ケンドーコバヤシのたまらない店|魂のランキングルメ|たまラン|ケンドーコバヤシ|ケンコバ|笑い飯|寿司|グルメ|お笑い|演劇|演芸|ぴあ|関西|ぴあ関西版WEB

ホーム > 魂のランキングルメ~たまラン~ 「ケンドーコバヤシのたまらない店」




「美味さ」と「魂」を兼ね備えた飲食店を10年間に渡って紹介し続けている本企画が
「ケンドーコバヤシのたまらない店」としてWEBにて復活してから早や1年半。
お馴染みの人気芸人たちと共に関西のたまらん店を月イチでお届けします。
今回はケンコバ委員長の大好物メニュー、きつねうどんがイケるうどん店を紹介します!!

取材・文:鈴木“GORI”秀明、木南 鼓、岡田あさみ
撮影:木南 鼓、村瀬高司、武田憲久
協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

EVENT

最新刊発売&連載10周年を記念した
最初で最後(?)のプレミアイベントが
なんばグランド花月にて開催決定!!

『劇場版ケンドーコバヤシのたまらない店
~魂のランキングルメ たまラン~』

【日時】4月25日(木) 開場19:00 開演19:30
【会場】なんばグランド花月(大阪)
【料金】全席指定 前売2300円 当日2500円
【出演】ケンドーコバヤシ/バッファロー吾郎A/
テンダラー/浅越ゴエ/笑い飯/
シャンプーハット てつじ/レイザーラモンRG
【スペシャルゲスト】YUKA

イベントレポートはこちら

PROFILE

すでに9年以上も『魂のランキングルメ~たまラン~』の評議委員長を務める、よしもと屈指の美食家。今企画をまとめた本『ケンドーコバヤシのたまらない店』シリーズが現在好評発売中。『にけつッ!!』(読売テレビ)などTV、ラジオなどレギュラー出演番組多数あり。

次世代の5upよしもとの顔として見事「煌TOP3」の座に就いた、川原克己(左)と瀬下豊(右)による人気お笑いコンビ。主にコントを得意とし、2008年、2009年の「キングオブコント」ではファイナリストに残る活躍を見せている。共にお酒好きのグルメだけに、本企画での今後の活躍に注目。

たまランの本

ケンドーコバヤシの
たまらない店
(ぴあ) 
税込680円

※現在、在庫切れ

ケンドーコバヤシの
もっとたまらない店
(ぴあ) 
税込680円

※現在、在庫切れ

ケンドーコバヤシの
たまらない店
(ぴあ) 
税込680円

購入はコチラ



たまラン記事一覧

 

第15回 ケンコバ委員長の大好物 きつねうどん

たまラン企画11年目のスタートは
ケンコバ委員長の大好物きつねうどん!

コバ「今回は天竺鼠が初登場か」
天竺鼠「よろしくお願いします!」
コバ「たまラン企画がこの春に丸10年を迎え、11年目の船出という節目の回に、よりによってオマエらか」
瀬下「食べるのめっちゃ好きなんで頑張りますよ!」
コバ「ま、この本を読んでグルメというものを勉強しておけ(と言って、『ケンドーコバヤシのたまらない店』最新刊を渡す)」
川原「ありがとうございます」
瀬下「めっちゃ嬉しいです!」
コバ「オマエたち、きつねうどんは食べてるか?」
瀬下「うどんはよく食べますけど、きつねうどんはあまり食べないですね」
コバ「そんなヤツは帰ってくれ。オマエに辛い思いをさせたくないから、言ってるんやぞ」
瀬下「ちょっと、待ってくださいよ! もちろん食べたことはありますから。あの甘めの揚げがちょっと苦手なだけなんですよ」
コバ「ま、関西の揚げはたいがい甘めやからな」
川原「ボクはきつねうどん大好きです。というか、ボクは食べ物は何を食べても美味しいと思ってますから」
コバ「川原は味覚オンチやからな。だいたい、オマエみたいに醤油とソースとケチャップがダメなヤツなんておらんぞ」
川原「でも、揚げは大好きですよ。おじいちゃんが揚げしか食べない人だったんで」
コバ「きつねうどんと言えば、やはり揚げやからな。すべてを受け止めるあの油揚げのフトコロの広さは凄い。受動態というか。おそらく、オレが見たところ梨よりも水分含んでると思うんやけど」
川原「めっちゃジューシーですもんね」
コバ「ラグビー部でヒザ痛めた時、揚げを貼ったろかと思ってたから」
瀬下「冷えないですって」
コバ「そして、きつねうどんはダシも重要。特に大阪うどんはダシが命やからな」
川原「ちゃんとダシで勝負している店はいいですよね」
コバ「オレはラグビー部の試合の時、ハーフタイムにダシ持って来いって言ってたほどのダシ呑みやからな」
瀬下「さっきから、どんなラグビー部だったんですか」
コバ「しかも、オレは上品なうす味のダシが好きやから」
瀬下「イメージ的にはすごく濃い目のダシを好みそうですけど」
コバ「この本(ケンドーコバヤシのたまらない店)でRGも言ってるように、実はうす味を好みがちやから」
天竺鼠「(爆笑)」
コバ「うす味で旨みを出す方が、実際難しいからな。足してないというか。まさに女と一緒やな」
川原「どういうことですか?」
コバ「なんやかんや言っても、女はすっぴんがええのと一緒ということや」
川原「自分が醤油とかを嫌うのも同じですよ」
コバ「しかし、醤油を嫌いって言われたら、もうこの国から出て行けとしか言いようがないからな」
3人「(爆笑)」
コバ「日本にいる意味がないやろ」
川原「そんなことないですって」
コバ「とりあえず今からTHE大阪うどんな店に連れて行ってやるから、何か『きつねうどんあるある』でもあれば言ってみろ」
川原「きつねうどんに限った話じゃないかもしれませんけど、麺がビショビショになるとかないですか?」
コバ「当たり前や! ゆがいた上に出汁に入れとんねん。カラカラやったらどうすんねん!」
川原「ビショビショというのが第一印象ですね」
コバ「川原、それは“あるある”じゃなくて“ある”や!!」

 


かすうどん うのたけ
●大阪・難波

始発までOKの極上かすうどん専門店!

極浄うどん うだま
●大阪・大阪駅前ビル

和牛の希少部位が贅沢に盛られた肉きつね

うどん屋 きすけ
●大阪・豊崎

スレンダーなハード系の麺が踊る

讃岐うどん今雪
●大阪・梅田

讃岐に負けない旨さと、充実のアルコールに歓喜!

呑めるうどん処 とうがらしや
●大阪・南船場

呑みからシメうどんまで便利な1店完結

V 隆慎
●大阪・上本町

国産小麦使用の“極上手打ちきつねうどん”

本格さぬきうどん 穂乃香
●兵庫・尼崎

出汁の旨みを吸い込んだ歴史ある六甲あげ

讃岐麺房 すずめ
●兵庫・三宮

本場讃岐で修業した本格手打ちの実力店

 

 

←「たまラン最新刊発売&イベント開催情報」 第16回「オトコひとりでもOK!なパスタの旨い店」→