ホーム > 怒髪天 増子直純のナニワ珍遊道

タダゴトじゃない!! 的ナニワの街を巡りながら
“怒髪天、ここにあり!”の足跡を残す旅、始まります!

次号へ→


 

Profile

怒髪天

どはつてん
’84年に札幌で結成。増子直純(vo/通称兄ィ)を中心に上原子友康(g/通称 王子)、清水泰而(b/通称シミさん)、坂詰克彦(ds/通称坂さん)の4人組で活動中。オトコくさくも人情味溢れる独特の音世界に支えられた圧巻のライブアクトで人気急上昇中のロックバンド。

オフィシャルサイト http://dohatsuten.jp/

Release

Album『プロレタリアン・ラリアット』
4月22日(水)発売
インペリアルレコード

プロレタリアン・ラリアット 白盤[初回限定盤]
白盤[初回限定盤](CD+DVD)
2600円 TECI-1250

プロレタリアン・ラリアット 青盤[通常盤]
青盤[通常盤](CD)
2100円 TECI-1251

1.GREAT NUMBER  
2.労働CALLING    
3.マン・イズ・ヘヴィ  
4.全人類肯定曲  
5.よりみち  
6.うたのうた  
7.セバ・ナ・セバーナ  

Live

関西に怒髪天、来襲しまくります!!

『KURIDAMA’09~栗秋魂~』
▼4月17日(金) 19:00 KYOTO MUSE
[共演] ニューロティカ/SCOOBIE DO
チケットの詳細はコチラ

『CAPITAL RADIO’09~DAY1~』
▼4月18日(土) 19:00 BIGCAT
[共演] the pillows/monobright
チケットの詳細はコチラ

『プロレタリアン・ラリアット tour 09』
▼5月5日(火) 18:00 STARCLUB
[共演] THE RODEO CARBURETTOR
チケットの詳細はコチラ

『SWEET LOVE SHOWER 2009 SPRING』
▼5月17日(日) 14:00 大阪城音楽堂
[共演] UNCHAIN/榎本くるみ/サカナクション/THE BACK HORN/DOPING PANDA/他
チケットの詳細はコチラ

『プロレタリアン・ラリアット tour 09 <ワンマン>』
▼6月21日(日) 18:00 心斎橋クラブクアトロ
チケットの詳細はコチラ

Back Number

第1回 第2回 第3回 第4回
第5回 第6回 第7回 第8回
第9回 第10回 第11回 第12回
第13回 第14回 第15回 第16回
第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回
第25回 第26回 第27回 第28回
第29回 第30回 第31回 第32回
第33回 第34回 第35回 第36回
第37回 第38回 第39回  

 

いよいよ始まりました、怒髪天・増子兄ィのWEB連載『怒髪天 増子直純のナニワ珍遊道』。読んで字のごとく兄ィのナニワ巡りはもちろん、4月22日(水)リリースのニューアルバム『プロレタリアン・ラリアット』について、またライブ報告などなどなど、追いかけて怒髪天レポ、やっちゃいます! 第1回目は、“オオサカ、野望”をテーマに多いに語ってもらいました!

 

―― @ぴあ関西です。よろしくお願いいたします。早速、WEB連載への意気込みをお伺いしたいと思います。

「続きモノができるのは面白いね。それが最終的に何かの集大成になったりするのは面白いじゃない? しかも行ってみたいところとか、やってみたいこともあるしね」

―― それは例えば?

「大阪ならではの文化巡り。大阪城とか、いいね。去年、行ったよ」

―― ブログに書いておられましたね。

「すごいよかったよ。その時、弟に鶴橋のうまい韓国料理屋に連れて行ってもらって。すんげぇうまかった。特にチヂミはただ事じゃなかった。今まで食ってたのは何だったのか!? ってくらいフワッフワのチヂミ」

―― お店の名前は覚えてますか?

「何だっけかな~。それこそベタな名前だったよ。アリラン (※1)とか」

―― アリラン食堂じゃないですか?

「かな? その時、親と一緒に行ったんだけど、あまりにもうまくて2日目も行ったからね。連続で行ってんだ(笑)」

―― (笑)。2日間連続とならずとも、そうやっていろんなところに行って、“怒髪天、ここに来た!”っていう…。

「足跡を残していこうよ! あと、新世界あたりとか。昔、よく行ってたんだけど、あの辺のディープさってただ事じゃないでしょ」

―― そうですね。ちょっと行ったら労働者の街があって。

「当時、すごい衝撃だったのがさ、みんなブラブラしてるんだけど、そんなにガッカリ感がないっていうかさ。みんな、すっごいギラギラしてるでしょ。明るいし。すーごいなぁ! と思って。どんだけ元気いいんだよとか思ったりしたから、そういうところを観たりとか。昔はツアーっていうと、東京から十三着 (※2)・新世界発だったからさ、しばらくは大阪って街はどこもああいうもんだと思ってたよ(笑)」

―― 大阪でも“DEEP TO DEEP”ですね。

シュッとしてる別の街 (※3)を知ってビックリしたもんね。お~!こんなところもあんの!?って」

―― 何年ぐらい前のことですか?

「10年以上前だね。活動休止前によく来てたよ。あの辺りの人たちはホント、カッコイイなって思ったね。まあ、あそこを見たときに、いずれ何がどうなったとしても何とかなんだなって思ったね。最終的にはみんなで来るか!?みたいな(笑)」

―― いや、せめて新世界止まりで…(笑)。

「そうだね(笑)。でもね、生き物としてすごいたくましい。生命力があるよね」


ぴあ関西版を手に@ぴあ関西でのWEB連載
開始をアピールする増子氏

―― なるほど。この連載、怒髪天のコンセプト“生きる事、働く事、遊ぶ事、食べる事、笑う事、泣く事、そして怒る事”。これに従って大阪の街や文化を巡りましょうか。

「そりゃすごい社会派だな。“労働者たちと向き合う!”みたいな(笑)。重いな~!おい!!」

―― まあ、変なこともやりつつ…。

「面白いこともやりたいね!」

―― そしてもう一つ、何の脈絡もないですが、連載が『ぴあ』絡みということもあり、仮でMOOK本『怒髪天ぴあ』を作るとしたら、どんな本にしましょう?

「それぞれの生い立ち、親にインタビュー…。周りの証言…。友達が多いから、いろんな友達が怒髪天をどう思ってんのか聞いてみたいね。そいつが選ぶ1曲とか。それとか、いろんな漫画家の人に4人を描いてもらいたいね。日野日出志先生 (※4)とか、楳図先生 (※5)とか。怖い!」

―― それは見たいですね~。

「もう、妖怪でしょ(笑)」

―― 坂さんの“ビフォー → アフター” (※6)も見てみたいですね。

「坂さんの子どもの頃からの写真を並べていって、うわ~って膨らんで、シュー!!っとしぼむ(笑)」

―― どんどん膨らんで行くんでしょうね(笑)。

「ど~~~~~わ~~~~~!!! シュ~~~~~~~!!(笑)」

―― 表紙はどうしましょう?

「写真にするか、先生に描いてもらうか…」

―― あ!『ぴあ』の及川先生 (※7)

「それ、いいわ。及川先生に描いてもらうのがいいね! それはもう決まりだね」

そんな『怒髪天ぴあ』の野望はたった今、発芽したばかり…。まずはWEB連載から地固めだ!ということで、次回は4月16日更新(予定)。お待ちかね、4月22日(水)リリースのニューアルバム『プロレタリアン・ラリアット』について伺います! お楽しみに!!

本文補足

※1アリラン
大阪は鶴橋にある、韓国家庭料理の店。キムチの種類も豊富で、兄ィのように何度も足を運ぶファンも多い名店である。

※2十三着
兄ィにとっての十三といえば、‘87年開店のライブハウス・十三Fandangoのこと。“音楽の神様”がそこにいる、と思えるほどの数々の名アクトが生まれた、関西音楽シーンを語るに外せないライブハウスである。
詳細はコチラ

※3シュッとしてる別の街
どうやら、梅田などいわゆるキタの街並みのことらしい。難波や新世界などのミナミに比べて、少々アーバンな印象があると言えばある。

※4日野日出志先生
ホラー漫画界の重鎮のひとり、日野日出志のこと。代表作は『蔵六の奇病』や『怪奇! 死人少女』など多数。タイトルだけでも十分恐ろしい漫画だということがお分かり頂けるかと思う。ちなみに『ドラえもん』のパロディ漫画『銅羅衛門』なども執筆している(もちろん怖い)。

※5楳図先生
言わずと知れた、赤×白ボーダーのファッション(に限らず今や家までも)がトレードマークの、ホラー、ギャグ、SFなど多彩なジャンルで活躍する漫画家、楳図かずおのこと。代表作は“グワッシ!”のギャグで一世を風靡した『まことちゃん』や、ドラマ化もされた『漂流教室』など多数。ユニークなキャラクターで、テレビ番組などのメディアでもよくお見かけすることと思う。

※6 坂さんの“ビフォー → アフター”
怒髪天ドラム担当の坂詰克彦氏は、長年自らの思うまま食べ続け飲み続けた結果、‘08年に痛風の診断を受けた。それを機にキャベツひと玉ダイエットをはじめ、多くのヘルシー食材で90キロ台だった体重を60キロ台まで絞ったのである。故に“ビフォー → アフター”とは“90キロ → 60キロ”、または“痛風前 → 痛風後”のことである。

※7 『ぴあ』の及川先生
創刊間もない’75年9月より現在も『ぴあ』の表紙を担当して頂いているイラストレーター、及川正通のこと。“同一雑誌の表紙イラスト制作者として世界一長いキャリア”として’07年に『ギネス世界記録』に認定された。フジテレビの笠井信輔アナなどファンも多数存在している。

 「増子直純の並ぶ!不定期シリーズ 第1弾!!」

今や全国的なブームを作り出した、大阪・堂島の新名物がロールケーキだ。取材当日も、ショップ近辺には長蛇の列が…。ということで、兄ィも並んでロールケーキをゲットだゼ!(微妙に古い)
「すごいな~! そんなに人気があんだね。甘いもの、いいよね。こないだ、いいとこのモンブランをもらってさ、めちゃめちゃおいしかったよ。で、昨日も取材で行ったホテルのラウンジにモンブランがあって。ホテルのそういうのっておいしそうじゃん。だから、どのくらいうまいのかと思って食ってみたけど、まあ、普通だったね」。以上、並んでいる間のスイーツ談でした。
ちなみにロールケーキ自体を食すと「あっさりしていてイイね! 卵そのものの風味とか感じられて。これに並ぶ気持ち、わからんでもないね」と絶賛! もしかすると堂島付近にコッソリ並ぶ兄ィの姿が観られるかも!?

(取材・文 岩本和子)

本コーナーに関するご意見・ご感想を、こちらまでお寄せください。

次号へ→