ケンドーコバヤシのたまらない店|魂のランキングルメ|たまラン|ケンドーコバヤシ|祇園|スパイスカレー|スパイスカリー ハルモニア|グルメ|演劇|演芸|お笑い|ぴあ|関西|ぴあ関西版WEB

ホーム > 魂のランキングルメ~たまラン~ 「ケンドーコバヤシのたまらない店」 > スパイスカリー ハルモニア

 デザイナーとしてのキャリアをもち、スパイスカレー好きが高じて、有名カレー店の夜営業スタッフとして働いていたケンジさんがオープン。自身の経験を活かして考案した一皿は、現地系や素材の旨みを推したスパイスカレーの店が増えるなか、純粋にスパイス感や盛り付けの個性を重視する。オープン間もないが大阪の今のカレーブームを生み出した創作スパイスカレーの系譜を継ぐ味が、久しぶりに登場したと早くも話題だ。



木﨑「うわ、スパイスのええ匂い!」
コバ
「これだけで食欲そそるよな」
木﨑
「(メニューを見て店主に)ポークビンダルーってどんなカレーなんですか?」
店主
「お酢を使った酸っぱいインドのカレーなんです」
木﨑
「自分、めっちゃお酢好きです」
コバ「お酢好きなんか」
木﨑
「もう何にでもかけます」

コバ「それはウソや。筑前煮とかにはかけへんやろ」
木﨑
「すみません、ウソでした」
店主
「お待たせしました。キーマとポークビンダルーの合いがけです」
3人「おおッ!!」
櫻井「そそるビジュアルですね」
木﨑「では早速ポークビンダルーから(と言ってひと口)酸っぱいけどめちゃ美味い!」
櫻井「キーマも旨味が凝縮されて美味しいです!」
木﨑「2種類のカレーが味わえる合いがけっていいですね」

コバ「今の世の中で唯一許される不貞行為ちゃうか、カレーの合いがけは。このコンプライアンスの時代に唯一残された男たちの楽園やから」
祇園「(爆笑)」
木﨑「いや~スパイスカレーいいですね!」
コバ「じゃ、そろそろカレーあるあるを聞かせてもらうとするか」

木﨑「自分からいきますね。ナン食べ放題の店、最初はテンション上がるけど、だいたい1枚でお腹いっぱいになる」
コバ「そんなこともあったな、ぐらいの話やな」

櫻井「家カレーのあるあるなんですけど、ジャガイモやと思って食べたら、ルウが溶けてないだけやった」
コバ「ええやんけ」
櫻井「ホントですか?」
コバ「木崎より全然ええぞ」
木﨑「じゃ、自分ももう1つ。カレー食べている時、らっきょ食べるタイミング探りがち」

コバ「ま、そんなこともあるわな、ぐらいの話やな」
木﨑「ラッシー、カレー屋さんでしか見たことない」
コバ「オレは子供の頃よく見たけどな」

木﨑「絶対ウソですやん! じゃ、コバさんのあるある聞かせてくださいよ」
コバ「フェスとかのイベント会場で売っている白い紙皿のカレーを買った時、ルウ側を持ったら熱いと思ってライスの方を持ったけど結局熱いという」

祇園「(大爆笑)」
櫻井「どっちも熱いってことですよね。確かにあるわ~」

木﨑「さすがです!」

スパイスカリー ハルモニア
住所 大阪市中央区天神橋4-2-7 天満松栄会館106
電話番号 なし
営業時間 12:00~16:00、18:00~21:00、土日13:00~21:00
定休日 不定休
席数 8席
個室 なし
駐車場 なし
予約 不可
予算 850円~
カード 不可
喫煙 不可
客層 幅広い
BGM ロック、スカなど
主な取り扱いビール ギネス
アクセス JR大阪環状線『天満駅』より徒歩1分