブタ』(10)がファントーシュ国際アニメーション映画祭でBest film、文化庁メディア芸術祭で優秀賞等国内外の映画祭で受賞。『グレートラビット』(12)がベルリン国際映画祭短編部門で銀熊賞を受賞する。
http://kankaku.jp/

過去ログ

2014年3月
2014年4月
2014年5月
2014年6月
2014年7月
2014年8月
2014年9月
2014年10月
2014年11月
2014年12月
2015年1月
2015年2月
2015年3月
2015年4月
2015年5月
2015年6月
2015年7月
2015年8月
2015年9月
2015年10月
2015年11月
2015年12月
2016年1月
2016年2月
2016年3月
2016年4月
2016年5月
2016年6月
2016年7月
2016年8月
2016年9月
2016年10月
2016年11月
2016年12月
2017年1月
2017年2月
2017年3月
2017年4月
2017年5月