LOSTAGE 五味岳久の奈良からの手紙~LOVE LETTER form NARA~|LOSTAGE|五味岳久|岡崎体育|音楽|連載|ぴあ関西版WEB

ホーム > LOSTAGE 五味岳久の奈良からの手紙~LOVE LETTER form NARA~ > 第15回 岡崎体育さん



 

Profile

岡崎体育(写真左)
京都宇治市在住の男性ソロプロジェクト。2016年4月に公開した「ミュージックビデオあるある」を題材にした「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオが大きな話題を呼び、同年5月発売のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』は、オリコンウィークリーチャート初登場9位、iTunesのJ-POPチャートで最高位1位を獲得。「MUSIC VIDEO」は『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞。2017年6月にリリースした2ndアルバム『XXL』は、前作を上回るオリコンウィークリーチャート2位を記録。また、またJINROやPepsi、コロコロコミック、パピコ、トランスフォーマー、タウンワーク、Googleなど数々の大手企業商品とのタイアップ、大人気テレビ東京系アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』のエンディングテーマへの抜擢、さらに他アーティストへの楽曲提供や編曲、リミックスも手掛けるなど、メジャーデビュー2年目にして八面六臂の働きで活躍中。

岡崎体育 オフィシャルウェブサイト
https://okazakitaiiku.com/


五味岳久(写真右)
ロックバンドLOSTAGEのボーカル&ベース。地方発信/地域密着をモットーに、地元奈良を拠点に独自の活動を展開中。メジャー/インディーを問わず、様々なジャンルのアーティストとの親交も深い。地域密着/地元発信のレーベル兼レコードショップ「THROAT RECORDS」主宰。2017年1月4日にスロートレコードよりTheSpringSummerの2ndフルアルバム『Trash & My Young Hearts』をリリースした。

LOSTAGE HP
http://www.lostage.co/

THROAT RECORDS
http://throatrecords.tumblr.com/

Release

【岡崎体育】

『XXL』(通常盤)
発売中


Sony Music Labels Inc.
2593円(税別)/SECL-2172

<収録曲>
01. XXL
02. 感情のピクセル
03. Natural Lips
04. Horoscope
05. まわせPDCAサイクル
06. 電車で聴くと映画の主人公になれる曲 (Interlude)
07. Open
08. 観察日記
09. Snack
10. 鴨川等間隔
11. 式

 

『式』

 

【LOSTAGE】

『In Dreams』(アルバム)
発売中

split7

THROAT RECORDS
2600円(税込)

<収録曲>
01. さよならおもいでよ
02. ガス
03. 窓
04. ポケットの中で
05. REM
06. 泡沫の
07. 戦争
08. I told.
09. 僕のものになれ
10. Shoeshine Man

LOSTAGEライブ会場、THROAT RECORDS店頭、THROAT RECORDSオンラインショップで発売中。


『ポケットの中で』(Unofficial Video)

Live

【岡崎体育】

JINRO presents 岡崎体育ワンマンツアー
「密着!謎のメンタリストRYOMAを追え!」
▼3月25日(日)17:00

SENDAI GIGS(宮城)
1F 立見 4,300円(税込)
2F 着席 4,800(税込)
[問]キョードー東北 022-217-7788

▼3月31日(土)18:00
DRUM LOGOS(福岡)
1F 立見 4,300円(税込)
[問]キョードー西日本 092-714-0159

▼4月7日(土)18:00
Zepp Osaka Bayside(大阪)
1F 立見 4,300円(税込)
2F 着席 4,800(税込)
[問]清水音泉 06-6357-3666(平日12:00~17:00)

▼4月8日(日)17:00
Zepp Nagoya(愛知)
1F 立見 4,300円(税込)
2F 着席 4,800(税込)
[問]サンデーフォークプロモーション
052-320-9100(10:00~18:00)

▼4月15日(日)17:00
Zepp Sapporo(北海道)
1F 立見 4,300円(税込)
2F 着席 4,800(税込)
[問]WESS 011-614-9999(月~金11:00~18:00)

▼4月21日(土)18:00
▼4月22日(日)17:00

Zepp Tokyo(東京)
1F 立見 4,300円(税込)
2F 着席 4,800(税込)
[問]HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
※ドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可
チケット情報はこちら

Creepy Nuts全国ツアー2018
「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけど“遂に”メジャーデビュー。」
Pコード:100-625
▼3月16日(金)19:00

新潟studio NEXS(新潟)
前売り¥3,500(税込)(ドリンク代別途)
[出演]Creepy Nuts
[ゲスト]岡崎体育
※未就学児童の入場不可
[問]FOB新潟 025-229-5000
チケット情報はこちら

 

【LOSTAGE】

「bokujyu vol.6」
▼2年12日(月) 17:00

KYOTO cinematiksaloon(京都)
前売-3,000(+1D)
[出演]五味岳久(弾き語り)/吉田省念
[問]info@cinematiksaloon.com

「uri gagarn 2nd single
“Few/Owl”release party」
Pコード:102-767
▼2月15日(木) 19:30

Shibuya WWW
オールスタンディング-3000円(ドリンク代別途必要)
[出演]uri gagarn
[ゲスト]LOSTAGE
※4歳以上はチケット必要。
[問]ホットスタッフ・プロモーション
[TEL]03-5720-9999
チケット情報はこちら

「‐The Tone-」
Pコード:104-857
▼2月16日(金) 19:30

sunset BLUE(愛知)
全自由-3400円(整理番号付・別途ドリンク代必要)
[出演]小林祐介/五味岳久
[問]sunset BLUE
[TEL]052-325-3410
※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。
チケット情報はこちら

「R食堂14th ANNIVERSARY MINDJIVE Vol.20 」
▼2月17日(日) 18:30

IWATA FMSTAGE(岩手)
前売り-3000円 当日-3500円
[FOOD]R食堂
[出演]ember/qujaku/LOSTAGE
[問]MINDJIVE
mail:mindjive.event@gmail.com

「LIVE HOUSE FEVER presents
“FEVER TOURS in Thailand 2018”」
▼3月4日(日)

THAILAND SUKHUMVIT Rockademy(タイ)
[料金]
Early Bird : 500THB + Special Compilation CD
Special Advance : 700THB + Special Compilation CD
Advance : 700THB
At Door : 900THB
[出演]the band apart (from Japan)/LOSTAGE (from Japan)/deepsea drive machine (from Japan)/INSPIRATIVE
[Venue]Rockademy (Sukhumvit soi 26)
[詳細]
https://www.facebook.com/
RockademyThailand/

第5回<福岡編>
「働きながら音楽活動をする」
▼3月17日(日) 14:00

HOOD天神(福岡)
前売-1500円+1ドリンク-500円
[ゲスト]奈部川光義(ATATA)/五味岳久(LOSTAGE)/鈴木哲也(oaqk/ ヤフー株式会社/Penguin market records副代表)
[問]https://goo.gl/bDbzy9
※トークイベントのため楽曲の演奏はありません。

「MUNASAWAGI 2018 ~オールA編~」
2月13日(火)10:00~一般発売
Pコード:105-072
▼3月20日(火) 19:00

渋谷 O-Crest(東京)
オールスタンディング-3500円(ドリンク代別途必要)
[出演]tricot/LOSTAGE/他
※未就学児童は入場不可。
[問]ディスクガレージ
[TEL]050-5533-0888
チケット情報はこちら

「SuiseiNoboAz“liquid rainbow”
release 1st ANNIVERSARY」
▼3月22日(木)19:00

高田馬場CLUB PHASE(東京)
前売-3000円 当日-3500円(いずれもD別)
[出演]LOSTAGE/SuiseiNoboAz
[問]http://suiseinoboaz.com/index2.htm

「FIND THE REAL 2018」
▼3月24日(土) 18:00

奈良NEVERLAND(奈良)
前売-2500円 当日-2800円
[出演]SLEEPCITY/TRA/bacho/LOSTAGE/B SIDE APPROACH/NORTH MAN NOSE
[問]nara-neverland.com

KING BROTHERS Presents
20th Anniversary&Newアルバム先行発売ツアー『wasteland』
▼4月21日(土) 19:00

奈良NEVERLAND(奈良)
前売-4000円 当日-4500円(全て1+Dr別)
[出演]KING BROTHERS/LOSTAGE
[問]http://www.kingbrothers.jp/
※学生割引有り、当日受付にて学生証の提示で1000円キャッシュバック!!

LOSTAGE In Dreams TOUR FINAL
「A BOY IN DREAMS」
Pコード:349-960
▼5月20日(日) 18:30

SHIBUYA O-EAST(東京)
スタンディング-3500円
スタンディング学割-1000円
※公演当日要学生証
※いずれも+1ドリンク
[出演]LOSTAGE
[問]シブヤテレビジョン
[TEL]03-5428-8793
チケット情報はこちら

LOSTAGE 五味岳久さんがインタビュアーとなり、“今、気になる人”と会い、それぞれの生活圏から見えている景色や、これから見たい光景を語り、考える、連載企画『奈良からの手紙』。第15回は岡崎体育さんです。五味さんと岡崎さんの出会いは、五味さんのショップであるTHROAT RECORDS。インタビュー中に、「レコード屋って文化交流の場であっていいと思う」と発言している五味さん。2012年のオープンから今年の秋で丸6年。お二人の出会いもそうであるように、奈良をはじめ多くのバンドマンや音楽ファンにとってTHROAT RECORDSは今やすっかり、一つの「ホーム」になっていることも、岡崎さんとの対話で見えてきました。「ホームについて」といういつものテーマより、「ホームの中」で話しているような、お二人のフランクな会話もどうぞお楽しみください。

 

「コミックバンドに音楽家としての根本的な情熱を感じるようになって。
それはこのジャンルに身を置いてわかったことの一つです」(岡崎)

 

五味岳久
(以下、五味)

今日はどういう感じでやろうかな? 生い立ちとか過去の取材でありました?

岡崎体育
(以下、岡崎)

生い立ち、ありましたね。『QuickJapan』で特集されたときは、結構赤裸々に。母親とライターと三者面談みたいなことして、おかんが生い立ちをつらつら説明しました。母親は五味さんのことも知ってますよ。アルバムも聞いてる。(『In Dream』収録の)『戦争』がいいって言ってました。

五味

そうなんや(笑)。ほなどうしようかな…。活動歴は? 俺、そういう話ちゃんとしたことない。

岡崎

バンド活動自体は…。

五味

バンド活動? バンドやってたって聞いたことなかった。1回、ネバーランドで周年でやったとき、やたらバンドでやってるやつに噛みつく感じやったから、なんかバンドにコンプレックスあったのかなって思ってたけど、実際やったとは聞いてなかった。何の楽器やってたんですか?

岡崎

五味さんと同じベース&ボーカルを。

五味

いつ頃やってたん?

岡崎

2009年から2011年ぐらい。大学のころです。

五味

コピーとか?

岡崎

いや、全部自分のオリジナルでやってましたね。ネバーランドでやっていて、メンバーが渡米したりしてどんどん減っていって、一人だけ残って…。……めっちゃ雨降ってます?

(突然の暴風雨)

五味

俺、今まで対談でこんなに雨降ったことない。そん時、LOSTAGEが活動してたって知ってた?

岡崎

知ってました。ネバーランドでやってるって。それで、一人になって、岡崎体育の活動自体が2012年からで、ちょうどそのころにスロートレコードの店舗営業が始まって。これはチャンスやと思って、お店やってはるんやったらCDを置いてもらおうと思って。最初、友達に連れて行ってもらって。CD-Rの音源をスロートに持って行って、『ファントム青少年』という…。

五味

あれ、CD-Rやったやんな。あれは勝手に複製して売ってもええんや。

岡崎

やってもいいです。五味さんの人格が疑われるくらい。

五味

俺がやるんや。

岡崎

その時が初めて五味さんに会った年です。僕がお店に初めて行ったのは、2013年の夏前くらい。

五味

もうちょい長く(ソロを)やってると思った。なんで一人になってもやってたん?

岡崎

バンド自体うまいことできなくて。僕が全然協調性がなかったので。リーダーで、曲を書いて。言うとおりやってくれないと僕が機嫌を悪くしていて。メンバーの「こういう音にしたい」って言う意見も全部、僕が制止していて。俺の考える通りやれみたいな感じでやっていたので、すごくバンドの雰囲気を悪くしていて。

五味

それで解散に至って?

岡崎

もう、僕のせいなんです、全部。だから、協調性ないなと思って、やるんだったらこの先は一人の方がいいなと思って一人で始めました。

五味

パソコンを使ってやるのは、それ以前はやっていなかった?

岡崎

やっていました。バンドの頃からやっていて。ベースの横にパソコンを置いて、ライブでもちょっとエレクトロバンドみたいなことをやって。だから知識はあったんです、EDMとか。

五味

そういう方が好きやった?

岡崎

むしろそっちの方がずっと好きでした。当時、音楽を人前で披露する手段がバンドぐらいしか思いつかなかったからバンドでやってたんですけど、僕が活動し始めた時期からYouTubeとかネットが発達してきて、自分が作った音源を聴かせることができるってなって。その辺からバンドじゃなくてもできるのかなって。

五味

バンドやりたいなって思いは?

岡崎

がんがんあります。あるけど…(すさまじい雷鳴が声をかき消す)

五味

多分、それ以上言うなってことやな(笑)。で、やりたい気持ちはあるけど…?

岡崎

あるけど、今は一人でやっていて、この人とこの曲をやりたいとか、この曲はこういう人たちとやりましたっていうことに楽しさを覚えるようになって。今回のアルバムもネバーランドで仲良くなった人に楽器を弾いてもらっているので、僕としてはバンドをやっているような気持ちでできたので、「バンドやりたい欲求」は満たされましたね。

五味

今はライブハウスは出てんの?

岡崎

それはちょこちょこと。打首獄門同好会とか。結構、コミック色強い人たちとツーマンやったりすることが多いですけど、コミック色が強い人たちって自主性があると思うんです。自分で発信する力がコミックバンド、コミックマンの方があると思っていて。

五味

自分でそういう立ち位置やって自覚してやってんねや。

岡崎

そうですね、第一線でやってるコミックマン、コミックバンドっていうのは結構、意識しているんですよ。自分がコミックソングやってるって自覚を持っていないと精神が崩壊してまうなと思って。

五味

芸としての自覚?

岡崎

そうですね、一つの芸としてやっている部分があるので、そういったことを僕はほかのコミックバンドからも感じるところがあるので、一生懸命取り組んでいる姿が目に見える人が多いっていうのがあって。僕は中高生のときはコミックバンドとか全然聴いてこなかったし、バンドっていう基盤があるのに何でこんなことやってるんやろうって思ってたんですけど、最近、それが生き残る術であったり、音楽家としての根本的な情熱みたいなものも感じるようなって。それって結構、僕の中で成長した点というか。それを感じられるようになったというのが、このジャンルに身を置いてわかった一つですね。

五味

確かに、ずっとステージの上じゃないもんな。普通に大人やし。そういう友達というか、仲間がいる。

岡崎

そうですね、増えました。同じような志を持っている人が増えたっていうのは、メジャーデビューしてよかった点ですね。

五味

同じフィールドにおる?

岡崎

メジャーじゃないと逆に…。ばっと行ってへんコミックは、あんまり考えられてないからなのかなと思うし、メジャーに行ってることが一つのバロメーターになっていると思う。マーケットにちゃんと入りこめてる人たちだと思うので、そういう人たちと切磋琢磨することで見えていなかった部分も見えてきますし…。コミック要素とかエンターテイメントの部分を簡単に考えたいとは思ってないです。

五味

うん。メジャー自体はもう、興行やから、そういうことを考えてなかったらやられへん。バンドでもそうやし。

岡崎

商業音楽は商業音楽って捉えられている人が音楽で飯食えるんかなって思いますね。

五味

そらその通りやな。でも音楽ってそれだけじゃないところもあるやん。数字で測れへん、もうちょっとパーソナルなもの。例えばここで俺が歌って、この中の一人がすごい感動して泣くっていう、そういうものの良さってあるやん。そういうのも音楽やし、俺はそういう興行とか、芸とか、エンターテイメントとか、そういうところのフィールドではやりにくい。性格的な問題もあると思うけど、生きにくいなと思って。それで、ちょっと距離を置きたいなって。でも、そういうところでやっている人とか、一線で売れている人がやってることは、自分ができへんからすごいなと思って見てるし…。メジャーとかそういうのが嫌いなわけじゃないけど。そういうふうに思われてるけど(笑)。いろんな音楽をいいと思うし、自分がフィットせんかっただけで。岡崎がやってることとかもすごいなと思って見てるし、自分が自覚している岡崎の立ち位置ってあるやん。俺もそれ、逆のベクトルであるから。地元にずっとおって、ちょっと面倒くさくて、アンチメジャーじゃないけど、そういうカウンターとして活動してるみたいな、そういうふうな役割を自分が担っていると思っているからそういう発言を日常的にしてるだけで、……ほんまは思ってない。

岡崎

あれ??(笑)。

五味

俺のこと中学生やと思ってるかもしれんけど、理解してますよ、それくらい。だから対談とかで、読んだ人たちも感じ取れることがあればいいかなと思って。そういうのを見て面白がってくれたらいいなと。

岡崎

プロレスとしてね。

五味

今の岡崎体育を聴いているもっと若い世代の人たちに残すものがあるとか、そういう自覚はある?

岡崎

現状はないですね。自分がどれだけステージで活動できるかわからないし、どれだけ需要があるかもわからないから、需要がなくなり次第、裏に回ろうと思って。なくなったら裏に回ろうという考えはあります。裏に回った時に「岡崎体育」というピエロを演じなくてもよくなるので、そうなったときに熱い気持ちじゃないですけど、考え方をガンガン前に出してもよくなると思うんですよ。

五味

今は潜めてる?

岡崎

今はピエロなので、あまり熱い気持ちを出してしまうと、「ん? なんだこいつは」って理解が追いつかない人たちがいると思うので、できるだけ控えています。裏に回った時に、自分がメジャーで活動していた時に経験したことや、こういうふうに動いていた、こういうふうに考えてたっていうことを何か発信できたらいいなと考えてます。

五味

そこまで割り切ってるんや。俯瞰して見ている。

岡崎

そうですね、そういうのはありますね。

五味

大変やな、それも。

岡崎

気持ち的にはそうしてる方が楽です。別ものだと割り切っている方が楽ですね。同一人物でやっている方が、振り幅が極端になっちゃうので…。完全に別個体として人格を分けてやっている方が精神的には楽です。

五味

そういうの、みんな気づかへんのかな?

岡崎

勘がいい人は気づいて、言われたりしますね。特にミュージシャンとか、ライターの人とか。こういうインタビューとかで言っちゃってるから、徐々に勘付かれている気はします。

五味

そうなったら離れていくんじゃないの?

岡崎

そうなんですよ、そうやって離れていく人がある程度まで増えたら辞めようと思っています。

五味

そうなっていってもいいと思っている?

岡崎

それが僕は淘汰かなと思います。そういう考えや思いが露呈したときに離れていく人と残る人がいると思うんですけど、残る人は僕の本質とか考え方とかに賛同してくれる人だと思う。離れていく人は岡崎体育のやっている音楽をただのファッションだと思っている人たちだと思うので。残る人と離れる人の割合は僕の今後の頑張り次第だとは思います。今はできるだけ、残る人を増やす活動だと思っていて。自分のやりたい音楽づくりは体が衰えてからもできると思うんです。岡崎体育がフェスとかで求められているのは、「太っている兄ちゃんがすごいアゲアゲな曲をやって面白い」とかだと思うので、今はできるだけその層の人を楽しませる努力をして、最後まで残ってくれる人たちにちょこちょこと自分のアティチュードみたいなものを残していきたいですね。

五味

なんか寂しなってくるわ、そんなん(笑)。

岡崎

僕自身は楽しんでやってます。

五味

本質とは何か?って話になってくるやん。本当に自分がやりたい音楽とか。働いている人でも、毎日しんどいけど自分の仕事をやって、たとえば絵が描きたい、釣りしたいとか、自分が本当にやりたいことは老後の楽しみとして置いておく。そういう時間の使い方もわかるねんけど、いつまで生きてるかわからへんし、もしかしたら来年死ぬかもしれん。そうなったとき、ほんまにやりたいことをやりきれへんまま終わっていく可能性もある。どっちかっていったら俺は、今やりたいことがあるんやったら、今それをやるっていう生き方とか、考え方でやってきたから、なんか寂しい気持ちになる。どっちが正解とかじゃないけど。何で今やらへんねん。

岡崎

何でですかね。とにかく僕の中で一番大きいのは、裕福になりたいというのはすごく大きい。

五味

金を稼ぎたい?

岡崎

金を稼ぎたい。30代、40代になった時、自分のスタジオを作って、そこで誰にも干渉されない防音室を作りたい。将来、自分一人だけになれる世界を作って、それこそ自分の本質を150%出せる環境を作りたい。そのために今、頑張っているっていうところはあります。来年死んでしまったらそれは仕方ないです。だから、できるだけ可能性が高い方を辿っていって、将来、幸せに音楽をするために岡崎体育をやっています。

五味

…すごい割り切るね。金は欲しいけどな、みんな。

岡崎

金がないと生きていけない文明になっているので、そこはきれいごとを言ったり、変に牙を剥いていたらかっこ悪い。金は要ります。

五味

音楽やって金を稼ぐ、客を集めて金を稼ぐ、CDを売って金を儲けるっていうのは、何か、言ったらあかんことみたいになってるやん。それに対しては、もうちょっと考えてやったらいいのになって思うけど、そこまで割り切れへんな。自分も葛藤があるから。売ってるから、店で。音楽を売り物として仕事にしている部分があるから。俺が店で仕事をしている時の感じが、「岡崎体育」というキャラを演じているときの感じに近くて、音楽のことを考えて自分で曲書いたりとか、メロディ考えたりしているときがバンドの時の自分で。俺にも仕事と、そうじゃない時と割り切っているときもあるからわかるんやけど、「俺、何やってんねやろ?」ってなる時ない?

岡崎

どうなんかなぁ…多分、「何やってんねんやろ」ってならへん人が売れるんじゃないですか。

五味

俺もう、毎日なってる。

岡崎

(笑)。ああ。

五味

俺、音楽好きやったっけとか(笑)。

岡崎

もちろんショックなこととかは降りかかるんですよ。この界隈の人らには俺は受け入れられてへんなとかあります。それは悲しいことではあるんですけど……炎上商法でやっているわけじゃないですけど、ギリギリでストライクを攻めへんとストライクを取ってもらえないので、音楽シーンで。デビューしてまだ1年半とかですけど、いろいろ感じました。精神的にはめまぐるしく動いてたから、そういうのは正直しんどかったです。

 

「あんだけ俺を寂しい気持ちにさせといて、やっぱりCDが好きって……
なんなんそれ!」(五味)

 

岡崎

LOSTAGEの活動自体はどうですか? 孫ができてもやってたりしますか?

五味

これを続けたいというのは正直ないねんけど、みんな近くに住んでて、16年目とかで価値観とかも知りきっている。阿吽の呼吸でできることがあるから、それをもう1回、誰かと作るのはしんどいな。この対談のテーマに戻ってくるけど、自分にとってホームとか、自分が一番居心地のいい場所、やりやすい関係が自分のバンドにあるから、それは守っていきたいなっていうのはあるかな。他の人とやるのは疲れるから、しんどいことやりたくないなって。文面だけ切り取ったら逃げてるみたいに思われるかもしれんけど、それを守るためにやっているところがあるし、そのため地元にいる。気持ち的に楽でいるために、たまに表に出て行って、人と話したりする。そしたら、「あ、やっぱり自分のやる場所はここや」ってわかる。レーベルを離れて、独立して、店作ってとか、自分でやるようになっていく過程で気持ちは楽になっていく。お金とかはなくなるかもしれんけど。そういう意味ではやりたいことをやれてるなって思う、今のところ。金も儲けたいから。ちょっと儲けたんやけどね、こないだのアルバムで。岡崎に比べたらあれやけど。

岡崎

そうなんですね。どうなったんやろうなって思っていて。すごく特殊な形態でセールしてたから。

五味

儲かってる、儲かってる(笑)。そろそろ税理士さんに相談しに行こかなって。

岡崎

あら! 僕も今回出したアルバムでフィジカル10万枚売るってSNSで言ってて。

五味

出す前にな。言ってた言ってた。

岡崎

今日日、フィジカルで売るなんて前時代的やなっていろんなところで言われたし、わかってたんです。でも目標として「盤で売りたい」っていうのがあって。今の若い子たちが音楽を配信で買うようになったり、サブスクとか定額制のもので聴くようになっているので。店に行って、CDを手に取って、買って、家に帰って包装を取って、歌詞カードを抜き取って、CDをコンポに入れてっていう作業をまだなくしたくないなって思っていて。それもすごく古いなと思うんですけど。僕、ツイッターで僕のCDをエゴサーチして見てたんですけど、「何年ぶりにCD買った」とか、「10年ぶりぐらいにCD買った」っていう人が結構いて。CDいいな~っていうか、物っていいなって思ってほしいなと思ったので、僕は今回フィジカルを意識してセールスをしていたんですけど、CD自体が規格としてなくなる可能性があるじゃないですか。配信だけの世の中になるかもしれない。そういう意味で、世の中がどうなっていくかわからないし、自分の音楽の売り方を考えていかなくちゃいけないし、五味さんみたいに地元で考えられている人っていうのは東京で活動している人たちよりかは別の考え方もできると思うし。

五味

それやったら店来いよ。

岡崎

(笑)、僕は家で考えられるから(笑)。

五味

なんでやねん(笑)。金とかで割り切っているわりに、意外とCDとか大事にしたりするやんか。前からそうやけど。うちの店来て、ようわからんCD買ったり。それがようわからんな。それだけ割り切ってるのに。もう配信だけに行ってもいいと思うけど。……なんでなん?

岡崎

個人的に好きで、家に置いておきたい。CDラックに並べておきたいっていうのがあるので…。だからCDを今でも買います。

五味

あんだけ俺を寂しい気持ちにさせといて、やっぱりCDが好きって……なんなんそれ! まあ、そういうところがいいんやろうけど…。

岡崎

うーん、なんなんやろう、わからないですね。五味さんを寂しい気持ちにさせていることも今、知ったんでね。まさか寂しいと思われるとは思ってなかったんで。

五味

CD買ってる人もちゃんといる?

岡崎

いますね。

五味

どういう層の人が聞いてんの? 岡崎体育。

岡崎

それがすごく幅広くて。ポケモンの曲もやったから、小学生の子たちもワンマンライブに来てくれたり、上は60代のおじさん、おばさん、壮年層の人が来てくれたり、CD買ってくれたり。男女比率半々くらい、年齢層もバラバラです。

五味

音楽として一番いい。

岡崎

僕としてはお客さんあのふり幅は気持ちいいなと思います。僕がステージから見たときも。登場した時も、野太い声と黄色い声があったりして。

五味

黄色い声あるん!?

岡崎

あるんですよ。ぽっちゃり好きのマニアが来るんですよ。

五味

ポップスとして完成されている。

岡崎

一番理想的な客層かなと思いますね。でもやっぱり若い子は比較的CDを買わないというイメージはありますね。

五味

だって聴けるもん。配信で。

岡崎

でも、びっくりしました。まさか五味さんがサブスクを使っているとは思いませんでした。

五味

俺も最近使うようになって。全体的にそういう流れが来ていて、自分は違うやり方でやりますってなって、そっちを完全に無視してたらわからへん。自分がやっていることも。だから一応、使ってみて、どんな感じなのか知ってた方がいいなっていうのがあって。今も使ってるけど、すごい便利やし。これはないやろっていうアルバムとかもあって、それは買わへんけど。

岡崎

そこは僕、寂しかったですね。

五味

(笑)、なんでやねん。俺かて使わせてよ。

岡崎

ああ、五味さんそうか、寂しいなと。頑固者のおじさんでいてほしかったですね。

五味

店のBGMもアップルミュージックやし(笑)。

岡崎

まじか~!

五味

「今、流れてるのありますか?」「いや、これないです。アップルミュージック。アマゾンで売ってます」みたいな。正味、レコード屋ってそういう文化交流の場であっていいと思う。全然、アップル使う。

岡崎

そういう意味で俺より割り切ってると思いますよ、五味さんの方が。

五味

店のことに関してはな。いつ(店が)なくなってもおかしないし、10年後はやってないんちゃうかなって思いながらやってる。そうじゃない部分を育てやな、生き残っていけへん。だからそれはめちゃめちゃ割り切ってる。

岡崎

じゃあ人のこと言えないです。

五味

そうやな(笑)。だからこそ親近感もあるし、好きで対談相手として来てもらってんねんで!

岡崎

奈良の音楽シーンが盛り上がっていってほしいっていうのはあるんですか?

五味

あるそれ? 地元のホームに還元したいとか。あんまないやろ? おるけど、宇治に。

岡崎

下が育ってほしいっていうのはないですね。ただ、奈良からバンドマンが育ってくれた方が面白いなって思ってます。アルソコニとかも『サマソニ』に出てたし。

五味

元気がいい方やと思うな、地方都市にしたら。

岡崎

そうですね、今、奈良でガツンと来てるバンドはアルソコニとAge Factory、今の日本のライト層リスナーにはちょっと迎合してないんじゃないですか。売れ線の音楽じゃないし。

五味

それを岡崎が教えたらええんちゃう?

岡崎

いやいや(笑)。ジャンル感が違うから! 例えばエースケが俺みたいにSNS使ってやれって言っても絶対しぃひんし。

五味

そっから学ぶこともあるんじゃないですか(笑)。岡崎は岡崎で後続みたいなのがそのうち出てくるし。脅威みたいなのが。こいつヤバいっていうのが。

岡崎

出てきてほしいですけどね、僕。

五味

結果的に盛り上がったら一番、嘘くさくなくていいなぁって思う。そんな感じかな。(スタッフに)何か補足ありますか?

 

岡崎には原体験をこそばせるような何かがあるんですよ」(五味)

 

--宇治と聞くと京都のイメージがあるのですが、奈良によく来ていたというのは、どうしてですか? 物理的に近いからですか。

岡崎

通っていた高校が高の原っていう駅にあるところで。僕、宇治でそこそこ勉強できたんですよ。進学校に行って、いい大学入ろうと思って勉強してたんですけど、周りの友達も遠くから来てるから全然知らんやつで。高校で出会った友達の中に結構、音楽好きな奴がいて、そいつが高校の時に「奈良にE♭音楽スタジオっていうスタジオがあるらしい、高校生も安くて使えるらしいから、遊びで1回入ってみようや」って言って、新大宮の駅から近いし、遊びでスタジオに入ったのが奈良で音楽をするようになったきっかけで。E♭のロビーでポスターとか見てるときに「奈良ネバーランドっていうライブハウスが近くにあるらしいぞ、1回出てみようや」ってなって。それで出たりとかして。僕が通っていた高校が奈良寄りだったっていうのが一番でかいです。交通の便でも宇治は奈良の方が近いんですよ、京都市内に行くより。奈良まで1本の道で行けるので。そういう意味でも、僕は気持ち的に行きやすかった。あと、奈良の方が面白かったですね、ライブをやってて。京都って大学生が鬼のように多い街なので、高校生とか大学生のブッキングライブはある程度、ジャンル分けされるんですよ。今日は売れ線系のバンドとか、今日はハードコア、パンクの日とか。京都では、そこで似たようなジャンルのやつとやるようになるんですけど、奈良って区分けできるほどのバンドがいないから、ぐちゃぐちゃになるんですよ、ジャンル感が。ミクスチャーのやつがいたり、弾き語りのやつがいたり、むちゃくちゃになるんです。それがすごく面白くて。

五味

毎回同じやつが出てる。人がいないから。

岡崎

そうなんですよ、「またこいつ対バンや」とか(笑)。半年前と同じやな~みたいな対バンとかあって。それが逆に面白かった。久しぶり!ってなりやすかった。奈良のバンドって全員、仲いい感じがあるので、それがすごく気持ち良かったというか。その中に入り込んで。

 

--バンド同士でギラギラ感はないんですか?

五味

ないよな?

岡崎

ないですね。あるやつはもう、すっと飛び立つので。

五味

大阪とか京都は車で1時間かからないので、それをぬるいなと感じたら出ていきます。

岡崎

そのぬるさを気持ちいいと捉えた人が残るので。僕はそこにいて気持ち良かったから、インディーズ当時はよくネバーランドも出てました。

五味

いいところもあるし、悪いところもある。温度感は。

 

--なるほど。岡崎さんは今の音楽をされるにあたって、影響を受けた音楽はあるんですか?

五味

音楽の話、全然せんかったなぁ。

岡崎

そうですね、活動を始めた頃は、打ち込みをやるにあたって自分のアティチュード的にどこを目指すかってところでは、電気グルーヴをずっと目標に置いてたりとか。あとは…単純にLOSTAGEが好きでした。奈良のバンドはほぼ全員、LOSTAGEが好きやと思うし…。

五味

それは言い過ぎ。絶対嫌いなやつおるって。

岡崎

嫌いなやつは大阪とか京都に行くんですよ。

五味

そういうことか。ここらの界隈にはおらんってことか。怖い!!

岡崎

大学の頃とか、岡崎体育を始めたころはLOSTAGEを結構聴き込んで、勝手にサンプリングして曲を作ったりとか。

五味

最初、店で二人でだらだらしゃべってる頃は音楽の話、結構してたよな。

岡崎

してましたね。

五味

最近何聴いてるとか、こういうのができたから聴いてくれみたいな。音のサンプルとして、僕らのバンドのCDを持って帰って、そっから音の素材を使って自分の曲を作って、岡崎の当時のアルバムの特典とかにつけてて。今も残ってるけど、あれはだからそろそろ…。

岡崎

あ、売ります? たぶん10枚くらいしか出回ってない。

五味

じゃあ、この対談を読んでくれている方に先着5名で…。

岡崎

プレゼント。じゃなくて2万円で売る。

五味

売る。

岡崎

10万円になる。

五味

それで寿司食いにいこう。

岡崎

行きましょう。

五味

そういう話を店でしてました。最近、活動が多岐に渡ってるし、会っても音楽の話をする時間があんまりないですね。

 

--お二人はどんな関係になるんですか? 先輩後輩とかで言うと…。

五味

それもあんまないですね。いきなり出てきたから、一人で。突然店に現れて。こんにちは~って。CD持ってきてくれたので、それを聴いて。才能もあるし面白いと思って聴いてたんですけど、正直好きなタイプの曲と好きじゃないタイプの曲があって。ライブも一緒にやったりして、俺が好きなタイプの曲をライブでやらないんですよ。俺が好きな感じじゃないのをライブでやるから。そのライブの時にも言ってたんですけど…。

岡崎

初めてライブを観られた時、「何やってたんお前」って言われました(笑)。「やれよ、普通の曲!」って。

五味

(笑)、やっぱり割り切ってる感じがライブを見ててもわかったから。でも僕が好きな感じの曲はCDにも入ってるし、それを作れる土台がちゃんとあることをわかってて見てるから、面白いやつやなって。そこまでの割り切りがあってやってて、で、自分の曲をどうやって聴いてもらうかとか、周りにいる同世代のバンドマンの考え方に比べたらパンチあるなって。

岡崎

関係性で説明するとしたら難しいと思うんですよ。先輩後輩でもないし、友達でもないし、複雑な関係、言及しにくい関係。

五味

たまたま近くに住んでたっていう。自分が面白いなって思った人がびっくりするぐらいのスピードで有名になっていくのは傍から見ていて面白い。俺が見つけたっていう感覚じゃなくて、やっぱり自分の直感がそんな間違ってなかったんやなって。世の中的にも浸透していくのは俺の中でも気持ちいい感覚があった。

岡崎

僕、五味さんがさっき言った「好きじゃない方」の曲で話題になったんで、ああ、もう、この人とは終わりやって思いました(笑)。

五味

いやいや(笑)、どっちもやってるから。

岡崎

そういうのがあってちょっと店に行きにくくなったっていうのは正直あったんですよ。何やねん、今更のこのこ来てってなるかなって。

五味

いつか出してくれると思ってんで。いい歌で『Mステ』出てくれるって。俺さ、言ったかもしれんけど、小学校くらいの時に嘉門達夫がすごい好きで。一番聴いてた作品集で『宴』ってあるんやけど、小4の時にクリスマスでお母さんがくれたんよ。その時はゲームボーイが欲しくて「ゲームボーイ、サンタに頼んどいて」って言って、朝起きたら明らかにカセットテープの大きさのプレゼントが置いてあって。これは絶対違うと。で、もう悔しいからめちゃ聴くやん。

岡崎

あ、聴くんですね。

五味

聴くよ、そら。ゲームボーイないし、プレゼントそれやから。で、それめっちゃ聴いてて。それも面白いアイディアが入ってる曲と、2、3曲めっちゃいい曲が入ってて。これ、絶対真面目に作ってる、笑かすとか関係なく、ほんまにいい曲作ろうとしてるっていう、その曲がいいのよ。そういうのを岡崎も作れるやろうし、そういうのんを…。別にそれで売れやんでもいいけど、そういう曲を聴きたいなっていうのがずっとあるわけや。

岡崎

結構ワンマンではやってるんですよ。弾き語ったりもするし。

五味

あれ対バンやったか、観たとき。

岡崎

そうですね。

五味

嘉門達夫が好きな感じで、岡崎が好きですね。なんか、いろんなものがある。好きじゃないものもあるから。

 

--嘉門達夫さんは五味さんが最初に聞いたミュージシャンですか?

五味

小学校の時、ブルーハーツを聴いてて。その頃、半ば強制的にクリスマスプレゼントされたので、原体験には近いというか。digったわけじゃないです。与えられた。

岡崎

悔しくて聴いてた(笑)。くっそ~って(笑)。

五味

岡崎には原体験をこそばせるような何かがあるんですよ。『宴』…アップルミュージック入ってるかな…。

岡崎

またサブスク。

 

--嘉門さんは替え歌が今も子どもたちに人気で、当時聞いていた子どもと、今の子どもとが一緒になって楽しんでいるそうですよね。

五味

そこちゃうん?

岡崎

僕ね、これずっと言ってて、SNSに将来の目標で書いたりするんですけど、その一つに「Eテレで冠番組持つ」っていうのがあるんです。そこが嘉門達夫さんが今やってることと近いところだと思うんですよ。Eテレで冠を持ったら絶対安泰やと思うんですよ。子どもも大人も見てくれる。

五味

行けるんちゃう? 長く続けてたら。

岡崎

『天才てれびくん』のMCとかしたいです。

五味

やってそうやもんな、子ども相手に。子どもがいいっていうものってほんまにいいものやと思うんよな。俺らは手垢にまみれすぎて……。金がどうとか…。こんな話ばっかりですよ! もういやだよ!

岡崎

(笑)、そらレーベルオーナーやからそんな話もしないとだめでしょう(笑)。

五味

子ども心を忘れたくない。あるけど。そういう、俺の原体験にヒットした希少な存在。みんな様子見ながら店に来てくれるんですよね。

岡崎

やっぱりみんな五味さんの話を聞きたいんですよ。

 

--どんなことを聞きたいですか?

岡崎

一番は音楽に対してどういう考えを持ってるのかすごく気になったし、メジャーで活動もしていて、全国を回って、そういうに「行けば会える」っていう環境を作ってくれたことが奈良のバンドマンにとって一番でかいことだと思って。バンドマンはみんな、店に行くときは緊張はしますけど、話しかけたら話してくれるし、嫌な顔絶対しんとみんなと話してくれますし、五味さんは。

五味

……めっちゃええこと言ってくれてる! これ冒頭で、でっかく。

 

--スロートレコードというお店を開けるにあたって、そこを目指していたというのもありますよね?

五味

この対談でいろんな人と話して。KENさんと話したときも「地元でシンボルみたいになってやるのがいいと思う」って言われて。すべてを真に受けているわけじゃないけど、やっぱりそういう部分は担って行って…。多分、自分にしかできへんから。今は、広い意味でみんなのホームを作っていく作業というか、自分のホームだけじゃなくて。冗談交じりで岡崎は来なくなったとか言ってますけど、またいつか、ちょっと疲れたり、暇になったり、何かあって戻ってきたときは、話が出来る場所というか、今はそういうものなのかなっていう気はしてますね。…いつでも帰って来いよ!

岡崎

いや、1時間半かかるんですよ、原付で。

 

 


取材:五味岳久(LOSTAGE)
撮影:河上良(bit Direction lab.)
企画:高橋はじむ
企画・構成:岩本和子
取材協力:奈良ネバーランド