土井コマキのシネマライフ|土井コマキ|FM802|DJ|恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム|映画|連載|ぴあ関西版WEB

ホーム > 土井コマキのシネマライフ

土井コマキのシネマライフ


今回紹介するのは…
『恋する輪廻
オーム・シャンティ・オーム』

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
(C) Eros International Ltd

脇役俳優の男が大人気女優に
恋をしたことをきっかけに始まる
輪廻転生とスリリングな復讐劇

【あらすじ】

1970年代のボンベイ。脇役俳優の青年オームは、大人気の若手女優シャンティに恋をする。しか
しオームの想いもむなしく、シャンティはすでに大物プロデューサーのムケーシュと極秘に結婚し、妊娠していた。その事実を知ったオームは、失意に沈み……。インド映画界きっての人気俳優で、“キング・オブ・ボリウッド”とも称されるシャー・ルク・カーンが主演するエンタテインメント大作。脇役俳優の男が大人気女優に恋をしたことをきっかけに始まる、輪廻転生とスリリングな復讐劇を華やかに描く本作は、内容の面白さもさることながら本作出演を機に一躍スターとなったディーピカーが、とびきりキュートなヒロインを演じ、その美しさにも観る者は釘付けになるだろう。

【Movie Data】

●3月30日(土)より、シネマート心斎橋
●4月6日(土)~19日(金)、京都みなみ会館
●4月20日(土)~5月3日(金)、元町映画館
にて公開

公式サイト
http://www.uplink.co.jp/oso/

「土井コマキのシネマライフ」一覧

コマキ's レビュー

とんでもなくハッピーなミュージカル・エンタテインメント
エンタテインメント界の最先端ってインドなんじゃないの?

こちら、インド映画の中ではジャンルとして定着しているという“輪廻もの”です。1970年代に無念な亡くなり方をした男女が、そのカルマを解くべく生まれ変わって現代でまた出会う…。そんなストーリーからは想像出来ないほど、とんでもなくハッピーなミュージカル・エンタテインメントなんです! 踊りが苦手な私でも思わず体が動き出し、踊りたい、踊れるんじゃないかと思っちゃいました。あのレディ・ガガが「これからはハリウッドではなくボリウッドよ」と言うのにも納得! でもこれ、インドでは2007年に公開になってる作品なんですよね。ということは、わー、エンタテインメント界の最先端ってインドなんじゃないの? ここまでストーリーが分かりやすいのも、ぐるっと回って新しいかも。インド映画のストーリーの設定や展開が分かりやすいのは、いろいろな宗教・人種の人が住んでいる国だから、たくさんの人に共感してもらいやすいように分かりやすく出来ているものが多いんですって。映画の中で、とても印象的だった台詞があります。「映画と同じだ。ハッピーじゃなきゃエンドじゃない。“つづく”だ。」インド映画は基本的にハッピーエンド。説教は無し、何にも考えずに圧巻の歌やダンスを見て、なんだか前向きになる。いいじゃないですか!?


 

コマキは見た! その①

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

ヒロイン役のディーピカーの美しいこと! 容姿はもちろんダンスも歌もカッコいい! 当時21歳で新人だった彼女は一躍ボリウッドのディーバとなったそうな。古典的なインドファッションも魅力的なんだけど、イマドキファッションも超キュート。モデル出身なんですって。なるほど~。

コマキは見た! その②

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

主役のシャー・ルクの腹筋が、すごい割れてます! 私は好みではないんですが、お好きなレディは思わず歓声をあげると思われるサービスダンスシーンがございます。上半身裸で歌い踊う。お好きでしょ? いやぁ、ストーリーもそうだけど、これも分かりやすいサービス精神! お見事!

 

コマキ's select『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』に捧げる“5 Songs”


映画を観て、選びに選び抜いたコマキ的
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』に捧げる
5曲を発表!

①Conershop「Spectral Mornings」

②ビートルズ「LOVE YOU TO」

③Dave Pike Set「Mathar」

④M.I.A「jimmy」

⑤坂本慎太郎「死者より(From The Dead)」

①基本的にだいたいエスニックです。
②シタールが使われているのでおなじみ。
③スマッシュヒット!シタール+ベース+ドラムが超グルービー!
④まさにボリウッド的!
⑤突然、元ゆらゆら帝国の坂本さんソロ。タブラ&シタールのような怪しさを、使わずして醸し出す!ビデオクリップで、骸骨が3人横一列に並んでリズムをとるんですが、そのダンスとも言えぬダンスも相まって、ぜひインド映画のワンシーンで使ってもらいたい1曲です。もちろんボリウッド風にアレンジして。意外とイケルと思うな~。

 

(3月29日更新)


←前号へ