1万円の遊び方|連載|ぴあ関西版WEB
連載

ホーム > 1万円の遊び方

1万円の遊び方

 

「そんなイベントやってたの知らんかったわ、暇にしてたのに」。もうそんな言い草、聞きたくない! 
日夜、街で行われている映画、ライブ、舞台、展覧会、トークショーやワークショップなどなどの中から関西きっての街あそび者たちが、ほんとに行きたいイベントをリストアップ。「せめて月に1万円くらいは地元のイベントに使いましょうよっ」てことで、予算は1万円に設定しています。さ~て、今月はどこで遊びましょうか。

※名前をクリックすると各推薦人にリンクします。

 

保山ひャン(芸術家)

納涼!意外と外出した方が涼しい目にあうものです。インドア派こそ外に出る時期!

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展
開催中~8/14(月) 大丸ミュージアム神戸 一般1000円
全国をまわっている水木しげるの回顧展、神戸開催は絶好の夏になった。とはいえ、妖怪だけにとどまらない魅力に迫る。少年時代の絵画や、戦地でのことなど。

怖い!short short
8/11(金)~13(日) ちいさいおうち 入場料500円
2日から開催される「京都 夏の妖怪展」のラスト三日間、糸あやつり人形劇団みのむしによる公演がある。

ミュージックカフェ「納涼!怪談音楽」
8/18(金) アートエリアb1 参加無料
大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻生が怪談音楽を紹介。怖い音楽というと、すぐに現代音楽やプログレを想起するけど、さて、音大生が選ぶ怪談音楽とは如何なるものなのか。

ワシーリー・グロスマンの夕べ
8/19(土) 居留守文庫 参加費1500円
『トレブリンカの地獄 ワシーリー・グロスマン前期作品集』の刊行を記念して、西宮と大阪で3回にわたって朗読と解説トークが行なわれる。3回とも内容は違い、この大阪の居留守文庫では、第二回 二つの全体主義に抗して ソビエト文学の「正統」から「異端」へ、と題したテーマで開催される。全部聴きに行きたい!

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
8/19(土)~9/24(日) 西宮市大谷記念美術館 一般800円
もうこの季節になったのか、と感慨に耽りたくもなる、毎年恒例の展覧会。毎回予想以上の刺激を受けるので楽しみなのである。水曜日は休館。

ワンコイン市民コンサート
8/20(日) 大阪大学会館 入場料500円
ロシア革命を生きたポーランドの作曲家、カロル・シマノフスキを特集する今回のコンサート。いいとこをついてくるな、という感じ。

少年王者館第39回本公演「シアンガーデン」
8/26(土)~28(月) 伊丹AI・HALL 前売一般3300円(Pコード:480-374)
保山さんなら絶対に気にいると思う、とすすめられたのは一体何十年前の話だろうか。今回の本公演も、チラシを見るかぎり、何の話なのかについては一切書いていない。少年王者館の公演だというだけで、必見なのである。

音楽と霊性
8/27(日) ココット 料金2000円+ドリンク代
トークとライブとパフォーマンス。能勢伊勢雄さん、宇田川岳夫さんのトーク、タケヤリシュンタさん、向井千恵さんのライブ。秘密結社感がムンムンする。

合計 9600円+ドリンク代

山口良太(音楽と演劇の年賀状展)

「音楽と演劇の年賀状展」というイベントを毎年お正月に企画しているのだけど、「暑中見舞い展はしないんですか?」ってこの季節になると必ず言われる。やらないよ!夏休みだよ!

レトロ印刷大博覧会
開催中~8/6(日) レトロ印刷JAM 観覧無料
10周年を迎えたレトロ印刷JAMの博覧会。過去に手がけた印刷物の展示やワークショップも魅力的だけど、最終日8/6(日)はDJみそしるとMCごはんのフリーライブだって。行かなきゃ!

阪神お盆マルシェ
8/2(水)~8(火) 阪神梅田本店8階催事場 観覧無料
『盆の国』の漫画家・スケラッコが大々的にフィーチャーされた(最高!)阪神百貨店のお祭り。出店店舗だけでなく、民俗学者、妖怪研究家、河内家菊水丸さんのバックで演奏してる方(オールウェーイトゥーギャザー♪の人だ!)まで、ゲストがディープですごい。

第29回中央区盆おどり大会
8/4(金)・5(土) 瓦屋町グラウンド 参加無料
大阪城天守閣を模したギラギラのメガやぐらを見上げながら、老いも若きも地元民も外国人観光客も入り乱れる、ザ・ローカル盆踊り大会。だけどまったくの初心者でもそのへんのおっちゃんおばちゃんが手取り足取り教えてくれる、そんな間口の広い雰囲気も最高。今年も踊りにいこっと。

すいたエンタメ教室「怪談お笑い講座」
8/5(土) ファミリーマート吹田栄通り商店会店 2F 無料
JR吹田駅前の商店街で張り紙を見かけて、え、ファミマが会場?調べてみると、ファミマの2階イートインスペースを市民に開放してイベントができるようにしてるんだとか。この試み、おもしろいなあ。リンク先にも詳細載ってなくて告知は張り紙のみってのがローカル感満点ですが、8/5(土)15:00〜日本妖怪研究所の所長さんをゲストに、妖怪トークが聞けるんだって。対象は小学生、参加無料。吹田のちびっこはぜひ。

かえるさんとシブヤくん in京都
8/6(日) 外 soto 予約2500円
かえるさんこと細馬宏通、シブヤくんことyumboの澁谷浩次。このツーマンライブ、仙台では毎年恒例なんだけど、今年は京都でも。前に仙台で見た時もめちゃくちゃよかったので関西公演は嬉しい。この組み合わせはジメッとした夏の京都に合いそう。

シガール姉妹「おやすまなさい」
8/11(金)~13(日) 元・立誠小学校 音楽室 予約・当日共に2500円
姉妹って名前だけど、姉妹じゃないシガール姉妹。五反田団の前田司郎の戯曲を唐突に京都で上演。宮部純子(五反田団・青年団)さんのぬぼーっとした風体というか、とぼけたようでざわざわする佇まいが気になる女優さんであるので、よかったら見てみてください。

プレイ!シアター in Summer
8/12(土)・13(日) ロームシアター京都 参加無料
「劇場で遊ぼう!」を合言葉に、こどもと大人のためのロームシアター京都を楽しむイベント。KAATしかりアイホールしかり、最近こういった劇場を「ひらく」趣向のイベントって増えてますね。劇場支配人が案内するバックステージ、ユリイカ百貨店による演劇仕立ての劇場ツアー、康本雅子やDJによるこどもディスコ、などなど気になるプログラムが目白押し。イエス、全部無料。お母ちゃんお父ちゃんの味方。

寺尾紗穂『たよりないもののために』発売記念ツアー
8/18(金) ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園  前売3500円+ドリンク代
寺尾紗穂って昔SAKEROCKと一緒にHISの「日本の人」を歌ってた頃のイメージで止まってたんだけど、前作「楕円の夢」がめちゃくちゃよくてびっくりした。なんで今まで聴かなかったんだろう。最新作「たよりないもののために」も傑作で、まさにタイトルどおり、生きづらさを抱えたすべてのたよりないもののための音楽。神戸御影の純和風建築の会場もとてもよさそう。

合計 8500円+ドリンク代

しんぽうなおこ(キャラクター作家)

最近は主に仮面や仮装でキャラを作ります。妖怪と動物好き。あと小規模なイベント企画もやります。最近、無職になりました。お仕事ください(泣)

怖い絵展
開催中~9/18(月・祝) 兵庫県立美術館 当日一般1400円
夏になるとお化けや妖怪の展示が増えがち。それはそれでとっても素敵だけど、なんか毎年似たような感じよね。でもこの展示のコンセプトは「怖い」って言ってもそうきたか!という切り口。なるほど、これは行かねば!

虫を食べる植物展
開催中~9/9(土) 咲くやこの花館 入館料大人500円
ふしぎ、かわいい、ちょっとこわい!?ネペンテス(ウツボカズラ)やハエトリグサをはじめ、独自の方法で獲物を捕らえる食虫植物展示。植物なめんな!!!!感が出ていてとても良いよね、食虫植物。

阪神お盆マルシェ
8/2(水)~8(火) 阪神梅田本店8階催事場 観覧無料
私が気になっているのは、6日の妖怪研究家湯本さんのトーク!他にも民俗学者だの、盆栽研究家だの面白そうな人がたくさん集まるみたいよ!

神戸ねんど会
8/13(日) コミスタ神戸3F 参加費500円
造形をしたり、プラモデルやガレージキット等の組み立てをしながら模型仲間同士の交流を深める「製作交流会」だそうですよ。こういうとこに行くと、いろいろ創作のヒントになる情報が得られるので、オススメ~。

けものフレンズオンリーイベント「こーべちほー」
8/27(日) 神戸市立王子動物園内 王子動物園ホール 動物園入場料600円
物園で同人即売会ですって!けものフレンズですって!どったんばったん大騒ぎなのかしら!?リアルけものとけものフレンズに癒されに行ってみようかな~。

合計 3000円

山田たかこ(会社員)

神戸在住の会社員です。たまに美術家の飯川雄大さんが手がける「猫の小林さん」グッズでお馴染みのBAUSHOPでしています。

酒巻恵「おしりびより」絵本原画展
8/10(木)~14(月) ART HOUSE 観覧無料
イラストレーターおよび絵本作家として要注目の酒巻恵ちゃん。同ART HOUSEで開催された前作絵本「ひげひげわたりひげ」の原画展では、巨大なひげが天井からぶら下がり、絵本の世界そのままな、ひげの生態(!)にまつわるユニークな展示で楽しませてくれました。何がすごいって、展示物がすべて彼女の手作りだということ。今回は新作「おしりびより」の原画展ということで、もしかしたら会場がおしりだらけに!?子供って、なぜかおしり好きですよね!なので喜ぶこと間違いなしです!

「交差するアーティストたち-戦後の関西」展
関連イベント 子供のためのワークショップ

8/12(土) 芦屋市立美術博物館 展示観覧一般500円
幼児~小学校低学年くらいまでの子供を持つ親にとって、子供の夏休みはある意味、恐怖ではないでしょうか。私は小学1年生の娘がいるのですが、彼女が夏休みを心待ちにすればするほど、どこかに連れて行かなければという強迫観念(?)に苛まれていました。どうせ外出するなら、親子で楽しめる場所が良いし、それがまた低料金だととってもありがたいです。展示自体は9/18(月・祝)までなので、会期終盤あたりにゆっくり鑑賞しに行こうと思っていたら、こんなに楽しそうなワークショップが!!しかも事前申込なしの無料(イベントは3歳~8歳対象、要保護者同伴)!!これは連れて行かねば!!夏休みって、私みたいな親のためにちゃんと親子で楽しめるイベントが盛りだくさんあるのでしょうね。

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
8/19(土)~9/24(日) 西宮市大谷記念美術館 一般800円
絵本といえばこちらも。毎年ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアという国際見本市で行われる絵本原画コンクールは、絵本作家の登竜門といわれるほどの歴史あるコンクールだそうです。その狭き門を潜り抜けた勝者には絵本出版というビジネス的コネクションがほぼ約束されているわけですが、そこで入選した作品の原画展が毎年8月~9月にかけて西宮市の大谷美術館で開催されています。単に、世界各地の絵本の原画が鑑賞できて一部の絵本を購入することもできる、という機会が素晴らしいなと思います。私は幼い頃からよく行っていますが、近年はやはりアジアの作品の入選が多く、その色彩やイラストに本当に魅了されます。まさに大人も子供も楽しめる展覧会。そして、毎年この暑い時期に訪れて、ロビーのガラス一面に映るお庭を眺めてほっとひといきつくのも、私の中では夏の風景のひとつでもあります。

​ONE Music Camp
8/26(土) 三田市 波豆川 三田アスレチック野外ステージ 前売入場券5500円
8月の夏フェスは数あれど。タブラ(インドの民族楽器)とラップのDIYヒップホップトリオU-zhaan×鎮座DOPENESS×環ROYと、まさかのアメリカからヘロヘロな歌声と遊び心溢れるサウンドが素敵なClap Your Hands Say Yeahを三田市で見れることにびっくりです。駐車場代付きチケットがすでに完売しているようなので・・電車で行くべきなのか思案するところですが。いや、でも、やっぱり行きたいということで!!

合計 6800円

若旦那家康(舞台の隙間産業)

8月は「ワークショップフェスティバルDOORS」で色々な人にふれあい。月終わりの8/24(金)・25(土)はコトリ会議『あ、カッコンの竹』ツアー最終地・仙台公演です。飛び回っております!

小松利昌ソロライブ『コマツナツマツリ』
8/8(火) HEP HALL 一般前売3000円
『シン・ゴジラ』や『TRICK』などにも出演している、映像でも気になるバイプレーヤー・小松利昌の独りコントライブ。俳優としての説得力のある演技で芸人顔負けの面白さです。いろんな造形小道具もすべて手作り。どんなコントにどんな小道具が出るか、楽しみ!

リクウズルーム×努力クラブ[飾]
『Are you wearing clothes?』

8/25(金)~27(日) オーバルシアター 前売一般2800円
東京で活動するリクーズルームと京都で活動する努力クラブの合同公演。遠隔地で活動する2劇団が、Skypeを用いて共同執筆、東京の俳優のセリフをリクーズルームの佐々木透が、京都の俳優のセリフを努力クラブの合田団地が担当し、それぞれのセリフを会話のように書くって。これは新しい。関西では青年団の公演でも観れるか観れないかわからない兵藤久美さんや鈴木智香子さんが観れるのも楽しみ。

少年王者館第39回本公演「シアンガーデン」
8/26(土)~28(月) 伊丹AI・HALL 前売一般3300円(Pコード:480-374)
維新派の松本さんが亡くなった後、その日本の舞台芸術の宝、少年王者舘。天野天街さんの遅筆さから、いつもは名古屋公演、東京公演、ときて最後の関西公演が一番完成に近いと噂されますが、今回は作家が違うので、どうかな?けど、やはちツアー最終地の伊丹は必見。

合計 6300円

河合カズキラングレー(スカマー)

関西スカムを牽引できない存在として、バンド・DJ・コスプレなどで広く活動中。最下層音楽がキーワード。ウルトラファッカーズ、アメリカンバッドボーイ、アマリリス【改】、DJ河合カズキラングレー。 http://centralscum.lostfrog.net/  ■8/12(土)23:30~DJ河合カズキラングレー atなんば紅鶴"六感ボーイ"

「トランスフォーマー/最後の騎士王」
8/4(金)~ TOHOシネマズ梅田ほか 一般1800円
人類の歴史はトランスフォーマーと共にあったという無茶なお話には注目せざるを得ないところであるが、映像かっこいい!というところが主題かと。トランスフォーマーがいったい何なのか、超ロボット生命体という古い知識が邪魔をしつつも、クチのあるロボットしか愛せない人がいることは知っています。

ホームタウンドルパ大阪9
8/6(日) インテックス大阪 公式ガイドブック兼入場証1800円
出演者の「THEくそテクノ」これバンド名がひどすぎますが、津山篤+砂十島NANIだそうです。津山さんは山男なので山のシーズンはライブしなかったように思うのですがライブするみたいです。名前そのままのくそのようなテクノをやるのかどうかまったくわからないし、くそのようなテクノがどんなものなのかもわからんし見逃せないような気もします。経験上はこういう具体的なものは観ておいたほうが良いように思います。レコメンド。ともあれ16:30開場17:00開演と時間早めなのだけは注意せよ。

DEATH TECHNO DEATH CHAOTIC NOISE vs BEARS
8/12(土) なんばベアーズ 料金2000円
出演者の「THEくそテクノ」これバンド名がひどすぎますが、津山篤+砂十島NANIだそうです。津山さんは山男なので山のシーズンはライブしなかったように思うのですがライブするみたいです。名前そのままのくそのようなテクノをやるのかどうかまったくわからないし、くそのようなテクノがどんなものなのかもわからんし見逃せないような気もします。経験上はこういう具体的なものは観ておいたほうが良いように思います。レコメンド。ともあれ16:30開場17:00開演と時間早めなのだけは注意せよ。

合計 5600円

フルタニタカハル(digmeoutART&DINERマスター)

アメリカ村digmeoutART&DINERのマスターです。アート、音楽、カルチャー全般、食などなど、なんでも来いの食いしん坊。 毎週金曜日梅田エストワンMOJA in the houseにて仲間達とDJしていますその名も「Mo'JAZZ FRIDAY」。8/25(金)はMOJA in the house2周年イベントあり〼。digmeoutART&DINERはお昼のサラダビュッフェが人気です(引き続き)!ルクアイーレ7階にDMOARTS移転しました。そちらも是非! 日々はこちらで。   

ゆうれい展2017
8/2(水)~13(日) 北加賀屋・騒ぎに乗じて 入場無料+飲食代
北加賀屋の一角にあるギャラリーバー「 騒ぎに乗じて」。いつも面白い展示をやっていて、毎年夏になると「ゆうれい展」があります。日本唯一の死体カメラマン釣崎清隆さんの作品や、出店作家さんも豪華だし友人も参加しているので見に行こうと思っています。

Zettai-Mu x NOON Again!!
8/12(土) NOON+CAFE 前売り1800円+ドリンク代
DJ KURANAKA a.k.a 1945 率いる絶対無二、関西を代表するイベント「Zettai-Mu」。今回のメンツもアベンジャーズ並みのインパクト。遊びにいきたいと思います。

A-chan 展「Salt’n Vinegar」
8/15(火)~27(日) ソラリス大阪 入場無料
まずフライヤーがよくて手に取りました。ソラリスの展示だーと思いながら内容を読むとふむふむ、好みの写真展だ。フォトグラファーA-chanの情報はフライヤーに書いている以上に調べずに見に行こうと思う。

Biilboard japan party×SUMMER SONIC Extra タキシード
8/22(火) ビルボードライブ大阪 カジュアルエリア8800円
メイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンによるディスコ&ファンク・ユニット、タキシード。しかもフルバンドset!!今年一度DJsetを観たんですがかなり好きです。再び観れることに感謝。

「パターソン」
8/26(土)~ シネ・リーブル梅田ほか 一般1800円
ジム・ジャームッシュ監督4年ぶりの新作。これは楽しみですねー。同じぐらいのタイミングで『ギミーデンジャー』というイギー・ポップのドキュメントものも公開するしジャームッシュ熱再燃!という風になるといいのですが。若者はジャームッシュ見てない率高いんで。余談ですが数年まえに発売された某UTのジャームッシュTシャツを寝かしているのをこのタイミングで着ようと思ってます。

合計 12400円+ドリンク代

ぴあ関西版WEB編集部

8/18(金)「秋ぴあ関西版」を発売予定。8/3(木)スタンダードブックストア心斎橋、8/4(金)~31(木)TORI FOODにて「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」出版記念イベントを開催。よろしくお願いします!

中村佑介展「15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」
開催中~9/18(月・祝) 大阪芸術大学 スカイキャンパス(あべのハルカス24F) 一般800円
アジカンのジャケや映画にもなった小説「夜は短し歩けよ乙女」など、鮮やかな色使いとポップかつノスタルジックさもあるタッチが印象的なイラストレーター中村佑介さんのベストアルバム的展覧会。8/12(土)13:00〜15:00には中村佑介さん×プロインタビュアーの吉田豪さんのトークショーが予定されている!(A)

お盆マルシェ
8/2(水)~8(火) 阪神梅田本店8階催事場 観覧無料+買い物代
和テイストと懐かしさがキーワードなのかな? トークや出展店舗が独特で楽しめそう。(A)

森の宮遺跡展示室の一般公開
8/14(月)~16(水) 森ノ宮ピロティホール地下階 見学料不要
ピロティの地下は人骨がたくさん出てきた場所らしい…というのは以前聞いたことがあって、そのときはゾッとしたんだけど、縄文人の骨以外にも土器やアクセサリーなどの遺跡が年に数日だけ公開されるんだそう。普段何気なく行っている場所の歴史が感じられそうだなぁ。(A)

夜の植物園の映画祭「ビッグフィッシュ」
8/26(土) 大阪府立花の文化園 大人1200円(入園料不要)
河内長野にある花の文化園ではこの夏4回野外上映を開催されるようだけど、中でも『ビッグフィッシュ』は作品的にも場所にマッチして良さそうな気がするなぁ。入園料不要、飲食持込可なのも良心的。(A)

合計 2000円+買い物代

 


注意事項

※掲載しているイベントは8月1日時点で各推薦人が選んだものです。掲載後にイベント概要等が変更になっている可能性があります。必ずリンク先の情報などを各自でご確認の上、ご利用ください。
※金額は推薦人が選んだ席種や券種で表示しております。

 

8月 インデックス

開催中~8/6(日) レトロ印刷大博覧会
開催中~8/14(月) 追悼水木しげる …
開催中~9/18(月・祝) 怖い絵展
開催中~9/18(月・祝) 中村佑介展…
開催中~9/9(土) 虫を食べる植物展
8/2(水)~8(火) 阪神お盆マルシェ
8/2(水)~8(火) 阪神お盆マルシェ
8/2(水)~8(火) 阪神お盆マルシェ
8/2(水)~13(日) ゆうれい展2017
8/3(木) 「おうちでワイン 料理とワイン 組…
8/4(金)・5(土) 第29回中央区盆おど…
8/4(金)~31(木) 「おうちでワイン 料理…
8/4(金)~ 「トランスフォーマー/最後の騎士…
8/5(土) すいたエンタメ教室「怪談お笑い…
8/6(日) かえるさんとシブヤくん in京都
8/6(日) ホームタウンドルパ大阪9
8/8(火) 小松利昌ソロライブ『コマツナツマツリ』
8/10(木)~14(月) 酒巻恵「おしりび…
8/11(金)~13(日) 怖い!short short
8/11(金)~13(日) シガール姉妹「おや…
8/12(土) 「交差するアーティストたち-戦…
8/12(土) なんば紅鶴"六感ボーイ"
8/12(土) DEATH TECHNO DEATH …
8/12(土) Zettai-Mu x NOON Again!!
8/12(土)・13(日) プレイ!シアター in …
8/13(日) 神戸ねんど会
8/14(月)~16(水) 森の宮遺跡展示…
8/15(火)~27(日) A-chan 展「Salt’…
8/18(金) ミュージックカフェ「納涼!怪談音…
8/18(金) 寺尾紗穂『たよりないもの…
8/18(金) 「秋ぴあ関西版」発売
8/19(土) ワシーリー・グロスマンの夕べ
8/19(土)~9/24(日) イタリア・ボローニャ…
8/19(土)~9/24(日) イタリア・ボローニャ…
8/20(日) ワンコイン市民コンサート
8/22(火) Biilboard japan party×…
8/24(金)・25(土) コトリ会議『あ、カッコン…
8/25(金) MOJA in the house2周年…
8/25(金)~27(日) リクウズルーム×努力ク…
8/26(土) ONE Music Camp
8/26(土) 夜の植物園の映画祭「ビッ…
8/26(土)~28(月) 少年王者館第39…
8/26(土)~28(月) 少年王者館第39…
8/26(土)~ 「パターソン」
8/27(日) 音楽と霊性
8/27(日) けものフレンズオンリーイベント…

まんが

作:和田淳

※画面をクリックすると漫画が大きくなります。

イラスト作者紹介

「バクのばくー」作者

和田淳●1980年兵庫県生。2002年頃から独学でアニメーションを制作しはじめ、「間」と「気持ちいい動き」を大きなテーマに制作を続けている。『わからないブタ』(10)がファントーシュ国際アニメーション映画祭でBest film、文化庁メディア芸術祭で優秀賞等国内外の映画祭で受賞。『グレートラビット』(12)がベルリン国際映画祭短編部門で銀熊賞を受賞する。
http://kankaku.jp/

過去ログ

2014年3月
2014年4月
2014年5月
2014年6月
2014年7月
2014年8月
2014年9月
2014年10月
2014年11月
2014年12月
2015年1月
2015年2月
2015年3月
2015年4月
2015年5月
2015年6月
2015年7月
2015年8月
2015年9月
2015年10月
2015年11月
2015年12月
2016年1月
2016年2月
2016年3月
2016年4月
2016年5月
2016年6月
2016年7月
2016年8月
2016年9月
2016年10月
2016年11月
2016年12月
2017年1月
2017年2月
2017年3月
2017年4月
2017年5月
2017年6月
2017年7月