インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > カレー大好き“たまらんメンバー”によるとっておきの カレー屋情報から納得の“カレーあるある”までカレー 一色に染まった『劇場版ケンドーコバヤシのたまらない 店2 ~関西印度化計画~』の模様をレポート!

カレー大好き“たまらんメンバー”によるとっておきの
カレー屋情報から納得の“カレーあるある”までカレー
一色に染まった『劇場版ケンドーコバヤシのたまらない
店2 ~関西印度化計画~』の模様をレポート!

4月24日、なんばグランド花月にて『劇場版ケンドーコバヤシのたまらない店2 ~関西印度化計画~』が行われた。このイベントは、ケンドーコバヤシが13年にわたって続けているぴあ関西版WEBの人気連載『ケンドーコバヤシのたまらない店』の文字どおり“劇場版”。人気カレー店主とカレー大好き芸人の“たまらんメンバー”がカレーについて大いに語る、カレー愛一色のイベントだ。


15_04_24_030.JPG
オープニング、ケンドーコバヤシ(以下、ケンコバ)が舞台に登場。「13年前といえば僕がまだ20代ギリギリの頃。29歳のときのよしもとのギャラは10万円を超えていませんでしたが…今は! 7、800万、いや!1000万くらいです!」と開口一番。そんな“ケンコバドリーム”に会場から大歓声が。そのリアクションを受けて即座に、「いや、今は月12、3万は堅い」と訂正するも「そんな男がNGKの舞台に立っているんです! ありがとうございます!!」と“ケンコバドリーム”再び、またしても歓声に包まれた。

そして“カレーなら俺に語らせろ”といわんばかりのカレー大好きたまらんメンバーを続々と舞台に呼び込んだ。博多華丸・大吉 華丸、笑い飯、MCを務める清水けんじ、そして女と男・市川が「たまらん」キャラクター、その名もたまらんくんに扮して登場。イベントでは検索マシーンとしての活躍が期待された。一通り自己紹介が終わったところで「カレーをやるなら俺にも言わせろ」と某大物アーティストがNGKに来られているらしいとケンコバ。と、そこへ客席通路から大槻ケンジ風のメイクを施したレイザーラモン・RGが登場!「カレーあるある言ってしまえー!」と絶叫し、筋肉少女帯の『日本印度化計画』に載せて“カレーあるある”を一席、「大盛りにしたらルーが足りない」と謡った。


15_04_24_060.JPG
15_04_24_061.JPG

続いてたまらんメンバーがとっておきのカレー店を紹介するコーナーへ。メモ帳とペン必須の絶対に行きたい名店が芸人たちの口から次々と飛び出した。笑い飯・哲夫は大阪・湊町の「ふら~っと。カレー家」を紹介。豚肉を一度炊いてから揚げた分厚いカツが乗った「バラカツカレー」がお気に入りだとか。目の前に出された瞬間は「小さいかな?」と思うものの、食べるとお腹いっぱいになるボリューム感も「たまらない」と絶賛。と、ここで話題は「ふら~っと。カレー家」が位置する大阪・湊町についてシフトチェンジ。湊町といえばOCAT[大阪シティエアターミナル]ということで、しばしカレーそっちのけでOCATあるあるで盛り上がる一行。誰も知らないとっておきのOCAT情報がいくつも飛び出した。

15_04_24_191_.jpg
和牛・水田は元職場でもある神戸・元町の「グリル一平」の名を挙げた。昔ながらの王道のカレーをピックアップし、「手ごろな値段のわりに、手間がかかっている。シンプルなカレー粉を何時間も炒めて、食べると甘味から辛味へと広がって、毎日食べらる味です。うまいとしか言いようがない」とコメント。ケンコバも「元町は洋食の町やから、レベルは高い」と納得した様子だった。


15_04_24_111_.jpg
そんなケンコバは新潟駅前の「名物 万代そば」のカレーを推挙。宮川大輔との全国トークライブ『あんぎゃー』で新潟を訪れた際に初めてその味に触れ、「全国のカレーの中で一番うまかった。めちゃくちゃうまい!」と絶賛。ライブでは楽屋に差し入れがあり、テンションが上がりきったとか。カレーファンは大体知っているという「万代そば」のカレー、RGも食べたことがあるとかで大きく頷いていた。


和牛・川西は大阪・日本橋の「竹」を推薦。「喫茶店のなんてことないカレーなんですけど、スパイスが絶妙で、家では決して再現ない味なんです!」と熱く語っていくうちに、口調が次第にテレビショッピング風に。その様も笑いを誘った。

たまらんくんこと市川も、とっておきのカレー店を紹介。京都・丸太町、KBS京都から程近い「茶の間」を取り上げた。「元々は普通の喫茶店だったんですが、スリランカ人の方がバイトに入って以降、“喫茶店カレー”がスパイスカレーに変わりました。今ではそれが名物になってます」。辛さは普通と辛目の2つから選ぶことができ、食後にはコーヒーのサービスも。常連になればヨーグルトも供されるそうだが、足しげく通っているはずの市川は未だヨーグルトにはありつけていないという。

15_04_24_153_.jpg
新大阪駅のカレー店「モジャカレー」を紹介したのはRG。「ネギと肉がぼっそぼそに入ってるので、まぜまぜして。カウンターが5席しかないので、いつも満席なんです」と、実はいつも食べられないとも告白。それでも「新大阪に行くとモジャ!」なのだそう。

笑い飯・西田は東京・五反田の「ホットスプーン」を挙げた。「牛すじカレーがあって、トロトロに炊いてあります。野菜の原型もないんですけど。一日分の野菜がまるごと食べられるカレーもあって、それは見た目、台風が去った後の畑みたいに野菜がゴロゴロ入ってます」。芸人もよく訪れる名店で、「有名なところではソラシド・本坊とか、フクロトジのけん(山口健治)とか」。

博多華丸・大吉 華丸は、地元福岡の中洲にある「バークレー」を推薦。「中洲のサラリーマンの胃袋を支えてます。ハンバーグカレーとかボリュームがあって、喫茶店のカレーでは有名。ビビる・大木くんも“バークレーのカレーが一番美味い”って言ってましたね」と雄弁に語った。

それぞれにとっておきのカレー店を紹介し、ほっこりしているところへガリガリガリクソン(以下、ガリクソン)がステージに現れ、「こんなゆっくり欧風カレーの話をしますか!?」とぶった切り。「今、大阪で何が起こっているのか知ってますか!?」と急遽、“ガリガリガリクソンのスパイスカレー講座”を開講、写真も用いてガリクソンが仕入れたとっておきのカレー事情を暴露した。店独自の流儀ある大阪の有名店や、入手困難な品も揃える神戸のスパイス専門店、一皿1500円という滋養強壮カレーで有名な東京の名店などを紹介した。また、お客さんも一緒になってのカレークイズも出題し、大いにも盛り上がった。


15_04_24_222_.jpg
15_04_24_262_.jpgそしていよいよメインコーナーへ。「カレーちゃん家」(寺田町)、「バビルの塔」(谷町四丁目)、「デッカオ」(北新地)、「ボタニカリー」(本町)、「ゼロワンカレー」(谷町四丁目)、「Chai Chai」(南堀江)という大阪の人気カレー店主を舞台に招いての「カ・リーグ ドラフト会議」をスタートした。たまらんメンバーそれぞれがカレーへの愛を語り、それを受けて「カレーを食べさせたい」と思った人物を各店主が指名。指名された芸人は店主自慢のカレーが食べられるが、店主は6名、たまらんメンバーは9名、3人が指名外という過酷な運命が待ち受ける企画だ。

15_04_24_330_.jpg


まずは「もしこの世界からカレーがなくなったらどうするか?」というお題から。「シチューをなんとか茶色く、辛くしようとする」(川西)「カレーに代わる新しい食べ物“サレー”を作る」(市川)などといった答えが上がる中、「その辺の砂をスパイスに見立て、油で炒めてご飯と一緒に食べる」(ガリクソン)や「インド人の指をしゃぶる。もちろん女、最悪男」(西田)と大胆な回答も飛び出した。また、「なくなってから知るカレーと親のありがたみ」(華丸)といった格言も生まれた。一方、いつもカレーが原因で女の人とケンカをしてしまうというケンコバは「やっと普通に結婚できて、子どもが作れるかもしれない」とその呪縛からの解放を夢見た。

続いて「カレーあるある」を。一行のあるあるは以下のとおり。「スパイスが効いているカレー屋さんの店員は口数が少ない」(市川)「福神漬でレンコンの小さいのが入っているとうれしい」(哲夫)「カレーにおける福神漬の赤を見てファッションにおけるサシ色の重要性に気づかされる」(川西)「意外と食べない」(華丸)「カレー店によく来ている30代ぐらいのお姉さんたちは“アロマ”“ヨガ”とか“癒し”とか言っているけど、いざキレたら“キーキー”うるさい」「余ったら冷凍するつもりで作るけど、余りはしない」(西田)「換気扇を強めに設置して通りに匂いを届ける」「丸スツールのカレー店でリュックを後ろに置いたつもりの学生が、後ろによくあるビールケースとイスの間にリュックが引っかかって、宙に浮いている」(ケンコバ)。

15_04_24_082_.jpg
そしてあるある御大、RGは歌に乗せてカレーあるあるを披露。歌は尾崎豊の「シェリー」で、“早く言いたい”と熱唱。肝心のカレーあるあるは「お皿の真ん中にご飯があって、両端に2つの味のルーがあるカレーを頼んで、お得な感じがするけどやっぱりルーは1つの方がいい」だった。「毎回食べた後に後悔しがち」だそう。


15_04_24_333_.jpg

ここでアピールタイムは終了。カレー店主による「うちのカレーを食べてほしい」芸人のドラフト会議が始まった。その結果、「カレーちゃん家」の木村さんは西田を、「ボタニカリー」の明石さんは哲夫を、「ゼロワンカレー」のまるちゃんさんは華丸を、「Chai Chai」のヴィジェイさんはケンコバを指名。「バビルの塔」の福田さんと「デッカオ」の中川さんがガリクソンを指名したため、二次選考を実施。第一希望のガリクソンを指名できたのは福田さん。中川さんはRGを射止めた。

指名されたたまらんメンバーは舞台上で調理された出来立てのカレーを味わえることに。客席にもスパイスの香りが漂い、「おいしそう!」「いいな~!」という声があちこちから上がった。「Chai Chai」のカレーを食べたケンコバは「今やったら、このカレーと母親、どっちが大切かと言われたら母親を崖から突き落とす」と過激な表現をしつつも、その美味しさを絶賛、「カレーちゃん家」のカレーを食べた西田も「うまい!!」を連呼。「ボタニカリー」の指名を受けた哲夫も「チョベリウマ!!」と喜びを語った。残念ながら指名されなかった水田は終始、不満げ。川西も無表情で先輩たちの背中を見つめていた。また市川はハンディカメラで大ビジョンの中継に徹していた。

15_04_24_543_.jpg
15_04_24_604_.jpg最後はケンコバの「ありがとうございました!!」の一言でイベントはお開きに。スパイスの香りが会場を満たす中、その幕を閉じた。




(2015年4月29日更新)


Check

Mook

『ケンドーコバヤシのたまらない店』

発売中
本体700円+税
ぴあ

<主な掲載内容>
■巻頭グルメ対談
 ケンドーコバヤシ×海原やすよ ともこ
■人気グルメ芸人たちが指南!
「ウラなんばの食べ歩き方」
■レイザーラモンRGの「飲食あるある」インタビュー
■たまらない店ジャンル
(カレー、ジャークチキン、麻婆豆腐、ラーメン、チャーハン、
餃子、焼肉、お好み焼き、とんかつ、カキフライ、ハンバーグ、
鶏料理、おでん、きつねうどん、冷やかけそば、魚と日本酒、
ワイン、バー)
■役立つMAP付き! 食べ歩きエリア10選
(ウラなんば、心斎橋~なんば、
梅田~北新地、福島、中津~豊崎、南船場、ウラ谷四、堺東、
烏丸~河原町、三宮~元町)

購入はこちら
http://kansai.pia.co.jp/book/

連載「ケンドーコバヤシのたまらない店」
&特設サイト