ホーム > 怒髪天 増子直純のナニワ珍遊道

前号の坂さん大特集に続いての今号は、ギター王子こと上原子友康氏と、
酒とみどりのベーシスト清水泰而氏をクローズアップ!…のはずが!?

←前号へ  次号へ→


 

Profile

怒髪天

どはつてん
’84年に札幌で結成。増子直純(vo/通称兄ィ)を中心に上原子友康(g/通称 王子)、清水泰而(b/通称シミさん)、坂詰克彦(ds/通称坂さん)の4人組で活動中。オトコくさくも人情味溢れる独特の音世界に支えられた圧巻のライブアクトで人気急上昇中のロックバンド。

オフィシャルサイト http://dohatsuten.jp/

Release

Single『オトナノススメ』
11月4日(水)発売
インペリアルレコード


初回生産限定盤<CD+DVD>
3000円
TECI-193


通常盤<CD>
1000円
TECI-194

<CD収録曲>
1.オトナノススメ
2.武蔵野流星号

赤坂BLITZのライブ映像と、今回はなんとツアー移動や楽屋裏までマル秘密着大公開!? 超濃厚なライブ映像&大爆笑必至な珍道中、全80分抱腹絶倒大満足間違いなし!
<DVD収録曲>
1.GREAT NUMBER
2.労働 CALLING
3.マン・イズ・ヘヴィ
4.うたのうた
5.サムライブルー
6.全人類肯定曲
7.NO MUSIC, NO LIFE.
8.セバ・ナ・セバーナ
9.よりみち
10.酒燃料爆進曲

Live

『怒髪天結成25周年特別企画 “オールスター男呼唄 秋の大感謝祭 -愛されたくて…四半世紀-”』
▼10月29日(木) 19:00
渋谷AX
出演:怒髪天+怒髪天にゆかりのあるゲスト多数

 

※今回は、スペシャル動画シリーズ『俺達の怒髪天』はお休み致します。

Back Number

第1回 第2回 第3回 第4回
第5回 第6回 第7回 第8回
第9回 第10回 第11回 第12回
第13回 第14回 第15回 第16回
第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回
第25回 第26回 第27回 第28回
第29回 第30回 第31回 第32回
第33回 第34回 第35回 第36回
第37回 第38回 第39回  

前号に続いて、怒髪天全員集合でのインタビューです! 今号は、ギター王子こと上原子友康氏と、酒とみどりのベーシスト清水泰而氏をクローズアップ! …のはずでしたが! 続きは読んでのお楽しみです。とても長いインタビューとなりましたので、休み休み、お読みください! そして現在発売中のぴあ関西版では東京はSHIBUYA-AXで開催されるアニバーサリー記念ライブへ1名様を交通費&宿泊費込みでご招待! こちらも要チェックですぞ!

 

--さて、坂さん特集はいったん終了し、続きましては友康さん、シミさんにお伺いいたします。よろしくお願いします。同じく大阪でのトークイベントで、増子さんは友康さん、シミさんにもキャッチフレーズをつけられました。まず、シミさんが「泥酔園芸男」。シミさんの家庭菜園はいつからなんですか?

シミ「あれは、去年から…」

増子「あんなに本格的なものになるとは思わなかったよ」

--畑の規模はどのくらいなんですか?

シミ「1畳くらいかな」

増子「シミが借りた家に中庭があって。(野菜作りを)やりたいやりたいって言ってて。“できんのか?”って言ってたんだけど、ちゃんと土から作ってね。最終的には坂さんをバラバラにして」

シミ「肥やしになるぞ!って」

坂詰「発見されてボンズに調べられるっていう」

増子「また粗いボケを。何でも枯れてきちゃったりして」

--まあ、きっかけは、そういう中庭がある家に入居されて…。

シミ「スーパーに苗があって、ちょっと植えてみようかなって。その時はプランターだったんだけど、今年は庭に」

増子「シミは本気だよ」

シミ「土からちゃんと作ってます! この夏はきゅうりとトマト、なすとピーマンと唐辛子。あと、とうもろこし」

増子「そんなにやってんの!? とうもろこしはイケそうか?」

シミ「今回は実験で」

増子「清水実験農園だ」

シミ「そこから坂さんのところに出荷するからね」

坂詰「案外、美味しいんですよ」

増子「シミが“どうどうどう~”っつったら、坂さんが“あーー!!”って寄って来て」

坂詰「みずみずしい味がして」

--野菜は無農薬ですか?

シミ「坂さんには一応そう言ってるけど、農薬は使ってる…」

坂詰「そうだったの!?」

増子「乗ってきたね! 坂さん、珍しく乗ってきてるよ!」

--ロックバンドと農園というのが、何とも対極な感じがしますね。

増子「割といるよな?」

シミ「結構いますよ」

増子「都会にいると、逆にそういうものに憧れるっていうか。俺はないけど」

シミ「そういうの嫌いそうだもんね」

増子「でも、野菜は無農薬の方が絶対にうまい。間違いなく。だから、野菜を生で食うときはちょっと高くても無農薬のものを買うようにしてるよ。まあ、煮たらな、しょうゆだの塩だのって味付けして、多少は分かんないかもしれないけど。サラダとかさ、生で食うやつだったら全然違うよ。ね! ……あれ? (坂さん)安いやつばっかり買ってる? まあシミ、いずれ物販で売るって言ってたよ。“私が作りました”っていうコピーを置いて。で、物販で売ってたら、坂さんが並んで買ってるんだよ。坂さん、大喜びだよ。うしゃー!って」

シミ「坂さんが宣伝隊長だからね。うまい!っつって」

増子「いいんじゃないかな、坂さん」

坂詰「いいな」

増子「でも、売るほど採れんのか?」

シミ「ミニトマトだったらいっぱい採れるよ」

増子「1日だからさ、1日で売らなきゃいけないから」

シミ「うーん…」

増子「もって2日だべ?」

シミ「いや、結構もつよ」

増子「そうか? まあ、ちょっとダメになったら坂さんに」

シミ「そうそう、廃棄する時は坂さんに」

増子「それいいな。物販で野菜な」

友康「じゃあ、野菜用に軽トラ1台」

増子「“清水何とか農園”みたいなTシャツ作ったらいいんじゃない」

--カラスとか、鳥の被害なんかは大丈夫ですか?

シミ「今年はちょっと虫がついてた。それが心配で。でもあれなんですよ、虫がいっぱいついてると小鳥が来るの。小鳥が食べてくれるから」

増子「小鳥が来ると、カラスが来るの?」

シミ「小鳥が来ると、猫が来て」

増子「猫が来ると?」

シミ「えーっと、…坂さんが来る」

増子「そして猫を食う」

シミ「怖い(笑)」

増子「怖いわ、坂さん。猫、食ってんだもん!」

--では続いて友康さんにお伺いします。キャッチフレーズは「ギター脳」でしたが。

友康「ギター脳?」

増子「ゲーム脳じゃなくて、ギター脳ね」

友康「ああ! 確かにそうかもしんない。自分じゃわかんないけど」

増子「ゲーム脳と一緒」

友康「趣味が何もないから。だから部屋で音楽を聴いて、ギターの本を読んで、ギターを弾いて、酒を飲んでれば一番幸せ」

増子「酒はワインね」

--ギターはずっと弾いているんですか?

友康「うん、ずっと弾いてますね。ツアー中もホテルで」

増子「何か、小っちゃいギターを手に入れちゃったからね。機材車の中でも弾けるようになっちゃったから」

友康「そうそう」

シミ「風呂でも弾けるのが出てるよ」

増子「風呂に入るときくらい、体洗って、頭洗って。体を洗わないでギターだけ洗っちゃったり」

友康「何か趣味みたいなのがあればいいけど。趣味がある人がうらやましいですね」

増子「ないよな?」

友康「うん。全然ないから」

増子「ずーっと、ギターばっかだもん。車が好きでもなければ、ゲームが好きなわけでもない。食道楽でもなければ、オモチャが好きなわけでもない。漫画でもない。坂さんでもない。ほんっと、ギターだよね」

友康「そうですね、ライブとか、レコーディングが終わった後とか、リフレッシュするのもギターだったり。そういう小さい中で満足しているっていうか」

--それは昔からなんですか?

友康「昔からそうですね。中学、高校から変わってないんじゃないかな、やってることが。そこに酒を飲むことが入ったくらい。でも最近は、朝にウォーキングをやってみたり。体を動かすことをちょっとやり始めたらすごい気持ちよくて。その分、早く眠たくなっちゃうんだけど。夜は11時ぐらいに寝ちゃったりして」

増子「運動も体のメンテナンスだからね」

シミ「友康さん、あれだよ、登山やりなよ、登山」

増子「俺も高尾山とか登ったりして、ああ、いいなって思ったんだけど、アレは帰りだよ、帰り!」

シミ「そうそう、登るときはいいんだけど」

増子「下山が本当につらい。だってつまんねぇんだもん、下山」

友康「つまんねぇって(笑)」

増子「だけどほら、下山は疲れるし。下山がなきゃいいんだけど。登りっぱなしだよね(笑)」

友康「最近はウォーキングが楽しみになっちゃって。何年か前に1回、走ったことがあるんだけど、足がおかしくなって病院に通っちゃって。それから走るのが怖くなって、今は歩くようにして。ツアー先で知らない街を歩くのが楽しくて。地図を見て、水がありそうなところだったら、そっちに向かったりして。初めて行くところが多いからね。すごい楽しいですよ」

増子「靴もそれ用のものを持ってきてるしね」

友康「そう。ウォーキング用の靴。あとウィンドウブレーカーと、ジャージと」

--結構、本格的なんですね。

友康「本格的に。前は夜に歩いてたんだけど、やめたんだよね。俺、体がでかいからシャカシャカシャカシャカ、音もでかいんだろうね。前を歩いている仕事帰りっぽい女の人とかビクっとしちゃって。だから朝に歩くことにして」

増子「俺も昔は走ったりしてたけど、運動はもうライブで充分だね。あと、ツアー中はなるべく食べるようにしてるね。少し蓄えておかないと。“今日はまあ、いいや”って食わないで電池が切れたりしたら困るから。坂さんは運動とかしてる?

坂詰「僕は…」

増子「ちょっと足を浮かせてみたりとかさ、インナーマッスルとか言って、気持ち悪い動きをしてるよね」

坂詰「疲れない運動。疲れない運動をしているんです。今、増子さんがおっしゃったんですけど…」

友康「増子さん(笑)」

増子「俺のことは完全に他人だから(笑)」

坂詰「インナーマッスル系を意識して…」

シミ「でもよく歩いてるよね。あれは違うの?」

増子「腹が減ってんだよ」

坂詰「あれはね、いろいろ…」

増子「スーパーを探してね。野菜ゾンビだから。野菜求めてウロウロして」

坂詰「昨日も谷町の方の『スーパー玉出』に行きました。すごい遠かった」

友康「グーグルマップでね、調べて」

坂詰「あそこ、確か24時間ですよね」

増子「今日は行かなかったの?」

坂詰「今日は『スーパー玉出』に行く途中に“グルメ何とか”ってところ見つけて、そっちに行っちゃった」

増子「野菜は買わなかったの?」

坂詰「野菜は見に行った」

増子「“あ、野菜だ”と思って?(笑)。大丈夫? 坂さんね、肩甲骨だけを動かす運動とかしてるんだよ。インナーマッスルを鍛えて、ライブとかでも全然、疲れなくなったって。でも、こないだはアホみたいに疲れてたな。どういうことだ? はぁはぁ言って。すっごい疲れてたよ、こないだ」

--それは自己流で鍛えてるんですか?

坂詰「それは、文献とか…」

増子「文献!! 学者か! 分野だの、文献だの」

友康「文献(笑)」

増子「古墳から見つけてきちゃった」

坂詰「そうですね。本とか、WEBとか」

増子「“文献”、これから使おう…(笑)。本だよね?」

友康「坂さんの隣に座ったときとか、普通に座ってると思ったらちょっと片足が浮いてたり」

増子「そう」

友康「そういうことをやってたりすんの」

増子「そう。気持ち悪い。何やってんだ?って」

シミ「坂さん、本気で空中に浮けると思ってんだもん」

坂詰「いや、こないだちょっと浮いたんです」

一同シーン。

坂詰「冗談です」

シミ「当たり前だろ(笑)」

増子「会場内では常にちょっと浮いた感じであるからね」

一同「うまいね!うまい、うまい!」

坂詰「おサスガです!」

増子「おサスガ(笑)。初めて聞いた(笑)」

友康「おサスガって(笑)」

増子「慇懃無礼だよね」

友康「ははは!」

増子「ほんと、さすがだよ。でも、坂さんは健康に気を遣っていろんなことをしてるよ。骨だけで動くって言ってたよね。物理的に無理です」

シミ「筋肉は要らないっつって」

坂詰「基本的には筋肉は要らないです」

増子「骨組みだけじゃ動かない!」

坂詰「極端な話ですけどね」

増子「極端すぎるよ!」

--それはダイエットしてからですか? それとも前から?

坂詰「前から気になってて」

増子「『月刊 秘伝』って本があるんだけど、そういう本ばっかり読んでるよ」

友康「すっごいマニアックな本があるんだよね」

増子「そう、いろんなものの秘伝が載ってる(笑)。タレとかじゃなくて? 体術とかか?」

坂詰「そういう古武術系のものが…」

--呪いとかはないんですか?

友康「そっち系も好きだよね?」

増子「『ムー』系も大好き」

坂詰「ムー! なんつって…」

増子「全然、おもしろくない」

シミ「おしゃべりの秘伝を教えてもらった方がいいんじゃない?」

増子「坂さんが今、一番気になってる、ブームは、人間?」

坂詰「人間。北極の人間っていうのがいるんですよ」

増子「北極にいるの」

坂詰「くじらぐらいの大きさの生物が。くじらぐらいの大きさで、人間の形した…」

増子「人間の形っていうか、ヒト型だよね。ぼーっとしたイカっていうか」

シミ「長くて、星みたいな」

--それが北極にいるんですか?

坂詰「海に浮いているんです。昔から調べている人がいたから、北極では常識で。最近、捕鯨反対でくじらを捕ってないじゃないですか。くじらが増えたばっかりに…。くじらが増えるとその人間も増えるらしい。で、調査隊たちは、“これだから困るんだよな”って言ってるんですよ」

--鯨を捕らないから…。

坂詰「そうそう。人間が増えるから、鯨を捕るのが止められるのは困るって」

一同 ……?

増子「何で人間が増えるの? くじらが増えたら人間が減るっていうのは分かるけど」

坂詰「…鯨、食ってるのかな?」

増子「鯨を食ったら人間が増えるの?」

坂詰「いや…、それはちょっとわからないです」

シミ「違うんじゃないか?」

友康「じゃあ、鯨がいなくなると、人間もいなくなるの?」

坂詰「そんな感じになるらしいです」

--その人間が悪さをする報告とかってあるんですか?

坂詰「いや、そういう悪いことはしないらしいですね。結構、船にぶつかったりする…」

シミ「危ないよ」

増子「今、小学生に話を聞いた。子どもに聞いちゃったよ。船にぶつかったりしちゃって危ない!!」

シミ「道端の立て看板じゃないんだから(笑)」

--それでは、話題を変えまして、今度は逆にお三方が増子さんにキャッチフレーズをつけてください。

増子「坂さんは昇天2秒前だから」

シミ「2秒しかないんだ」

増子「2秒しかない。じゃあ、シミからいこうかな」

シミ「おしゃべり大魔神かな。大魔王かな?」

増子「そんなに大きくないけどね。おしゃべりおじいちゃんっていうのもあるよね」

シミ「面白いことがポンポン、よく出るよね。頭の回転がいい証拠だから、すごいなって」

増子「お、ほめてるね。友康は?」

友康「行動的だなって思いますね。多趣味っていうか。いろんなことに興味があって。何ていうのかな、こういうのって。一言で言うと…。間逆ですよね、僕と…」

増子「子ども脳だろ(笑)」

友康「子ども脳かな」

増子「老人脳? あれ? 違う…?」

シミ「さあ、坂さん!」

増子「坂さん、これね、3段オチっていって、一番おいしくて、一番ハードルが高いところだよ」

坂詰「そうですね。やっぱり一言で言うと“いろいろスマート”」

増子「出ました、“いろいろ”」

坂詰「何事もスマートにこなしていらっしゃいます」

増子「そんなことないでしょ」

坂詰「常にジョークを持ちながら、苦労していながらも人に見られるところはスマートでいらっしゃる…。すばらしい感じ!」

増子「何か助け舟求めてる感じが」

シミ「何を言ってるかよくわかんない」

友康「小言ジジィ」

増子「小言ジジィ! 本当は小言ジジィって言いたいんでしょ(笑)」

シミ「本当は“俺に対してのジャイアン”って言いたい」

坂詰「そんなことないよ!」

増子「“マイ・ジャイアン”。“マイジャ”だよ。“いろいろスマート”か…。坂さんもやりますな。坂さんの方が今、スマートだからね」

坂詰「そうスね」

増子「あらゆる意味で」

坂詰「スマートに見られるってことは嬉しいですね」

増子「何で逆になってんの!? いつの間にか俺がほめてることになってるよ。“スマートに見られるのは嬉しいですね”だって。ワハハハハ! 何の話だったんだろ?」

一同 爆笑

増子「怖い!」

--この取材の着地点がわからなくなりました。

増子「坂さんは全然、(着地点が)ないからね」

シミ「空中に浮いていく感じだよね」

友康「20年ぐらいに前に、ミニコミで同じような質問をされたことがあって」

増子「ミニコミでね、あったあった」

友康「各メンバーをどう思うかみたいな質問で。それで“世渡りが…”」

増子「そうだよ、坂さん、俺のこと“世渡りがうまそうだ”って答えて。ひどくない? “これ、俺の悪口を言ってるよ”って坂さんを問い詰めたら、“違います!違います!”だって。違わねーよ! 思いっきりフリーペーパーに載っちゃって。俺のイメージ、“世渡りがうまそうだ”」

坂「それ、悪口で言ったんじゃないんですよ」

増子「当たり前だよ! 俺もせっかく、坂さんのことを“器のデカイ人間だ”とか言っても無駄だよね。いきなり悪口を言われるんだもん。坂さんだけはホント、ひどい。ひどいから覚えてたんだけど」

シミ「そういう人だから。俺のことは“変なヤツ”って書いたよ。だから俺も“変な人”って書いた」

増子「そうそうそう、そうだった、同じこと書いてた。悪口合戦だよ!」

(おしまい)

 

結局は、坂さんに着地してしまうという怒髪天全員集合インタビューは、いかがだったでしょうか? 次号は早くも記念すべき第10回目です! 11月5日発売号のぴあ関西版にて5ページもの怒髪天大特集を掲載! それと連動したインタビューをこちらでもアップする予定なのでお楽しみに!

(取材・文 岩本和子)



 『響都ノ宴』写真館!

先日京都で開催されました怒髪天presents『響都ノ宴』は皆さん、いらっしゃいましたでしょうか? せっかくなのでその模様を少しばかりお見せ致します!


メンバー全員感激したという、磔磔スタッフによる『響都ノ宴』
看板


これぞロックンロール! 1日目はThe Birthdayの
艶っぽいステージで幕開け


The Birthdayに負けじと渾身のステージを披露する
我らが怒髪天!


終演後にはこんな贅沢なカンパイが! 初日お疲れ様です


ジャジーでお洒落アレンジの怒髪天! 斉藤和義も絶賛したというアコースティックセットで贈る2日目

下駄は初日に河原町で買ったんですよ


2日目最後はゲストのTHE BEATCRUSADERSとの
ハッピーなセッションでシメ!


the blondie plastic wagonのパワフルな
ステージングでいよいよ最終日へ


怒髪天もオーディエンスも全ての力を出し切り、怒涛の3日間は終了! 今から来年が待ち遠しい大成功の『響都ノ宴』でした

ぴあ関西版  “怒髪天=ライブ!! ”、まさに彼らといえばこれに尽きることを証明してくれた3日間だったのではないでしょうか。熱きオトコたちの魂に触れ、待たれるはアニバーサリー記念ライブ『オールスター男呼唄 秋の大感謝祭 -愛されたくて…四半世紀-"』! チケットは即日完売だったため、涙を呑んだ方も多いと思われます…。そこで! 現在発売中のぴあ関西版では1名様にご招待をご用意!! しかも交通費&宿泊費も込みですぞ! 締切は10月22日(木)なのでまだ間に合います! ぜひこちらもチェックしてみて下さいね。

 

本コーナーに関するご意見・ご感想を、こちらまでお寄せください。

←前号へ  次号へ→