ホーム > 怒髪天 増子直純のナニワ珍遊道

あの素晴らしい茶番をもう一度! 去る4月21日、大阪BIG CATにて行われた怒髪天史上初の試み
『オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010 公開リハーサル「DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』
完全レポート!

←前号へ 次号へ→


Profile

怒髪天

どはつてん
’84年に札幌で結成。増子直純(vo/通称兄ィ)を中心に上原子友康(g/通称 王子)、清水泰而(b/通称シミさん)、坂詰克彦(ds/通称坂さん)の4人組で活動中。オトコくさくも人情味溢れる独特の音世界に支えられた圧巻のライブアクトで人気急上昇中のロックバンド。

オフィシャルサイト http://dohatsuten.jp/

Release

待ちに待った1年ぶりの大作到来!
オトナマイト・ダンディー
Album『オトナマイト・ダンディー』
発売中
インペリアルレコード
2800円
TECI-1277

ニューシングル発売決定!
『真夏のキリギリス』
7月14日(水)発売
1200円
インペリアルレコード
TECI-221

さらに!! DVDも同時発売!
『リズム&ダンディー "Dメン2010 日比谷より愛をこめて"』
7月14日(水)発売
4080円
インペリアルレコード
TEBI-48146

Live

『オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010
"NEO ダンディズム"』
Pコード:346-196
▼5月11日(火) 19:00 STARCLUB
▼6月4日(金) 19:00 U★STONE
▼6月5日(土) 19:00 BIGCAT
オールスタンディング3500円
※6歳以上は有料。
夢番地■06(6341)3525

チケットの詳細はコチラ

Link

女性自身WEB連載 増子直純の「男子たるもの」
http://blog.jisin.jp/dht/

 

あなたの夢叶えます! 怒髪天夢企画レポ

さて皆さん、『オトナノススメ』がリリースされたとき、購入者特典のひとつに「あなたの夢を叶えます」企画があったことを覚えていらっしゃいますでしょうか? その夢企画のひとつ「怒髪天のライブスタッフになりたい!」が実現したのも、この『オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010 公開リハーサル「DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』の現場だったのでした。夢のスタッフに選ばれたのは、大阪府にお住まいの片山さんと兵庫県にお住まいの佐藤さん。現場スタッフとして当日の昼過ぎから働くという、まさに夢の一日をすごされたお二人に、この日の感想を聞いてみました。

片山さん(写真左)
「連絡があったときには、すごく緊張しました。今日も眠れなくて、4時に起きました(笑)。“リハのリハのリハ”から見せてもらって、実際にライブが始まって。舞台の端からファンの方たちのキラキラした顔を見たとき、なんかもう、胸にこみ上げるものがあって。お客さんとして楽しめなかったのは残念でしたが、普段見られない光景を見せてもらってよかったです」

佐藤さん(写真右)
「“怒髪天の機材を見たい。シールドを巻きたい”という希望を出して、それが叶ったときは、うれしくて床を転がりまわってしまいました(笑)。今日は、最初は何もかもが凄すぎてしばらく実感がわきませんでした。片山さんと同じコメントになるんですが、ライブが始まってお客さんのキラキラした、うれしそうな表情が印象的でした。ちなみに、シールドはシミさんのものを巻き巻きしました!」

Back Number

第1回 第2回 第3回 第4回
第5回 第6回 第7回 第8回
第9回 第10回 第11回 第12回
第13回 第14回 第15回 第16回
第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回
第25回 第26回 第27回 第28回
第29回 第30回 第31回 第32回
第33回 第34回 第35回 第36回
第37回 第38回 第39回  

Twitter、U-STREAMで全世界に配信された、大阪だけのスペシャルイベント『DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』。ご招待イベントだっただけに、落選されて涙を飲んだ方もいらっしゃたかと思います。そこで、今回の『増子直純のナニワ珍遊道』は完全レポをお届け! もちろん恒例(?)のライブ写真一挙大放出50枚もあり! WEB版『DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』、開幕です!

開演前。舞台は既にセッティング済み。場内にはBGMが流れています。メンバーはどんなふうに登場するのかと思っていたら、“天の声”が。どうやら、イベントの趣旨説明のようですネ。ライブ現場の一日を、サウンドチェックから順を追って見せていただけるようですが、よりわかりやすく見せるためコントスタイルで臨まれるとのこと。場内はこの説明で大爆笑、一気に温まってまいりました!

まずはサウンドチェックから。

説明しよう。サウンドチェックとは、ドラム、ベース、ギターの順番でそれぞれマイクで拾った音をチェックして作りこんでいく作業のことを意味している。

 

開演前から実況されていたTwitterで、実は影で怒髪天を牛耳っていたことが判明した坂さんが登場。坂さん、そんな態度など微塵も見せず、かなり低姿勢でスタッフの方とサウンドチェックをされています。もう“舞台の人”なんですね。おサスガです! 続いて、シミさん、友康さんが登場し、最後は増子兄ィ。チェック中、さりげなく「ポゥ!」。マイケルモード、入ってますね! そうしてメンバー全員のチェック終了。どのようにシーン転換をするのかと思いきや、音声フェードアウトで舞台暗転。その上、暗転中には動きをぴたりを止めていた皆さん。いい仕事、してますね~。

続いてはモニターチェック1です。

説明しよう。モニターチェックとは、各自の立ち位置で自分が演奏しやすい音環境を整える作業のことを意味している。

 

ここでは実際に音を出してのチェックとなります。定番中の定番『酒燃料爆進曲』でモニターチェック! 会場からは拍手と歓喜の声が上がりました。また、坂さんが何か発言するたびにどっと沸く場内。もうその一挙手一投足で笑いを呼んでいます。さすがはロック界のおすべり神!

そしてモニターチェック2です。

説明しよう。外に出ている音の回り込みなどによって、リハーサルと本番ではステージ上の音が随分変わってしまうのだ。この2回目のモニターチェックとは、この差を最小限にするため、リハーサルで本番の環境を再現しやすくするべく外に出ている音をカットしてチェックを行うことを意味している。

 

「今日、何人入ってるの?」と動員数も確認する増子兄ィ。人の入り具合によっても音が変わってきそうですね。最高の環境を作り出すための確認に余念がありません。楽曲は『NO MUSIC, NO LIFE』でチェックします。ギターソロの間など、モニターの上に上がっても大丈夫かどうかも確認する増子兄ィ。「せっかくだから、全員乗った方がいいんじゃない?」との提案でシミさん、友康さんもモニターの上に。坂さんは一人、ドラムの周りでウロウロ。そうこうしているうちに暗転。

今度は立ち位置チェックです。

説明しよう。立ち位置チェックとは、決められた立ち位置を外れるとステージからの落下などの思わぬ事故を招く原因になるため、各自ステージ上での位置の確認をすることを意味している。

 

おやおや、坂さんもドラムセットから離れてステージ前方へやってきましたよ。皆さん、楽器を手にしていませんね。そうこうしているうちに『ドンマイビート』が流れてきましたよ! なななんと、4人一列になってのダンシングタイム突入。メンバー全員のドンマイダンスを見られるとは、これはかなり貴重です。ウェーブやEXILE名物人間光背(勝手に命名。説明しよう、光背-コウハイ-とは、仏像、仏画やキリスト教の聖人などの体から発せられる後光をあらわしたもののことである)など、かなり特訓されたに違いない息ぴったりのダンスに場内から大歓声が沸き起こりました。

そして最後に最終チェックを。

説明しよう。最終チェックとは、一連の作業の最終確認のことを意味している。ちなみに通常では、この作業を30~40分かけて行っている。

 

『酒燃料爆進曲』『NO MUSIC, NO LIFE』、そして『ドンマイビート』とやってきましたが、メンバーが真っ先に最終確認をしたのが『ドンマイビート』のダンス。史上初の踊る!大怒髪天です。それはもう立ち位置にきっかけ、タイミングと、ああでもない、こうでもないと厳しいダメだしが。その後、最後にもう1曲、『労働CALLING』をほぼフルコーラスで。そして……。
増子「坂さん、鼻、真っ赤だよ?」
坂詰「いや~、蚊に刺されちゃって!」
全員「……本番、ヨロシク~!!」
と、坂さんが蚊に刺されたというオチで世紀の大茶番が終了したのでした。

 さてここで、場内の照明が明るくなり、BGMが流れてきました。ライブ直前の熱気に徐々に包まれていきます。そして出囃子『祭り奏でる』が流れてメンバー登場、衣装もライブ仕様にチェンジです! 

「久しぶり~!大阪~~!!! なんかデジャブみたいだネ」と増子兄ィ。なんだか、私たちも、つい先ほどまで怒髪天を見ていたような気がします。そして、「今日はリハなしで臨むよ!!」と『オトナノススメ』『ヤケっぱち数え歌』を。続くMCでは「俺たちのリハーサルの感じをかなりリアルに見てもらった! ま、リハーサルがどんなにうまくいっても、本番であれ?ってときもあるからね。まあ、リハだけ見せてもアレなんで今日は何曲か…我々の練習もかねて新しい曲を!」と『オレとオマエ』『アフター5ジャングル』を。そして最後に、“渾身”という言葉を凌駕した、すべての力を絞り出した入魂の『ド真ん中節』を披露。“発売記念イベント”とは思えない、圧倒的なステージで締めくくったのでした。

 これでイベントは終わりかと思いきや、「公開記者会見」のコーナーに突入。ステージ上にて客席から選ばれた10組20名の記者さんたちによる質疑応答の時間が始まりました。しかも、いろいろと規制の厳しいこのご時世に関わらず、記者さんのみならずお客さん全員、なんと写真撮影OK! 動画もOK! フラッシュもバシバシたいちゃってください!という大盤振る舞い。さすが、“オトナの道楽”は違います。「目線、こっちくださーい!」など、なんちゃって記者会見は進みます。以下、質疑応答を。

Q1.増子さんのオススメのゲームはなんですか?

増子「『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』。絶対やった方がいい! Xboxを買いなさい!」

Q2.坂さんの体力づくりの秘訣はなんですか?

増子「体操。インナーマッスルを鍛える体操と野菜! 地味~に腰を左右にひねるんだよね」
※坂さんの実演あり。その怪しげな腰の動きに会場より悲鳴があがる。

Q3.ご自分のチャームポイントは?

シミ「お酒をよく飲む!」
坂詰「野菜で水分を摂ってる…」
増子「チャームポイントだよ!?」
坂詰「深く刻み込まれた皺ですね」
増子「オレは少年の心を忘れないこと。おもちゃ、ゲーム、大好き!」
友康「胸元かな! 丸首のTシャツはダメ!」

Q4.拳を振り上げたとき、その拳には何が入ってますか?

増子「心だね。魂が入ってる」

Q5.大阪は今まで何回もライブをされていますが、一番印象に残っていることは?

シミ「十三Fandangoでやったとき、友達のバンドが楽屋で鍋を振舞ってくれて。それで酒飲んじゃって、そのまま寝て。開演5分前に目を覚ましたんだけど、何が何だかわからないままライブしたことかな」
増子「あ~、あったな~」
坂詰「同じく、十三Fandangoですかね。飲みすぎちゃって、服を着てるか着てないかわかんなくなりました」
増子「あれだよ、打ち上げで全裸になって厨房に入って。全身に泡つけて出てきたっていうね。オレは、去年の6月のクアトロ。人生初! 1曲まるまる記憶が飛んだのは初めてだった。アンコールの『美学』やったときね、まるっきり覚えてなくて。もう、頭ぶっ飛んでたのは、後にも先にも、あの時だけだったね」
友康「何年か前のクアトロワンマン(注:2004年9月)の日、阪神タイガースがリーグ優勝する日とかぶってて。行くなって言われたけど終わった後に戎橋のあたりに行って。すごかったね!」
シミ「オレも道頓堀に飛び込みたい!って言ったら全力が止められた(笑)」

Q6.最近、親子でファンになりました。アルバムは3枚ほど持っていますが、オススメの曲を教えてください。

増子「今は『ド真ん中節』。一番の自信作。あらゆるものを作ってきた中から出来たから」
シミ「『如月ニーチェ』かな」
友康「僕は『銀牙伝説WEED』。それの2曲目の『つきあかり』が。あれは結構、いい曲だな」
坂詰「今を生きるという感じで、『オトナマイト・ダンディー』に入ってる『オトナノススメ』かな」

Q7.最近眠くてたまりません。最強の目覚まし的なものはありますか?

坂詰「眠いときは……寝ちゃう」
増子「オレも。しゃべってなかったら寝てるもん」
※質問者は受験生だそうです。眠気が勉強に支障を来たすそうですが…。
全員「寝た方がいいよ!」

 

 ここで残念ながらタイムアウトに。最後は全員で、映画のプレミアム上映会的に、客席も映りこむようにして記念撮影をしてイベントはついに終了~。コントにライブにトークと、ロックバンドの範疇を超えた、そして怒髪天のふり幅の広さと底知れぬ可能性を感じた一夜でした!

 

最後に、『ぴあ関西版』でもイベントご招待をさせていただきまして、多数のご応募をいただきました。ありがとうございました!

(取材・文 岩本和子/撮影 田浦薫(TAULab.))


 

本コーナーに関するご意見・ご感想を、こちらまでお寄せください。

←前号へ 次号へ→