連載

ホーム > 魂のランキングルメ~たまラン~ 「ケンドーコバヤシのたまらない店」


「美味さ」と「魂」を兼ね備えた飲食店を紹介し続けている本企画が
雑誌「ぴあ関西版」でスタートしてから15年半。
お馴染みの人気芸人たちと共に、関西のたまらん店を月イチでお届けします。
今回はタイ料理が美味しい注目店ばかりを集めました!

取材・文:鈴木“GORI”秀明、木南鼓、李宗和
撮影:村瀬高司、木南鼓、李宗和
協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

第69回 クセになるタイ料理

月亭方正がたまラン初登場!!
憧れ(?)のセンパイの登場にケンコバ委員長は!?

コバ「ザキさん(方正の愛称)、ご無沙汰しております!」
方正「今日はグルメの取材らしいけど、何食べに行くんやったっけ?」
コバ「今日は天満にあるタイ料理のお店に行かせていただきます。ザキさんは結構外食とかされてるんですか?」
方正「落語を始めてから、食べに行かなくなったわ」
コバ「お酒も飲んでないんですか?」
方正「かなり減ってるな」
コバ「でも、何年か前ですけど『オレはもう酒は日本酒しか飲まへん』ってオレに言ってませんでしたっけ??」
方正「(爆笑)それは、落語をやる前のオレの迷走時期やわ。髪型も前髪パッツンとかしてた時あったやろ」
コバ「芸人が全員毛先を遊ばせてたあの時代に、やってましたよね(笑)」
方正「でも、コバはあの時『そういう髪型する方正さんこのホンモノの芸人ですよ』って言ってくれたんよな。あの言葉に結構救われたわ…って、これ何の取材??」
コバ「(爆笑)タイ料理食べに行きますから」
方正「タイと言えば、電波少年INTERNATIONALで初めて行ったけど、あれは本当キツかったわ~」
コバ「今から20年以上前ですよね」
方正「正直、あの時代に戻れって言われたらオレもう芸人やってないと思うわ」
コバ「自分はあの時代のザキさんを見て、芸人っていいなと思いましたからね。ある種の憧れもありましたよ」
方正「ウソつけ!(笑) 全然芸風違うやん」
コバ「当時はよくいろんな人に言ってたんですけどね。ケンコバは方正に憧れているって、耳に挟んだことなかったですか?」
方正「1回も無いわ!! まだ陣内の方がちょくちょく言ってくれるわ」
コバ「(爆笑)」
方正「でも、思い出したけど、オレが東京で焼きそば専門店やろうかと考えていた時に、確か芸人全員が反対したけどコバだけは『いいと思います』って言ってくれてたよな」
コバ「そうですよ。今ようやく大阪でも焼きそばの専門店が増えてますけど、15年前から言ってましたもんね」
方正「オレ、先見の目あると思ったやろ」
コバ「いや、オレは単に焼きそばが好きだから『いいと思います』って言ったたけで…」
方正「コバはオレを気持ちよくさせといて、すぐ落とすからな(笑)」

 

仲村食堂

旅人シェフのタイ食堂 KHAO
●大阪・天満

食の激戦区に誕生したタイ食堂の新星

すたんどTAI THAI

すたんどTAI THAI

●大阪・難波

タイ料理の老舗の味をスタンドでイケる穴場!

タイ食堂RAK

タイ食堂RAK
●大阪・堺筋本町

美人店主の日本風タイ料理にハマる人続出!?

アジア食堂カフェ カオヤム堂

アジア食堂カフェ カオヤム堂
●大阪・天神橋筋六丁目

天六の穴場!アジア食堂カフェが話題沸騰

CHADA THAI RESTAURANT

CHADA THAI RESTAURANT
●兵庫・武庫之荘

タイ人スーパーシェフの料理が旨い穴場店

D.D. Thaifood

D.D. Thaifood
●兵庫・元町

鯉川筋から1本西にタイ料理の穴場あり

パッタイ

パッタイ

●京都・西院

ベテランタイ人シェフの料理をアットホームに

チャバ

チャバ
●京都・丸太町

「タイの家庭料理」枠にとどまらぬ美味しさ

 

 

←第68回「大衆食堂の他人丼」


PROFILE

すでに15年も『魂のランキングルメ~たまラン~』の評議委員長を務める、よしもと屈指の美食家。今企画をまとめた本『ケンドーコバヤシのたまらない店』シリーズが現在好評発売中。『にけつッ!!』(読売テレビ)などTV、ラジオなどレギュラー出演番組多数あり。

2008年5月11日、月亭八方に入門し「月亭方正」の高座名をもらう。2013年には芸名自体を「山崎邦正」から改名し、すべての芸能活動を月亭方正の名で行っている。現在は落語家として全国各地で多数の高座をこなしながら、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)などテレビ番組でも活躍中。著書に『僕が落語家になった理由』(アスペクト)、『奇跡』(遊タイム出版/山崎邦正名義)などがある。

INFORMATION

『落語は素晴らしい
噺家10年、 根多が教えてくれた人生の教え』

月亭方正・著

落語が教えてくれた人生のヒントと知恵を元につづる落語エッセイ。 芸人時代の苦悩、落語家になったきっかけ、月亭八方師匠のこと、錚々たる師匠方につけていただく稽古のこと。 落語に癒され、慰められ、励まされてきた10年間を素直につづった落語エッセイ。 上方古典落語を中心とした十五根多のあらすじと、方正流解読も収録!

判型:四六判、208p
価格:1389円+税
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス

BOOK

過去の連載を一冊にまとめた
たまらない店シリーズの

最新刊が現在大好評発売中!

『ケンドーコバヤシのたまらない店』
発売中
本体740円+税
ぴあ
詳細はこちら


EVENT REPORT

たまラン本発刊を記念して
なんばグランド花月で開催された
スパイス香るカレーイベントの
一部始終をレポート!!

たまラン記事一覧