インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 「ナッシングスは発見があるバンドなんで。それがやっぱり面白い」 10年を経てたどり着いたNothing’s Carved In Stoneの第二の青春 強烈対バンツアーを超え、目指すはZeppワンマンファイナル大阪! 『By Your Side』村松拓(vo&g)インタビュー&動画コメント


「ナッシングスは発見があるバンドなんで。それがやっぱり面白い」
10年を経てたどり着いたNothing’s Carved In Stoneの第二の青春
強烈対バンツアーを超え、目指すはZeppワンマンファイナル大阪!
『By Your Side』村松拓(vo&g)インタビュー&動画コメント

 昨年の結成10周年のアニバーサリーイヤーには、ついに初の日本武道館公演を実現。その絶景から束の間、’19年2月には自主レーべルSilver Sun Recordsを設立。新たな根城を築き動き始めたNothing's Carved In Stoneが、通算10枚目のフルアルバム『By Your Side』をリリースした。制作環境を一新した次の10年の1stアルバムとも言える今作は、バンドのアティテュードとサウンドを再チューンナップし、音楽的な挑戦もきっちり同時進行で行ったさすがの充実作。「俺たちは、前に進みたくて、殻を破りたくて…そういう人の想いを表現してきたよなと改めて思った」と語る村松拓(vo&g)の表情はとても晴れやかで、苦楽を共にしてきたメンバーとの、10年かけて培ったファンとの、今なお己を救い続ける音楽との信頼関係が言葉の端々から伝わってくるよう。年内の前半戦は対バンツアー、年明け以降の後半戦はZeppワンマンツアーという構成で送る、『By Your Side Tour 2019-20』の真っ只中にいる彼らが、ここだけの秘蔵エピソード満載で送るインタビュー。10周年、武道館、独立、レコーディング、あの夏の真相!?(笑) Nothing's Carved In Stoneの11年目の再出発に迫る――!




自分たちで全部に目を配ってイチからやっていった方が
誰にも言い訳せずに責任が取れる
 
 
 
――バンドにとって昨年の結成10周年は大きな区切りだったと思いますけど、初の日本武道館公演を含む一連のプロジェクトを終えて何を感じました?
 
「今思えば、10周年は通過点という意味での区切りだったんだなって。最終的にはあれだけの人が武道館に集まって、共感してくれる仲間がこれだけいるんだっていう自信にもなったし、ライブを通して多幸感がすごいあったんですよ。1曲目からリラックスできたし、何だか不思議な感覚だったんですよね。ある意味、10年かけてたどり着いた場所だったので、『By Your Side』の削ぎ落せた部分とか開けた雰囲気にもつながるものがあったのかなって」
 
――そう考えたら、武道館はチャレンジしてよかったですよね。自分たちにとっても、ファンにとっても。
 
「めちゃくちゃよかった! 最初はファンも絶対に心配してたはずですもん、“武道館なんて埋まるの!?”って(笑)。当日は嵐が来るかもみたいな話も確かあって、俺もつられてだんだん不安になってきたりして(笑)。結果、あそこが埋まって、みんな同じ気持ちだったと思いますし、本当にファンに感謝ですね」
 
――そして、その後はマネジメントも独立して、ここ1年で目まぐるしく環境が変わって。
 
「でも、最初からお膳立てしてたように見えるんですけど、武道館は支えてきてくれたスタッフと集まってくれるみんなへの恩返しもあったし、3年前ぐらいからメンバー各々が考えてたことがあって。このバンドを続けていくためには、自分たちで全部に目を配ってイチからやっていった方が、誰にも言い訳せずに責任が取れるので、より好きなことをやってると自負できるというか。そういう仕組みをもう1回作って、10年より先につなげていきたい想いがそれぞれにあったんですよね。たまたま武道館の1年前ぐらいに4人で集まって話す機会があって、“そろそろ自分たちで責任を持ってやらないと”みたいな話になって」
 
――いろんな巡り合わせというか、タイミングが揃ったんですね。そういう気持ちにさせてくれた武道館があって、自分たちでケツを拭いて進まなきゃいけない環境になって、新作は今までとは違う意識での制作になりそうですね。
 
「まさにそうでしたね。自分たちとしてもクオリティの高いアルバムを出してきたと思ってるので…要は独立したからってクオリティは下げられないし、むしろ上げていかなきゃっていうことなんですよね。ただ、新しい事務所も借りたてのときは、もうボロッボロで(笑)。これから改装していこうぜって工事をしてる最中に、生形(真一・g)はその小っちゃい部屋でテレコだけで曲を作ってたと言ってたんで(笑)。本当にそこから始まったんですよね」
 
――いいね~エモいね(笑)。
 
「いや〜めちゃエモいっす(笑)。それからみんなで駐車場を探しつつ、“とりあえず今は機材車を停めるところがないから、オニィ(=大喜多崇規・ds)の家に停めちゃえ”みたいな(笑)。レコーディングは14時からだけど機材を先に搬入しなきゃいけないとなったら、11時にオニィが運転して来てくれるんですよ(笑)。そういう状況でのレコーディングだったんで自然と気合も入ったし、よりいいものにしようというモチベーションはすごいあったと思う」
 
――ここでまた“まっさら”にできたところに、バンドの今のテンションを感じますね。
 
「あとはやっぱり…今まではいろんな人にとてもお世話になっていたのを改めて実感して。事務所を始めたての頃は分からないことが本当にたくさんあって手探りで、今回のレコーディングエンジニアも、元々お世話になっていたマスタリングエンジニアの人に、うちのバンドのことをちゃんと知ってて、好きだと言ってくれる人を紹介してもらって…本当に仲間と最小限の体制で作り始めた感じだったなぁ」
 
――でも何か、ちょっと青春っぽいね。
 
「アハハ!(笑) それはあると思います。もう後に引けないところは確実にあったな」
 
 
少しでも前に進んでいける言葉とかエネルギーが
散りばめられてるアルバムにしたかった
 
 
――あと、環境の変化もあるだろうけど、バンドとしてどういうメッセージを発信していくのかも改めて考えたと。
 
「特にライブに関してなんですけど、バンドがいい状態だったので、もっとたくさんの人に観てもらうにはどうすればいいかを、結構リアルに話し合った時期があったんですよ。このバンドが伝えたいこと、伝えられること、今までに伝えてきたこと…例えば、『Isolation』('09)の“もう準備はできてるぞ”という気持ちとか、『村雨の中で』('13)の葛藤とか…俺たちは、前に進みたくて、殻を破りたくて…そういう人の想いを表現してきたよなと改めて思ったんで、そこにより届くような言葉を選んで吐いていくのはどうだろうってメンバーに話して、みんなも納得してくれて。それが今回のアルバムの開けた雰囲気にも絶対につながってるし、それによって俺自身も歌詞を書くときに迷わなかったので。とにかく、ちょっとでも背中を押してあげたり、つまずきそうになったら支えてあげるとか、少しでも前に進んでいける言葉とかエネルギーが散りばめられてるアルバムにしたかったし、聴いてくれる人がいて初めて完成されるものにしたかった。最初からその意思統一ができていたのは大きかったかもしれない」
 
――ナッシングスの楽曲を聴くとどうしようもなくたぎるし、ブチ上がる。それと言葉がシンクロしたときの爆発力はすごいだろうね。まずは先行シングル『Beginning』(M-10)が出ましたが、今作に至るきっかけの曲でもあった?
 


「まず、新しいエンジニアさんと組むきっかけが『Beginning』で、めちゃめちゃ手応えがあったんですよね。ドラムの生々しさとかギターの音1つとっても、“やっぱりナッシングスの音はこれだ!”っていうところを提示してくれて。あと、生形も言ってたんですけど、『Beginning』のリフは簡単で誰でもコピーできるけど、なかなか思いつかないロックなフレーズというか。よりシンプルに、ソリッドに、っていう方向性がかなり明確だったんですよ。そこに俺たちの今の状況を重ねた歌詞を乗っけて、共にやっていこうぜと。『Beginning』はデカかったですね」
 
――そんな曲なら1曲目かと思いきや、最後に入ってて。
 
「オニィが言い出したんですけど、最後に置くとシングルとして聴いたときと響き方が全く違うことにビックリして。 最後にもう1回始まる感じもいいし、締まるなぁと思って」
 
――あと、『One Thing』(M-2)とかでも顕著だけど、ボーカルの表現力の進化を感じます。
 


「嬉しいっす。今回はバンド全体でシンプルに、余計なことは削ぎ落としてっていうのが共通認識であったので、俺はもうギターを弾かず歌に専念しようと。いつもだったら、シンセサイザー的なアプローチで音色を作るところから始めて、音もいっぱい入れてたんですよ、歌いながら弾けないくせに(笑)。でも今回は、もっと自分のできることに集中した方がいいなと思ったし、歌に懸ける想いは一番強かったかもしれない。あと、最近特に感じるのは、俺と生形がだいたい歌詞を書くんですけど、“この言葉、どこかで使っちゃってたかも”と思ったら、過去に生形が書いてたりするんですよね(笑)。生形も同じような気持ちでしょうし、境目がなくなってきて、よりバンドになってきてるんですよね。それはメンバーとも話しますね」
 
――以前、3枚で1サイクルみたいな話をしてて。今回は10枚目なので=4回目の1stアルバムじゃないけど。
 
「確かにそういう趣はありますね。あと、全曲よくて推し曲をどれにしていいか分からなかったのは、今回が初めてかも。でも、そうやって思えてるってことは、1曲1曲のクオリティ突き詰められたからだと思うんで、いいことですよね。好きですよ、このアルバム」
 
 
心が動いてるときの歌って、やっぱりいいんだなと思いましたね
 
 
――今回のレコーディング中に、何か印象的なエピソードはありましたか?
 
「どうしても面白いことを言いたくなっちゃうけど、パワーワード過ぎて言いにくい(笑)。いやね、俺、最近プライベートでいろいろあって…」
 
――この夏のタイムラインを賑わせた、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』のMCね(笑)。
 
「アハハハハ!(笑) 最初はお客さんも“ワァ〜!”とか“キャ〜!”っていう反応だったのに、最後は“えぇ〜っ!?”みたいになって(笑)。で、その後にさらっと“『Spirit Inspiration』('12)やります”って(笑)」
 
(一同笑)
 


「しかもそれがほぼ決まったのが、歌録りの最終日の前日とかだったんですよ。別にメンバーの誰にも言ってないし、この日は『Blow It Up』(M-3)と『Alive』(M-4)を録ったのかな? まず『Blow It Up』を歌って、次に『Alive』を歌おうというときに生形の歌詞が上がってきて、この歌詞がまたよ過ぎて(笑)」
 
(一同笑)
 
――“I wanna sing for someone to leave behind a memory that will show that I’m alive(=自分以外の誰かの為に歌いたい/自分以外の誰かの為に/そして生きている証しを刻むんだ)”って、すごくいいこと言うじゃないと。
 
「そしたらもう、ブースに入ったら涙が出てきて(笑)」
 
(一同爆笑)
 
「歌えないんっすよ(笑)。マイクの前に立って、“さぁ、この歌詞を歌うぞ!”って気持ちを入れるだけで、涙がポロポロ出てくる。ブースの窓の向こう側にはエンジニアさんとかが座ってこっちを見てるんですけど、“泣いてないでーす、気持ち入れてまーす”みたいな(笑)」
 
(一同爆笑)
 
「だから、この最終日に録った歌はとてもいいと思う。『Alive』は特に(笑)」
 
――いや~いいエピソードが出てきたね(笑)。やっぱり人と音楽ってつながってますね。
 
「いや、ホントそう思います(笑)。心が動いてるときの歌って、やっぱりいいんだなと思いましたね。やっぱり音楽に救われるなって自分でも実感…歌う前にしちゃったけど(笑)」
 
――しかし、よくもまぁこんなにクオリティの高いアルバムを毎回作るよね。すごいな、このバンドって改めて。
 
「やっぱりね、健全な活動をしたいんですよね。アルバムを作って、新作を持ってツアーに出て、もっと対バンしてお客さんを増やして、来年はまたアルバムを作って…そういうことをどんどん続けていきたいし、まだお互いに試してみたいことが尽きないのはありますね。『Alive』とかは特にそうですけど、エモっぽい曲にひなっち(=日向秀和・b)がウォーキングベースを入れてきたのを間近で見たとき、これは新しいエモの形だなって思わせてくれたし。ナッシングスは発見があるバンドなんですよ。それがやっぱり面白い」
 
――アルバムを作るたびに宝物を見つけていくから、そらまた作ろうってなるもんね。このヒリヒリ感がちゃんとありながらの10枚目っていうのはすごいなと思います。そして、『By Your Side』というタイトルは歌詞の世界観にも通じるけど、アルバムが完成した後に付けたんですか?
 
「まさに一番最後に。今回の歌詞は『Music』(M-8)から書き始めたんですけど、もうその時点で“いつか誰か救えるような”って書けてるんですよ。実は最初は、“一度ぐらい自分を救えなきゃ”って書いてたんですけど、そうじゃねぇなと思って変えたら自分の中で腑に落ちて。そこから『By Your Side』的な世界観が一貫して書けたから。タイトルは最後に付けたけど、それを言葉にした感覚ですね」
 
 
負けたくないですね、大阪に
 
 
――リリースツアーも始まっていますが、年内の前半戦は対バンツアーで、年明け以降の後半戦はZeppワンマンツアーと。10周年を経た現在のライブはどうですか?
 
「よくなってると思うし、まだこれからよくなるのを自分たちでも感じてるんで。そこで若手との対バンがあるじゃないですか。これはかなり刺激になると思ってるんですよ。今、グイグイきてるバンドしか呼んでないので、自分たちも試されにいく感じ。自分たちでお客さんとカッコいいバンドを呼んどいて、試されにいくってMっ気満載ですよね(笑)。向こうは向こうで相当な気合いを入れてくると思うし」
 
――ナッシングス相手にハンパな意識で挑んだらボコボコにされるからね(笑)。これは出る方も大変だわ。
 
「もうボコボコにしてやりますよ! だけど、ボコボコにされる覚悟もちょっとある(笑)。今ちょうどナッシングスも成長してる時期なんで、対バンとそこを試し合えれば相乗効果が生まれるんじゃないかっていう期待もありますね。お客さんにとってもかなり刺激的な夜になるんじゃないかな」
 
――滋賀、神戸の関西公演の対バンであるAge Factoryとのつながりは?
 
「Age Factoryは弾き語りで(清水)エイスケ(vo&g)と一緒にやったんですけど、声もいいし、雰囲気もヤバいし、“何だこいつ!?”と思って。そこから音源を聴いてライブも観て、めちゃめちゃカッコいいなと。今、こんなヒリついてるヤツらは他にいないっすよ。“よう、お疲れ!”とか挨拶しても“…ウッス”みたいな感じでちょっと怖いし(笑)。曲のクオリティも高いし、ライブに懸ける熱量もめちゃくちゃあるんで楽しみです。とにかく好きなんですよね」
 
――そして、これはたまたまかもしれないですけど、ツアーファイナルは大阪で。
 
「たまたまじゃないですよ! 大阪大好き!!」
 
(一同爆笑)
 
「大阪は何だかんだやってるんですけど、Zepp Osaka Baysideは初めてなんで、ツアーでも最大キャパだし、ぜひ遊びに来てほしいですね。大阪はオーディエンスが熱いから、俺たちが熱量を発すれば発しただけ応えてくれるというか、そういうセンスと瞬発力があるお客さんなので、そこと戦えるように対バンで鍛えて、ファイナルに臨んで…負けたくないですね、大阪に。ただ、MCのハードルが高くて、もう何度も悲しい想いはしてますけど(笑)」
 
――これだけツアーを回ってきたら、ファイナルの大阪ではだいぶ仕上がってるでしょうね。
 
「間違いないですね。『By Your Side』は本当にタイトルに込めた通り、みんなの手に届いて、それぞれのシーンでこの曲たちが鳴って、その先でみんなが想うことでようやく完成すると思ってるので。俺たちも気持ちを込めて作ったし、たまには音楽を頼りにしてもらってもいいかなって。もしそれで元気が出たなら、ライブに来ればそこには俺たちがいて、同じ空間が作れるので。期待してZepp Osaka Baysideで待っててください!」
 
 
Text by 奥“ボウイ”昌史
 




(2019年11月26日更新)


Check

Movie

大阪のファンへの熱い想いと隠れ家と
村松拓(vo&g)からの動画コメント!

Release

よりシンプルに、ソリッドに
ロック品質保証の10thアルバム!

Album
『By Your Side』
発売中 2800円(税別)
Silver Sun Records
DDCZ-9058

<収録曲>
01. Who Is
02. One Thing
03. Blow It Up
04. Alive
05. Bridges
06. The Savior
07. Kill the Emotion
08. Music
09. Still
10. Beginning

Profile

ナッシングス・カーブド・イン・ストーン…写真左より、大喜多崇規(ds)、村松拓(vo&g)、生形真一(g)、日向秀和(b)。生形が所属するELLEGARDENが’08年9月に活動休止したことをきっかけに、ストレイテナーの日向に声をかけたのが結成のきっかけとなる。日向の紹介によりFULLARMORの大喜多が加入、ボーカル不在のまま何度かのセッションの後、生形がMySpaceで見付けたABSTRACT MASHの村松のライブに大喜多と共に足を運び、そのパフォーマンスに惚れ込み始動。’09年に1stアルバム『PARALLEL LIVES』をリリース以降、毎年コンスタントにアルバムを発表&ツアーを敢行。10周年となった’18年には初の日本武道館公演を開催。ソールドアウトの中、圧巻のライブを披露する。’19年2月には自身のレーべルSilver Sun Recordsを設立し、武道館公演の模様を収録したDVD&Blu-ray『Nothing's Carved In Stone Live at BUDOKAN』をリリース。また、10 年前にファーストライブを行った同日に、豊洲PIT でのワンマンライブ『BEGINNING』を開催、ソールドアウトに。5月にはシングル『Beginning』をリリース。2年ぶりの日比谷野外大音楽堂公演含むツアー『Tour Beginning』を開催。9月25日には10thアルバム『By Your Side』をリリース。対バン、ワンマンを含めた『By Your Side Tour 2019-20』を開催。バンド名はモーゼの『十戒』に出てくる十の規律が刻まれた石に、何も書かれていない=規律、タブーがないという逆説的な意味。

Nothing's Carved In Stone
オフィシャルサイト

http://www.ncis.jp/

Live

年内は対バン、年明けは大阪ワンマン
ツアーの合間にレディクレ出演も

 
『By Your Side Tour 2019-20』

【東京公演】
▼10月2日(水)LIQUIDROOM
[ゲスト]Newspeak
【石川公演】
▼10月4日(金)金沢AZ
[ゲスト]Suspended 4th
【群馬公演】
▼10月6日(日)高崎club FLEEZ
[ゲスト]Tempalay
【香川公演】
▼10月12日(土)高松MONSTER
[ゲスト]BBHF
【愛媛公演】
▼10月13日(日)WstudioRED
[ゲスト]雨のパレード
【静岡公演】
▼10月20日(日)LIVE ROXY SHIZUOKA
[ゲスト]teto
【福島公演】
▼10月27日(日)Hip Shot Japan
[ゲスト]WOMCADOLE
【北海道公演】
▼11月3日(日・祝)ペニーレーン24
[ゲスト]CVLTE
▼11月4日(月・祝)club COCOA
[ゲスト]CVLTE
【鹿児島公演】
▼11月8日(金)鹿児島CAPARVOホール
[ゲスト]SIX LOUNGE
【広島公演】
▼11月10日(日)広島クラブクアトロ
[ゲスト]SIX LOUNGE
【長野公演】
▼11月17日(日)長野CLUB JUNK BOX
[ゲスト]teto

Pick Up!!

【滋賀/兵庫公演】

Thank you, Sold Out!!
▼11月27日(水)18:30
U★STONE
スタンディング3900円
[ゲスト]Age Factory
Thank you, Sold Out!!
▼11月28日(木)18:30
神戸VARIT.
スタンディング3900円
[ゲスト]Age Factory
キョードーインフォメーション■0570(200)888
※3歳以上はチケット必要。

【埼玉公演】
Thank you, Sold Out!!
▼12月10日(火)
HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3
[ゲスト]DATS
【神奈川公演】
Thank you, Sold Out!!
▼12月11日(水)F.A.D YOKOHAMA
[ゲスト]DATS


【大阪公演】
『FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY』
一般発売未定
Pコード未定
▼12月25日(水)11:00
インテックス大阪
1dayチケット9500円
[出演]FM802 RADIO CRAZY×ROTTENGRAFFTY 20th ポルノ超特急臨時大増便!!/OKAMOTO'S/Official髭男dism/KANA-BOON/King Gnu/グッドモーニングアメリカ/SHISHAMO/sumika/teto/10-FEET/Nothing's Carved In Stone/Hump Back/パスピエ/ビッケブランカ/ポルカドットスティングレイ/MY FIRST STORY/LAMP IN TERREN/ROCK KIDS 802 EXTRA CRAZY BAND
[Spotify Early Noise LIVE HOUSE Antenna出演]Karin./サイダーガール/w.o.d./Novelbright/YAJICO GIRL/ユアネス
FM802 RADIO CRAZY公演事務局■06(7732)8787
※6歳未満は入場無料。出演アーティストは変更になる場合があります。その際の変更・キャンセルに伴う払戻しはできません。公演に関する詳細は、公式サイト(http://radiocrazy.fm/)にてご確認ください。

~12/3(火)11:00まで先行予約受付中!
チケット情報はこちら

 
 
【東京公演】
▼1月9日(木)Zepp Tokyo
【福岡公演】
▼1月11日(土)Zepp Fukuoka
【宮城公演】
▼1月13日(月・祝)仙台Rensa
【愛知公演】
▼1月17日(金)Zepp Nagoya

Pick Up!!

【大阪公演】

チケット発売中 Pコード157-176
▼1月18日(土)18:00
Zepp Osaka Bayside
1Fスタンディング4200円
2F指定席4200円
キョードーインフォメーション■0570(200)888
※3歳以上はチケット必要。

チケット情報はこちら


Column1

第3期NCISの1stアルバム!?
変わらぬ覚悟と探究心で突き進む
無敵の4ピースのやりたい放題の
実験作『MAZE』を語る!

Column2

Nothing’s Carved In Stoneが
誘うストレンジで洗練された白昼夢
信念と情熱を込め勢力を拡大する
新世界『Strangers In Heaven』
インタビュー&動画コメント

Column3

生みの苦しみの先にある絶景こそが
この5thアルバム『REVOLT』!
バンドの分岐点となる重要作
その予感と確信を語るインタビュー

Column4

4thアルバム『Silver Sun』で
メジャーシーンへいざ出航!
ロック無敵艦隊NCISが
バンドの現在を語るインタビュー

Column5

ロック無敵艦隊NCISが
バンドの成長過程と覚悟を語った
3rdアルバム『echo』インタビュー

Recommend!!

ライター奥“ボウイ”昌史さんの
オススメコメントはコチラ!

「7thアルバム『MAZE』(’15)以来、4年ぶりとご無沙汰だったNCISのインタビュー。その間に大きく環境が変わって、交換する名刺もお互いに新しくなったりして。結成当初はELLEGARDENやストレイテナーという自らが築いてきたキャリアが、かえってこのバンドの実像を見えにくくしていたところがあったかもしれませんが、10年以上続くなんて、武道館でやれるなんて、もしかしたらメンバーですら想像していなかったかもしれません。いや~素晴らしい未来が来ましたね。取材にあたって今回の『By Your Side』はもちろん、途切れた時間を取り戻すべく『Mirror Ocean』('18)も『Existence』('16)も改めて聴いたんですが、よくここまでのアルバムを出してきたなと改めて。毎回、呆れるほどにカッコいい。こっちは仕事柄たくさん観聴きしてますから、それでもお世辞抜きにそう思わせるってホントすごいバンドです。インタビューの中盤では最高のエピソードも飛び出しましたが(笑)、村松氏もタフになったな。例のMCは検索したらすぐに出てくると思うので、知らない方はぜひググってみてください(笑)。絶対にもっと彼らが好きになりますよ。音も、人も、相変わらず信頼のブランドだったNCIS、改めて追いかけていきたいです」