NEWS

ホーム > NEWS > ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』 大阪千秋楽公演レポート

ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』
大阪千秋楽公演レポート

東京・大阪公演が終了し、広島・福岡・名古屋・横浜公演を控える、京都出身の人気劇団「ヨーロッパ企画」の最新作『ビルのゲーツ』。「ぴあ関西版WEB」にて落語連載を執筆中のさとうしんいち氏から、大阪公演のレポートが到着!



これは、スパイラルアップコメディーだ!

群像劇、とか、会話劇、とか呼ばれている今回のヨーロッパ企画のお芝居、
『ビルのゲーツ』ですが、「増幅劇」というのはいかがでしょうか?
ま、いきなり、いかがでしょうか?と言われても困るかとは思いますが、
確かに「増幅」するのだから、これはもう、仕方ないのです。
ワタクシ、9月16日の大阪公演千秋楽を観て、これまで観てきた演劇舞台の
どれとも似ていない独自の面白さに居ても立ってもいられず、これから公演が行われる
広島・九州・名古屋・横浜の演劇ファンの皆さんにヨーロッパ企画を宣伝したく、
勝手に筆を執りました。
 
さて、『ビルのゲーツ』。何が、増幅するのか。
まずは、キャラクターが増幅します。
登場人物は、驚くほど普通の人たちです。
もう、その辺にゴロゴロ、わんさか、たんまりと暮らしている、
当たり前すぎるほど当たり前な人たちです。
そんな人たちのやりとりが、爆発的に面白くなっていく。
それは、個々のキャラクター性が巧妙に増幅しつつ、
物理的にキャラクターの数も増幅することによる、
笑いのツボ押しの手数が増幅しているからに他ならないでしょう。
「あ、この人は、ここで、こういうことを言う人なんだろうな。」と、
思うか思わないかのタイミングで、
案の定、それを言われた時の反射的な笑い。
そんな笑いが波状攻撃でやって来ます。
でも、終わってみれば、やっぱり全ての登場人物が普通の人たち。
なんだか、キツネにつままれたような読後感です。
 
もうひとつの増幅は、悪ふざけの増幅。
登場人物の普通さに反して、設定のキテレツさと、これでもかの悪ふざけ。
飛び道具、の、さらにそこからのジャンピング飛び道具の連続発射。
普通の人である観客は、
普通の人である登場人物と同期して、
あたかも、自分も、そのキテレツのラビリンスに舞い込んだような錯覚に陥ります。
 
そして、フィナーレ。
メビウスの輪が非常にシンプルな構造であるように、
増幅×増幅はロマンチックに収束します。
 
名付けて、スパイラルアップコメディー!
目まぐるしいまでの展開の先にある、突き抜けた爽快感!
名作!と言い切って、観た人は誰も反論しないでしょう。
お芝居を観て、その時間を過ごしたことに「感謝」の気持ちまでに至ったのは、
久々のことでした。
 
間に合うなら、是非、生で。
間に合わなかったら、DVDで。
どれも無理なら、わたしが浜村淳さんばりに語ってしんぜましょうか?
そこまで言いたくなる、
ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』なのでした。


取材・文:さとうしんいち
 



公演は、9月25日(木)広島・アステールプラザ 中ホール、9月27日(土)・28日(日)福岡・西鉄ホール、10月1日(水)愛知・名古屋市芸術創造センター、10月3日(金)から5日(日)まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて。チケット発売中。



こちらもチェック!
ぴあ関西版WEB連載
落研家:さとうしんいちの『2014 落語ライブ見聞録@関西』
http://kansai.pia.co.jp/series/rakugo2014/

(2014年9月22日更新)


Check

ヨーロッパ企画「ビルのゲーツ」

【東京公演】8月29日(金)~9月7日(日)本多劇場 ※終了
【大阪公演】9月10日(水)~16日(火)ABCホール ※終了
【広島公演】9月25日(木)アステールプラザ 中ホール
【福岡公演】9月27日(土)・28日(日)西鉄ホール
【名古屋公演】10月1日(水)名古屋市芸術創造センター
【横浜公演】10月3日(金)~5日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

全席指定-4500円 学生シート-3500円

[作][演出]上田誠
[出演]石田剛太/酒井善史/角田貴志/諏訪雅/土佐和成/中川晴樹
/永野宗典/西村直子/本多力/岡嶋秀昭/加藤啓/金丸慎太郎
/吉川莉早

各公演の詳細は下のバナーをクリック!
チケット情報はこちら

ヨーロッパ企画 オフィシャルサイト