faceback!|フェイスバック|宮本亜門|スーパー・ソウルフル・ミュージカル|ウィズ~オズの魔法使い~|演劇|ミュージカル|及川正通|表紙|ぴあ関西版|連載|チケット|ぴあ|関西|ぴあ関西版WEB

ホーム > faceback!

faceback!

1994年のトピックス

フジテレビの『めざましテレビ』放送開始
アイルトン・セナが F1・サンマリノGPで事故死
向井千秋さん宇宙へ。日本人初の女性宇宙飛行士が誕生
関西国際空港が開港
恵比寿ガーデンプレイス完成
日本シリーズで巨人が優勝
11月のセガサターンに続き、12月にはプレイステーションが発売
Mr.Childrenの『innocent world』が日本レコード大賞を受賞

「faceback!」一覧

国内外で活躍する演出家・宮本亜門
“異色ミュージカル”で注目集めた1994年に表紙登場!

 4月4日(土)より梅田芸術劇場 メインホールで開幕する「スーパー・ソウルフル・ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』」。児童文学の『オズの魔法使い』をベースにし、NMB48の梅田彩佳とAKB48の田野優花がWキャストで主人公の少女ドロシーを演じる注目作だ。演出は宮本亜門。ミュージカルはもちろん、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎などジャンルを超えて、その手腕を発揮している宮本は、情熱的かつパワフル、そして斬新なステージを楽しませてくれる日本を代表する演出家だ。

 1987年にオリジナルミュージカル 『アイ・ガット・マーマン』 で演出家としてデビュー。翌年には同作品で昭和63年度文化庁芸術祭賞を受賞と、早くも才能を開花させ、国内外で活躍。そして2004年にはニューヨークのオンブロードウェイで『太平洋序曲』を演出。東洋人として初めてという快挙だった。また、同作は2005年にトニー賞4部門にノミネートされた。

 宮本が『ぴあ関西版』の表紙に登場したのは1994年。この年に宮本は『サイケ歌舞伎 月食』を東京・アートスフィア(現天王洲銀河劇場)、兵庫・新神戸オリエンタル劇場で上演している。脚本を橋本治、美術を横尾忠則が手がけ、古代インドを舞台にした荒唐無稽なミュージカル。インパクト大の舞台は観るものの度肝を抜き、話題となった。

 2015年春、まもなく幕を開ける「スーパー・ソウルフル・ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』」の初演は2012年。20代の頃、初めて訪れたブロードウェイで『ウィズ』を観劇した宮本が、ずっと演出したいと思い続けていた作品だという。次々と訪れる試練や困難を乗り越えて成長してゆく少女・ドロシー。観客はその姿に生きることの本質を見、勇気を得るだろう。また、AKBという第一線で活躍するアイドルを筆頭に、出演者たちの熱も十分に伝わってくるに違いない。宮本から発せられる底抜けのポジティブ・パワーが詰まった「スーパー・ソウルフル・ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』」を、この機会にぜひ楽しんで。

 

スーパー・ソウルフル・ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』
チケット発売中 Pコード:441-450

▼4月4日(土)13:00/18:00・5日(日)11:00/16:00
梅田芸術劇場 メインホール
S席-13000円 A席-7000円

[原案・原作]ライマン・フランク・ボーム [劇作・脚本]ウィリアム・F・ブラウン
[作詞][作曲]チャーリー・スモールズ [翻訳][演出]宮本亜門 [翻訳]森雪之丞(訳詞)

【4/4(土)出演】田野優花(Wキャスト)/佐賀龍彦/施鐘泰(JONTE)/エハラマサヒロ/
岡本知高(Wキャスト)/小柳ゆき/瀬戸カトリーヌ/仲宗根梨乃/吉田メタル/陣内孝則/他

【4/5(日)出演】梅田彩佳(Wキャスト)/佐賀龍彦/施鐘泰(JONTE)/エハラマサヒロ/
阿知波悟美(Wキャスト)/小柳ゆき/瀬戸カトリーヌ/仲宗根梨乃/吉田メタル/陣内孝則/他

※未就学児童は入場不可。一部Wキャストあり。

 

←前号へ


(2015年3月24日更新)