ホーム > 怒髪天 増子直純のナニワ珍遊道

怒髪天連載、3回目はこれでもかってほど情報もりだくさんなんだぜ!
上から下までチェックして、この怒髪情報を血と骨、肉にしてくれ~!!

←前号へ  次号へ→


 

Profile

怒髪天

どはつてん
’84年に札幌で結成。増子直純(vo/通称兄ィ)を中心に上原子友康(g/通称 王子)、清水泰而(b/通称シミさん)、坂詰克彦(ds/通称坂さん)の4人組で活動中。オトコくさくも人情味溢れる独特の音世界に支えられた圧巻のライブアクトで人気急上昇中のロックバンド。

オフィシャルサイト http://dohatsuten.jp/

Release

Album『プロレタリアン・ラリアット』
発売中
インペリアルレコード

プロレタリアン・ラリアット 白盤[初回限定盤]
白盤[初回限定盤](CD+DVD)
2600円 TECI-1250

プロレタリアン・ラリアット 青盤[通常盤]
青盤[通常盤](CD)
2100円 TECI-1251

1.GREAT NUMBER  
2.労働CALLING    
3.マン・イズ・ヘヴィ  
4.全人類肯定曲  
5.よりみち  
6.うたのうた  
7.セバ・ナ・セバーナ  

Live

関西に怒髪天、来襲しまくります!!

『プロレタリアン・ラリアット tour 09』
▼5月5日(火) 18:00 STARCLUB
[共演] THE RODEO CARBURETTOR
チケットの詳細はコチラ

『SWEET LOVE SHOWER 2009 SPRING』
▼5月17日(日) 14:00 大阪城音楽堂
[共演] UNCHAIN/榎本くるみ/サカナクション/THE BACK HORN/DOPING PANDA/他
チケットの詳細はコチラ

各種先行も絶賛受付中!!
【電話受付(ぴあカード会員)】
5月16日(土)14:00~5月19日(火)
※ぴあカード電話先着先行は1人4枚まで。

『プロレタリアン・ラリアット tour 09
<ワンマン>』
▼6月21日(日) 18:00 心斎橋クラブクアトロ
チケットの詳細はコチラ


増子兄ィしゃべり倒します!!
トークイベントに5組10名様をご招待

『浪速 DE トーク DE 怒髪天』
怒髪天史上最高傑作の呼び声高いニューアルバム『プロレタリアン・ラリアット』の発売を記念して、怒髪天ボーカリスト・増子直純によるトークイベントを開催! このイベントに、@ぴあ関西読者5組10名様をご招待致します。ライブのMCでもおなじみの、増子の絶品・泣き笑いトークが直に味わえるまたとないチャンス! 是が非でもご参加下さい!!

▼5月24日(日) 17:00
心斎橋・digmeout CAFE
大阪市中央区西心斎橋2丁目9-32
アローホテル B1
※当日はドリンク代500円を頂戴いたします。

応募はコチラまで

 


ガガガSP

神戸が生んだ青春パンクバンドの金字塔、ガガガSPが語る怒髪天とは?


ガガガSPのニューアルバムが発売決定!
『金くれ!!愛くれ!!自由くれ!!』
5月12日(火)発売
LD&K
[初回限定盤] (CD+DVD)
2940円
OSRCD-007
[通常盤] (CD)
2625円
OSRCD-008

収録曲:
01.讃丑歌
02.続・京子ちゃん
03.八月の出来事
04.NAGATOWN
05.ゴング
06.クリスマスを知らない男たち
07.風向き悪くとも
08.一つだけ言える事
09.いちょうの葉
10.恋は永遠
11.あの頃の僕は君にとってどう見えるかい

ガガガSPのオフィシャルサイトはコチラ
http://www.ldandk.com/gagaga/

Back Number

第1回 第2回 第3回 第4回
第5回 第6回 第7回 第8回
第9回 第10回 第11回 第12回
第13回 第14回 第15回 第16回
第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回
第25回 第26回 第27回 第28回
第29回 第30回 第31回 第32回
第33回 第34回 第35回 第36回
第37回 第38回 第39回  

ついに出ました! 怒髪天史上最高傑作のニューアルバム『プロレタリアン・ラリアット』! 皆さんはもうお聴きになりましたか!? 今号は我らが労働番長、増子兄ィに『プロレタリアン~』収録の各楽曲について、「この歌はどんな状態で、何を飲みながら聴きたい?」というアンケートを投げかけてみました。その答えはオール酒! そうです、怒髪天といえば酒! 桜は散っても花見酒、今日も咲け咲け、明日も咲け!(ナンチャッテ都都逸(※1))。そして今号、突如現れる「赤ぴあ先生(※2)」が、素晴らしい回答を残してくれた増子クンに恐れ多くも返信致します。
そ、それだけではありません! 新コーナー「スペシャル動画シリーズ 俺達の怒髪天」がスタート!ミュージシャンズミュージシャンとも言える、素敵なバンド怒髪天の魅力を彼らをよく知るバンドさんに語ってもらいます! それに加えてもういっちょドン! 『プロレタリアン・ラリアット』発売記念の増子兄ィによるトークショーに5組10名様をご招待!
ご応募お待ちしております~!

 

92点!
おおお、見えます! 荒波を割いて風の中を突き進む漁船が見えます! 大漁旗がなびいています! その舳先には、ハチマキ締めてドカジャン羽織った怒髪天の姿が…! 朝日に照らされた4人が握り締めるは一升瓶!(約1名(※3)、中身は水)

 

85点!
今日もぐったり、家にたどり着くのもへとへとで、夜の公園で一休みってところですね。夜の公園…一人安酒…酔っぱらったついでに裸踊りでウンガラガッタといきたいところですが、このご時世(※4)、ヤメトコナ。

 

100点!
寅さんの聖地にて冷酒クイっといっときますか! 喉にキリキリっと来ますな~、こりゃ~。老朽化につき仕方なくオープンエア状態になったボロボロの居酒屋で(でも、出てくる料理はとびきり美味い)、さんざんっぱらあおりたいですね。さくら~!!

 

124点!!
なんて贅沢なんでしょう! 朝から散歩で、軽めのビール! それがまた銭湯帰りともなると、気分はもう選民状態。悪いな!とだれかれ構わず、ワビを入れたくなりますな。自棄のヤンパチで朝から酒をあおる日もあるかもしれませんが、そんな中でも生きてるだけでOK!と前向き自己肯定できたら、明日への希望も持てそうです。ありがとうございます!!

 

309点!!!
さすがは道産子! サッポロビールと銘柄ご指名で来ました! 夕暮れの帰り道、住宅街を通るとちょっぴり切なくなりますね。家々から夕げの匂いが漂ってきて、ああ、そこに、家族の団欒が…とかなんとか、幸せいっぱいのセシール家族(※5)を思ったりしませんかね。大人の寄り道は赤ちょうちん駅伝! それが、なんかいいこと、あったりするからやめられない!

 

1000点!!
寄り道しまくっての、ホントにゴール寸前、真夜中の帰り道ですかね。この歌がBGMだと、いろいろと在りし日を思い出したりして、しんみりしながらも何となく“今、この瞬間”を肯定できそうな気がしますね。きっと歌に救われたからこそ、今があるという方が多いのではと思うので、なんかこう、鼻歌を心地よく響かせながら、そのありがたみをじっくり噛み締めている感じがします。

 

最高潮の1億点満点!!!
出ました! ライブ会場で大騒ぎ! 終わりよければすべてよし! 人生賛歌ですね。下手でも、気持ちが悪くても、人目を気にせず踊りまくって、笑顔で乾杯、サヨナラして、健康第一、いつかまたライブ会場で会いましょう!!

 

むふぅ。あまりの優等生っぷりに「赤ぴあ先生」も取り乱してしまいました。では最後に、増子兄ィからメッセージです!
「『プロレタリアン・ラリアット』は、今回初めて白盤にDVDをつけたんだけど、ライブの素晴らしさを知ってもらえるよい機会なので、これは素晴らしい試み!! 怒髪天史上最高に濃厚!! 明日への活力だ!!!」

本文補足

※1 都都逸
どどいつ と読む。酒の席などで座興に歌われる短い三味線声曲。七・七・七・五の26文字で表現する。
ノリとしては怒髪天の音世界にぴったりかも?

※2 赤ぴあ先生
怒髪天ニューアルバムを解説する、某通信教育風の赤ペンを持った添削先生。アルバムの出来のよさに興奮し過ぎ、ありえない点数を付けてしまうのが玉にキズ。

※3 約1名
昨年、痛風をわずらった怒髪天・ドラマー坂詰克彦氏は現在もノーアルコールで生活しているらしい(’09年4月末調べ)。

※4 このご時世
芸能界を騒がせた某大型アイドルグループのお方の事件以降、怒髪天もお酒を自粛したとかしないとか。否、兄ィがノーアルコールでいられるはずもありません!

※5 セシール家族
なんだかとっても幸せそうな外国人の家族が出演していた、’80年代ごろに放送されていたカタログ通販会社「セシール」のテレビCMのコト。それを観ていたコドモたちにとっては幸福円満な家庭像の象徴だったとか、そうでもないとか。



 「増子直純の食う!不定期シリーズ 第1弾!!」

たこ竹 (たこたけ)
TEL 06-6762-1848
大阪市中央区松屋町住吉3-8
営業時間:11:00~19:30(ラストオーダー)
定休日:木曜、第二金曜

さて今回の不定期シリーズは食う!です。大阪名物“箱寿司”を増子兄ィに食していただきました! この箱寿司、天保2年、1831年創業の老舗中の老舗、大阪は松屋町の「たこ竹」のもの。これを聞いた増子兄ィ。
「ワハハ、180年前の寿司(笑)?」
違いますよ! それではビンテージ中のビンテージ鮒寿司になっちゃいますよ! では、どうぞ。
「いただきます! わ~、すげぇな! これは鯛だな。ああ、美味い。マジ美味い。 穴子、行ってみます。わ、美味い。美味い。素晴らしい。あのね、江戸前の寿司と違ってさ、ひと手間かかってるっていうかさ、ただ切ったものを乗っけてるわけじゃないじゃん。〆たり炙っててたりしてさ。あ、これは玉子焼きと海老が乗ってる。マジうめえ。あのね、柿の葉寿司とか好きだからさ、バッテラとかさ。ほんと美味いわ。昔の寿司ってこんな形だったんでしょ、持ち運べるようになっててさ……。これは美味い! あ、うんめ! 美味いとしか言いようがない! (白身魚を食べて)う~~~ん!! 美味いわ! あのね、そんなに酸っぱくない、酢飯が。ちょうどいい酸っぱさ。これは素晴らしい!」

ホントに美味いものは、美味いとしか言いようがない。そう思った不定期シリーズ「食う」だった…。

(取材・文 岩本和子)


次回の更新は5月14日(木)を予定! ご期待下さい!
本コーナーに関するご意見・ご感想を、こちらまでお寄せください。

←前号へ  次号へ→