インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 「教えられることが多かった」宮澤エマがヒロインに再挑戦

「教えられることが多かった」宮澤エマがヒロインに再挑戦

2015年に日本初演したミュージカル『ドッグファイト』が再演する。作品はリバー・フェニックス主演の映画でも知られ、2012年にオフ・ブロードウェイでミュージカル化。映画『ラ・ラ・ランド』の歌詞でアカデミー賞を受賞し、作詞・作曲のミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』がトニー賞を受賞するなど、ブロードウェイで今注目のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビが作り上げた。タイトルは、パーティに一番イケてない女の子を連れて来た者が賞金を得るという、海兵隊に伝わるゲームのこと。物語の舞台は、ベトナム戦争出征前夜のサンフランシスコ。若き海兵隊の兵士バードレイスは、仲間と共に最後の夜を楽しもうとゲームに参加、街の食堂でウェイトレスのローズと出会い、パーティに誘うが…。キャストは、主演の屋良朝幸とヒロイン役の宮澤エマらが続投。ふたりのほか、中河内雅貴、矢田悠祐、浜中文一(関西ジャニーズJr.)、保坂知寿らが出演する。初演で素晴らしい歌声を観客に強く印象付けた宮澤が来阪、作品のテーマと魅力、ローズ役への想いを語った。
 
dogfight2.jpg
「この作品の主軸は、ラブ・ストーリーじゃないんです。人間の尊厳を理解し、自分を変えていく難しさを、人と人とのふれあいをテーマに描いている。早い展開の中に、彼らの命が次々と奪われていく戦争の恐ろしさも込められていて、こんな子供たちが戦争に行っていたということ、自分で考え自分で行動することの大切さも物語を通して感じます。決して押し付けることなく、歌の力でシンプルなメッセージをすっと伝えているのが、このミュージカルの魅力なのかなと、改めて思っています」。宮澤の演じるローズは、食堂を経営する母親とその場所から飛び出せない女の子で、見た目もイマイチ。男の子に初めてデートに誘われ、外の世界で傷つき歌う1幕最後の“笑えるわ”の曲が切ない。「ひどい目にあったのに、ポジティブに考えようとする彼女の心の美しさ。優しさの中に強さを秘めている彼女の魅力が一番出るのは、2幕で歌う“終わる前に”。世の中は可能性にあふれていて、それを自分のものとするかどうかは自分次第、きっともっとできるはず、と歌うんです。すごく力を持った曲で、ほんとにステキなんですよ」。客席は屋良のファンたちを含め98%が女子だった初演では、「すごく勇気をもらった」「背中を押されたような気がする」という声が多く届いたそう。「思いもかけず、自分たちのストーリーだって思っていただけたんだと思います。見た目で判断されることも女性はすごく多いと思うけれど、そうではない美しさを持つ強さを、私もローズから教わりました。すごくポジティブなメッセージ。今回、女の子たちは特に楽しみに来ていただければと思います」。

dogfight3.jpg
公演は、12月8日(金)から11日(月)まで大阪・サンケイホールブリーゼ、12月14日(木)から30日(土)まで東京・シアタークリエ、2018年1月6日(土)は愛知県芸術劇場 大ホールにて上演。

dogfight4.jpg

取材・文:高橋晴代
撮影:森好弘



(2017年12月 6日更新)


Check

ミュージカル『ドッグファイト』

Pick Up!!

【大阪公演】

チケット発売中 Pコード:480-930

▼12月8日(金) 18:30
▼12月9日(土) 13:00/18:00
▼12月10(日) 13:00
▼12月11日(月) 13:00

サンケイホールブリーゼ

全席指定-10800円

[作曲][作詞]ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール
[劇作・脚本]ピーター・ドゥシャン
[演出]山田和也
[出演]屋良朝幸/宮澤エマ/中河内雅貴/矢田悠祐/浜中文一(関西ジャニーズJr.)/末澤誠也(関西ジャニーズJr.)/木内健人/七瀬りりこ/春風ひとみ/ひのあらた/保坂知寿

※未就学児童は入場不可。
※販売期間中は店頭での直接販売、通常電話[TEL]0570(02)9999、専用URL(http://w.pia.jp/p/dogfight17web/)にて受付。[TEL]0570(02)9944での受付はなし。

[問]梅田芸術劇場■06-6377-3888

【東京公演】
▼12月14日(木)~30日(土)
シアタークリエ

【愛知公演】
▼2018年1月6日(土)
愛知県芸術劇場 大ホール

チケット情報はこちら


関連記事

屋良朝幸がミュージカル『ドッグファイト』に込める思い
http://kansai.pia.co.jp/interview/stage/2017-09/dogfight.html