大阪籠球会NBAの道|バスケットボール|NBA|スポーツ|連載|ぴあ関西版WEB

ホーム > 大阪籠球会NBAの道 >DAY1

MEMBER

KAN

Instagramtwitter

 

ISE

Instagramtwitter

 

FATBOY

Instagramtwitter

 

BON

Instagramtwitter

 

mic

Instagramtwitter

 

YUJI

Instagramtwitter

今日から『大阪籠球会NBAへの道』がついにスタート。時差などありますが1日の旅のまとめを私、大阪籠球会ISEがお送りします。短い間ですがよろしくお願いします!

 

アメリカ出発前日2月9日(金)。
いつも通り仕事終わりでメンバーがスタジオに集まり、いつも通りのオールナイト練習(毎週金曜日の0時から土曜日の朝方までが全体練習)そのままスタジオで仮眠していざ空港へ。

【アメリカ村からアメリカ合衆国へ】

文章で見るとギャグみたいやけど本当の移動です(笑)。
空港への移動中に発売されたばかりのBRAHMANのCDを聴いていた。“行動こそが現実”というTOSHI-LOWさんの言葉が思い出される。今回のNBAだって思ってるだけじゃ一生叶わなかった夢だ。

8:00に関西空港を飛び立ち、関空→羽田→成田と乗り継ぎ成田からアメリカへ出発したのが17:00。成田での長い待ち時間を使って最終ミーティングと撮影と腹ごしらえ(笑)。

準備万端と思ったら出発前にちょっとしたハプニングが…。今回の旅にカメラマンとして同行してくれてる仲間mido君のサブカメラが空港で故障。こういうハプニングも旅の醍醐味かもしれませんがこれ以上のハプニングは勘弁です…(泣)。

成田に到着してもアメリカへ旅立つリアリティーがあまりなかった。飛行機に乗った時に外人さんばっかりで、その時にやっと“アメリカに行くんや”って実感が湧きました。

約9時間の飛行機の旅、アメリカといっても距離は凄いが、時間だと夜行バスで大阪から東京に行くのと変わらない。不思議な気分だ。

先程書いたばかりですが早くも2度目のハプニングが…。空港に着いて荷物を受け取ろうとしたら僕のカバンが空いていて、中に入れていたスニーカーの片方がなくなっていました。必死に係員に「マイ、バック、オープン! ハプニング! ワンサイドシューズ、ロスト!」と呼びかけるも反応薄し。探しても見つからず。新しいスニーカー買わないといけないと覚悟した時にメンバーのmicが他の荷物に紛れているスニーカーを発見。仲間に助けてもらいました。到着と同時にアメリカの洗礼を受けました。

空港から今回滞在する宿泊場所へ。全員で一軒家をシェアして共同生活がスタート。
テラスハウス的な(男子だけですが(笑))、大人になってこういう合宿みたいなことできるのってなかなかないことだと思います。おもいっきり楽しんでいきます!

家主さんにいろんな情報を聞いていざポートランドの街へ。撮影したり、撮影ポイントを探したり、3日後にパフォーマンスするモダセンターを見に行ったり、なんせ歩き回りました。モダセンターを生で見たのに未だパフォーマンスするって感覚にならない。いつなるんだろう。前日かな? 当日かな?

個人的にはスケーターの聖地と言われている『Burnside Skatepark』へ行けたことがうれしかった。今日は人が多かったので撮影は無理でしたが絶対ここで映像撮りたい! 滞在中にまた絶対行きます。

時差ボケもあり流石にみんなクタクタです。早めに帰宅してミーティングしてDAY1は終了。DAY2からもお楽しみに!

 

ISE