インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 4人組インストゥルメンタルバンドのSAWAGIが 彼らのホーム!? 南アフリカへ1年半振りに出発 前回好評だった、彼らの目線で伝えるレポート企画 『私を南アフリカに連れてって!!』シーズン2スタート!!


4人組インストゥルメンタルバンドのSAWAGIが
彼らのホーム!? 南アフリカへ1年半振りに出発
前回好評だった、彼らの目線で伝えるレポート企画
『私を南アフリカに連れてって!!』シーズン2スタート!! (5/7)




DAY4【8月7日(日)】

Oppikoppiの1日目をたのしんだSawagi一向。ショートストローの本国での人気ぶりを改めて肌で感じ、一晩開けた今日は自身のライブ。『Oppikoppi Festival』のトリを任されたSawagi。ライブはどうだったのか? DAY4は『Oppikoppi Festival』2日目の様子を掲載!


IMG_7095_630.jpg(写真)全員いい表情、いい笑顔!! 南アフリカという土地での経験が彼らを一回りも二回りも大きく成長させているのでしょうか? 現地でのライブの反応がいいのもこの表情が物語っていますねー!

IMG_7094_630.jpg(写真)南アフリカのオーディエンスとの1枚。「サワゲー!」というコールも飛ぶなど、現地での反応の良さに驚き。

SA31_630.jpgSA30jpg_630.jpgSA32_630.jpg(写真)Sawagi『Oppikoppi Festival』に見参。かなりたくさんの人が見にきて反応の良さが凄い!! 終わった後、ステージ裏では出演していたバンドが“最高だったぜ!!”とお出迎え。

nico
IMG_7086_315.jpgoppi koppiではテントでの宿泊。さ、さ…寒い寒い寒いーーーー!! 布団の上に寝袋で寝てたんですが起きてスウェットもう一枚とダウン着て、靴下履いて寝直しました。それでも何度も起きる。夜が明けて来て寒さも和らぎやっと寝れると思って2時間くらい…。あっつーーーーー!! 地獄です。寝起きは体調悪過ぎて正直ライブ出来る気がしませんでした。口内炎同時に3個も出来ました。それでも起きてシャワーに行くと、“SA WA GIーー!!”と見知らぬ南アフリカ人に言われてシャワーの列飛ばして先に入れとの事。ほんまに皆優しくて嬉しいです。心身ともに良い気持ち。今日はライブもあるので荒野の砂嵐と照りつける本場の太陽にやられない様ゆったり過ごします。

 
さて、本番。アジア人として初めて出演する南アフリカ最大のフェスoppi koppi。ありがたい事にステージのトリをつとめさせて頂きました。もう見えないとこまで人で埋め尽くされた会場を見てるだけで幸せでした。色々トラブルある中でも最高に楽しかったです。美味い酒が飲めるで。
 
…ところでさ、オリンピックって始まった?



雲丹亀卓人
IMG_7092_315.jpg
まさか寒過ぎて目が覚めるとは思っていなかった夜明け前。太陽が昇り始めて少しずつ暖かくなって絶妙に気持ち良い温度になった瞬間にもう1度寝たのですが、1時間ほどしたら今度は暑過ぎて目が覚める。  寝れね〜!! 今回の旅、全体的に寝れね〜!! と、いうことで仕方なく起きて朝食。この時点で朝の8時30分。そしてビール。正直、暇。ひたすらビール飲んでました。 これはこれで最高。とはいえビールを飲みながら会場をウロウロしてたら何だかんだで見所は多く(会場も客も全体的に変だし)気が付けば準備する時間に。またまたトラックの荷台に機材と我々が乗ってステージ裏へ。 星が綺麗。
 
ステージ裏へ到着したら前の出番のバンドが演奏してたのですが、全員黒人さんの激烈にクールなネオソウル、R&B系でマジで度肝を抜かれました。 めちゃくちゃ上手いしカッコイイ!! 帰国したらチェックする。
 
そして本番。とりあえず最高です。 マジかよって言うくらいお客さんも集まってくれたし、“サワゲー!” “アリガトー!”って声援多数。泣きそうになった。 多分、届いた。 破茶滅茶に盛り上がりました。
 
しかし。ラスト一曲の途中でまさかの強制終了。 横のメインステージのトリのバンドが始まるからマジで強制終了。え〜…、こっち36時間かけて来てんからあと3分だけやらせてよ。めちゃくちゃ悔しい気持ちでステージから降りる結果に。まぁ、いいか。ステージ裏に行くと先程出演していた激烈グルーヴネオソウルバンドが総出でお出迎え。“マジで最高やったで!! 一緒に写真撮ってくれへん?“”と全員超ご機嫌。 嬉しい! そして裏に次々と現れるアーティストや関係者がみんな大喜びで“良かったで~”と言ってくれて嬉しかったです。ステージ横のセキュリティの人達まで喜んでくれてました。ライブの終わり方は残念だったけど、逆に“もっと見たいわ~”って思ってくれたなら良いかな。どうだろ。その後は酔っ払いだらけの会場にて寒さで凍えながらビールを飲んで楽しみました。
 
明日はヨハネスブルグ!…何しよかな。 穴でも掘ろっかな。


コイチ
IMG_7090_315.jpg
この気温差20度の過酷なテント泊、寒くて目が覚めます。しかし気候が本当に良いのでテント出ると気持ちいい! その気持ち良い朝の中、青空シャワーして、アーティストテントのビュッフェ食べて、コーヒー飲んで。ビール飲んで。寝て。昼位からぼちぼち繰り出しました。このフェスにアジア人が出演するのは僕らが初な訳で、歩いてても珍しいのかよく声かけられます。そんな中どうやらちょっと知ってくれてる人も増えてきてるんかなーと感じる事が多かったです。“去年のどこどこの会場でみたぜ!楽しみにしてるぜ!”とか、“お前サワギか!?”と言われ“そうだ”と答えると、“噂には聞いてるんやけど、どんなジャンル?何時からやるの?絶対いくよ!”みたいな。
ショートストローがLIVE中に紹介してくれたのと、そんなやりとりを結構したので、これ結構皆んな来てくれそうやなーとワクワクしながら遊んでました。
 
IMG_7089_200.jpg
あっという間に出番! セッティングは今回が一番スムーズ!てゆうか時間的に余裕あって落ち着いてできた。いざ! めっちゃ人いるやーーーん!! しかもサワギー!! ゆうてるやん!! そらもうどんなライブになるかは容易に想像つくやん(笑)。中盤結構ゆったりやったけど、あれくらいの方が乗ってた人も多い感じしました。それも嬉しいです。実はセットの中盤越えた辺りから、ステージスタッフに凄いタイミングで、“あと何曲?あと何分で終わって!”みたいなのを合間合間に言われててめっちゃ気になってました(笑)。どうやらメインステージの時間のズレの兼ね合いでこちらはよ終わらなあかんなってたようで。焦るわ(笑)。まぁもう無視して最後の曲スーパーシティに到着。気持ちテンポ上げて、例のコイチコーナー! マイク持った瞬間に電源落とされました。素人カラオケ大会的なやつの鐘一つ貰った気分でした。これはこれで良きかな! ほんまに色々な面でクレイジー過ぎる最高のフェスですが、途中から普通なってきてました。
 
深夜にレッドブルステージというレイブパーティエリアへ。丘を登って向こう斜面にまぁまぁ強引にステージ作ってます。物凄い低音!!(笑) 後ろは暗闇の地平線。人もたくさん。クレイジー!! 今日も今日とて夜中はめっちゃめちゃ寒かった。有難うoppikoppi!!


観音
image1_200.jpg
テントで寝袋での睡眠が過酷過ぎて死にかけました。足と顔が冷た過ぎて、末端冷えやすい僕としては地獄で、まったく寝た気になってません(笑) 陽が昇ってくると、テント内は灼熱地獄となり、起きざるを得ません(笑) それでも楽しいフェス。なんやこの感じ。ラインナップどうこうよりも、とにかく音楽と酒でみんなと楽しむ、非常に基本的なフェスなんやなと。三日間でチケット7,000円くらいみたいやからね。その分酒飲んでますわみんな(笑) アーティストテントエリアでは朝になると皆ビュッフェ食べて、そのままビール飲みだして。んでいつの間にかその場所にも移動式の車でライブしに来ます。みんなしっかり耳を傾けてるし反応してます。ただ、ほんま砂埃が凄いフェスで、鼻をかむ度黒いの出てきます。鼻血の終盤みたいな赤黒いやつをイメージしていただけたら良いかと。みんなしっかりバンダナで防いだりしてます。僕は日本から持って行ったマスク。誰ひとり白いマスクしてないんで目立ちます。“ドクター!!”ってめちゃ言われます。かなり見た目珍しいみたい。みんな病気の時それ付けるんか?って。
 

image1-(2)_200.jpgさてさていよいよ本番。今回のアフリカツアーの完全なる本命の日です。変な言い方ですが、いやいや、なんでこのステージ観に来たん?って思ってしまうぐらい人が集まってくれて、レスポンスもサイコーでした!! えっ浸透してるんSawagiの名前!? ってなりました。もちろんShortstrawのおかげもでかい。彼らの前日のステージで、ベースのラッセルは僕らが明日ライブすること宣伝してくれたし、僕らをステージに呼んで一緒に盛り上がるという一幕もあった。そんな優しい南アフリカのスター達のお陰もあって沢山集まってくれた。遠く離れた南アフリカでこの体験が出来た事を幸せに感じ、同時に僕たちをここに導いてくれた方々に感謝です。ちと泣きそうなったな。
 
ではヨハネスブルグへ移動ですわい!前回も泊まったバックパッカーに泊まれるのが楽しみです。

特別編。ShortstrawのPAのテキーラボーイことファビアン。砂埃のせいで(あと多分酒と大声のせい)全く声が出てなくて可愛いかった。
 

 

 



(2016年8月16日更新)


Check

Profile

サワギ…写真左より、nico(ds)、観音(g)、雲丹亀卓人(b)、コイチ(key)。ダンスミュージックをコンセプトにロック、ジャズ、ファンク、エレクトロなどのエッセンスを取り入れたボキャブラリー豊富なアレンジを凝らす4人組インストゥルメンタルバンド。'09年に発売された1stアルバム『hi hop』はタワーレコードのレコメンド『タワレコメン』に選ばれ、同時に洗練されたライブパフォーマンスも噂となり『SUMMER SONIC'09大阪』にも出演を果たす。'11年には自身のイベント『Mitole』を大阪BIGCATにて主催し、その後活動の拠点を関西から東京へ移す。'12年8月、1100日ぶりのリリースとなった1stフルアルバム『Punch Games』をリリースし、翌'13年1月にrega、Nabowa、PETROLZ等を招いて渋谷、梅田QUATTROにて『Mitole』を開催。そのサウンドやライヴスタイルは各方面から注目を浴び、数々のアーティストのツアーサポート、来日アーティスト(ロータス、ショートストロー、マヤ・ヴィク、プロヴィアント・オーディオ等)と共演。'14年からバンド、DJが出演する自主企画『Parabola』を隔月で開催する等、精力的に活動中。Aira Mitsukiのプロデュース、カシオキッズ、ロウ・フリークエンシー・クラブ、藤井リナ、『The Best of jazzin' for Ghibli』(V.A)のリミックスといった活動も行っている。

SAWAGI オフィシャルサイト
http://sawagi.main.jp/

SAWAGI オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/sawagi.jp/

メンバーのtwitterでも
動向をチェック!!

nico(ds) twitter
https://twitter.com/nico_sawagi

雲丹亀卓人(b) twitter
https://twitter.com/U2game_Sawagi

コイチ(key) twitter
https://twitter.com/koiti_sawagi

観音(g) twitter
https://twitter.com/kannon_sawagi


Live

今回は南アフリカで行われる
野外フェスティバルにも出演!!

【南アフリカ共和国公演】

①8月5日(金)
CapeTown / Hillcrest Quarry

②8月7日(日)
Oppikoppi / Oppikoppi Festival 2016

③8月12日(金)
Johannesburg / Good Luck Bar

④8月13日(土)
Pretoria / Arcade Empire

【東京公演】
『DENIMS 2nd mini album
“iggy&pops” release tour.』
チケット発売中 Pコード302-487
▼8月19日(金) 19:00
LIVE HOUSE FEVER
スタンディング2500円
[ゲスト]Sawagi/ドミコ/有
[問]エイティーフィールド■03(5712)5227

【香川公演】
『shima fes SETOUCHI 2016
~百年つづく、海の上の音楽祭。~』
チケット発売中 
1日券 Pコード303-776
▼8月27日(土) 10:30
一日券(8/27)6400円
なかよし三人組一日券(8/27)18000円(3名分)
▼8月28日(日) 10:30
一日券(8/28)6400円
なかよし三人組一日券(8/28)18000円(3名分)

2日通し券 Pコード782-340
▼8月27日(土)・28日(日) 10:30
二日通し券(8/27-28)11000円
なかよし三人組二日通し券31500円(3名分)
小豆島ふるさと村
[出演]曽我部恵一/高木ブー/Nabowa/青葉市子/never young beach/シャムキャッツ/HUSKING BEE/おとぎ話/Sawagi/THAMII/藤岡友香/SKIP SKIP BEN BEN/Rega/THEラブ人間/他
※雨天決行・荒天中止。チケットをお持ちの保護者同伴に限り、小学生以下は入場無料。チケットは当日入場時にリストバンドと引換え。なかよし三人組一日券は3名分のリストバンドと引換えになります。ご購入前に注意事項等の詳細は公式ウェブサイト(http://shimafes.jp)にてご確認ください。8/26(金)は前夜祭開催。チケットご提示で入場可。
[問]小豆島ふるさと村■0879(75)2266

【東京公演】
『FLAKE OF THE FEVER!』
8月13日(土)チケット一般発売
Pコード306-198
▼9月17日(土)18:00
LIVE HOUSE FEVER
1day ticket2500円
[出演]ATATA/DENIMS/rega/SAWAGI
[問]FLAKE RECORDS■06(6534)7411

【大阪公演】

『FLAKE OF THE UNIVERSE!』

8月13日(土)チケット一般発売
Pコード301-250
▼10月1日(土) 14:00
味園ユニバース
1DAY(ADULT)4500円
1DAY(CHILD)2000円
[出演]8otto/ATATA/DENIMS/
金佑龍/Predawn/Rega/Sawagi/
Shortstraw/UNCHAIN
GREENS■06(6882)1224
※小学生以上は有料。小学生は1DAY(CHILD)をご購入の上、保護者同伴入場に限る。未就学児童は保護者同伴に限り無料。出演者の変更・キャンセルに伴う払戻しは不可。
2日間通し券はPコード:782-312にて販売。

【オフィシャルHP】
http://www.flakerecords.com

チケット購入はコチラ!
チケット情報はこちら


『私を南アフリカに連れてって!!』
シーズン1

前回のツアーレポートはコチラからチェック!

http://kansai.pia.co.jp/interview/music/2015-04/sawagi.html


南アフリカツアーシーズン1レポートの総集編!
SAWAGIインタビュー&動画コメント

http://kansai.pia.co.jp/interview/music/2015-05/sawagistarts-to-think.html