インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 有観客ワンマンライブ第三弾『We Are O-VILS.Vol.3』が 7/9(土)・10(日)ロームシアター京都 サウスホールで開催された その最終日の終演直後にメンバーをキャッチ! O-VILS. インタビュー&コメント

有観客ワンマンライブ第三弾『We Are O-VILS.Vol.3』が
7/9(土)・10(日)ロームシアター京都 サウスホールで開催された
その最終日の終演直後にメンバーをキャッチ!
O-VILS. インタビュー&コメント

京都を拠点に、昨年4月から本格的に活動を開始したO-VILS.。約30名もの個性豊かなメンバーが華やかで迫力満点のパフォーマンスを笑顔で繰り広げる! そんな軽音楽・吹奏楽・ダンスが融合した新しいエンターテイメントを追求し、初の有観客ワンマンライブ『We Are O-VILS.Vol.1』を12月に、2022年3月にも同会場で有観客ワンマンライブ第二弾『We Are O-VILS.Vol.2』が開催。そして、第三弾は会場を京都ロームシアターに移して開催され、これまで以上の盛り上がりで大成功に終えた。ぴあ関西版WEBでは前回に続き、最終日の会場で公演を終えたばかりのメンバーをキャッチ! グループの総監督を務めるゆいな(三田結菜)をはじめ、メンバーの中から、かなみ(B.SAX)、なつき(CLARINET)、あおぞら(FLUTE)、きいか(TRUMPET)にライブの感想と今後の抱負を語ってもらった。

メンバーみんながどんどん成長していて
理想もさらに大きくなっていく!
 
 
――まずは、今回のVol.3の感想からお願いします!
 
ゆいな「今回は“新しいO-VILS.”というのを全面的に出していけたらなと思ってました。元々、同じ高校(京都橘高校)のメンバーを中心に立ち上げたチームなので、そのカラーが強く出ていたところがあったのですが、“O-VILS.というエンターテイメントをやりたい!”と言ってくれる人たちみんなにここにいてほしいと思う気持ちが膨らんできたんです。今回はメンバーも増えて、出身高校の違うメンバーも踊りにチャレンジし始めてくれているので。ここからまた新しいO-VILS.が始まっていく第一歩になったんじゃないかなと思っています」
 
――新たにチャレンジして作っていく中で、一番難しかったことは?
 
ゆいな「ショーのプログラムは毎回いろいろ試行錯誤していて、さらにグレードアップさせることを意識しているんですが、みんながどんどん成長していくから、それと共に自分の理想もどんどん大きくなっていくので選曲は難しくて、すごく悩みます(苦笑)」
 
――今回、新しいO-VILS.として、特にここを打ち出したかったという楽曲やシーンというのは?
 
ゆいな「まず、『Range of O』ですね。オリジナル曲として先に作ったのは『Trigger』だったんですけど。以前は金管楽器のメンバーが少ない中で、どうやったらかっこよくできるかなと、自分なりに考えて作りました。『Range of O』は、Vol.3でメンバーが増えることを踏まえて、今までいなかったパートを増やしていったりして、O-VILS.にしかできないいろんなパートの見どころを詰め込んでいます。さらに、今回初めて演奏したアンコール1曲目の『Enchanted Park』も、そういうところが出てるんじゃないかなと。いろんなパートがメインに出てきてて、たくさん見どころがある曲になりました。それがすごく嬉しくて。この子にはこういうのを吹いてほしいなって想定しながら曲を作るのが楽しくて(笑)。作ってる時から、新しいO-VILS.が始まってるなぁ~って思いましたね」
 
――ちなみに、今までいなかったパートというのは?
 
ゆいな「今まではトランペットとトロンボーンの2パートでは踊れるメンバーがいなかったんですが。今回から踊るトランペットパートのメンバーが3人増えました。今まで一緒にやってきていない出身校のメンバーがチャレンジしてくれています。それで、みんなが一丸となって、やってやるぞ!っていう空気もすごくありましたし、新しいO-VILS.を作っていくために必要なものがメンバー一人一人に備わってきているなと実感しました」

yuina.jpg
――序盤でゆいなさんが行うメンバー紹介の時に、金管楽器が増えているのがわかりましたし、実際に曲が進んでいくにつれて、音やパフォーマンスにすごく厚みが増しているなと感じました。
 
ゆいな「ああ、嬉しいです!」
 
――今回もオープニングから驚きがあって、ヘヴィな3ピースのバンドサウンドを打ち出していましたね。ロック的な攻めの姿勢が今まで以上に感じられました!
 
ゆいな「ロックテイストももっとロックになって幅が出てきました。ロックは強さが出やすいと思うので、冒頭に持ってきて、ガッと強さを出して惹きつける圧もすごく感じていただけたのかなと思います。そういうロックもジャズもアフロキューバンの要素も、もっと奥深くなって、演奏の幅を広げていけたんじゃないかなと思っています」
 
――『The New world』はクラシックの原曲がロックアレンジになっていて、とても興味深かったです!
 
ゆいな「そうですね。この曲も今回初めてやる曲です。毎回、ベース・ドラム・ギターの3ピースだけでクラシックの曲をロックアレンジでやる曲を一曲やってるんですけど。毎回、こんなん無理や~っていいながら(笑)、もう修行僧みたいに練習してやっています(苦笑)」
 
――アンコールで披露された新曲『Enchanted Park』はエキゾチックなテイストがあって、とても新鮮でした。すごくカッコいい曲ですね!
 
ゆいな「嬉しいです! これも新たにO-VILS.の幅を広げようと思って作りました。オリジナルで先に作った2曲がスウィングだったので、“カッコイイ”をスウィングに求めすぎてるなぁとも思っていて…。そもそも自分はアフロキューバンというのがすごく苦手なんですけど、そこにチャレンジしよう!という個人的な意識もあって、アフロキューバンの楽曲を作ってみたんです。この曲はストレートにカッコイイというより、どこか謎めきがあったり、良い意味でゾワっとする感じの曲がどうやったらかっこよく書けるかなと、めちゃくちゃ試行錯誤しながら作っていたので、ダントツで(作るのに)疲れた曲です(笑)」
 
――そうなんですね。難産だったかもしれませんが、O-VILS.の新たな引き出しとなる新曲になりましたね。
 
ゆいな「まさにそう感じていただきたいなと思って作りました!」
 
 
 
今まで以上にメンバーとお客さんとで
ステージを作っているっていう感じがすごくした
 
 
――今回、お客さんに対してはどんなことを感じましたか。
 
ゆいな「今回、今までで一番多くのお客さんが来てくださいました。お客さんもO-VILS.のライブの楽しみ方を覚えてくれ始めているなという感じがして。今まで以上にメンバーとお客さんとでステージを作っているっていう感じがすごくしました。特に松田聖子さんの『夏の扉』は今回初めて演奏させていただいたんですけど。こちらが何も指示しなくても、“フレッシュ!フレッシュ!フレ~ッシュ!”と歌うところで手を上げてくださってて。そういうのを見るとリラックスして楽しんでくれているのかなと感じて。コロナ禍が続いているので声を出しちゃいけないという状況ですが、そんな中でも、“楽しんでるよ!”っていうのを手を振って教えてくれているようで、ああ、いいなぁって思いました」
 
――それでは、今後の抱負をお願いします!
 
ゆいな「今後はまだO-VILS.を知らないひとたちにもO-VILS.の存在を知ってもらいたいなと思って。今までO-VILS.は定期公演しかやってこなかったんですけど、いろんなイベントに出演させていただいたり、インストアイベントとかもやったりしていきたいなと思っています。すでに知ってくださっている方たちの中でやる時はこちらも安心して演奏できますし、それがメンバー全員の笑顔にもつながっていたりすると思うんですけど。O-VILS.のことを知らない方たちの前でも普段の力を発揮できるグループでありたいですし、自分たちをもっともっと強くしていきたいですね」
 
――では、最後にお客さんに向けて一言。
 
ゆいな「昨年から大きなホールでの定期公演を3回続けて開催できたのは、本当にファンの方の支えがあってこそだと思っております! ありがとうございます! さっきもお話しししたように、本当にアットホームに迎え入れていただいて、無事に成功を納めてきたと思っています。これからはもっと外に向けて発信して行こうと思ってますし、定期公演ももっともっとたくさんの方に観ていただけるように、広報活動をがんばって行こうと思ってますので、引き続き応援していただけると嬉しいです!」
 
Text by エイミー野中



7月10日(日)ロームシアター京都 サウスホール公演直後のメンバーのコメントをどうぞ!
 
なつき(CLARINET)

natsuki.jpg
「私はVol.2に続いて、今回が二回目のステージとなりました。今回はグループのテーマとして、“声を出す”というのがあって。いろんな場面で、お互いに声を出してみんなと目が合って笑い合えるというステージを目指しました。『MOANIN'+Moanin'』は私自身のソロパートに加えて、ダンスもけっこう力を入れて練習してきたので、個人的にはそこが見せ場だなと思ってがんばりました! 『Range of O』のソロは一番緊張しましたが、自分自身の達成感も大きい一曲となりました。お客さんは手拍子してくださったり、手を振ってくださったりしていて、前以上に盛り上がってとても楽しいステージでしたし、静かな曲ではじっくり集中して聴いてくださっているのがわかりました。私たちもお客さんに来ていただけることでステージに立てることが本当にありがたいなと思っています!いつも応援してくださってありがとうございます! ファンのみなさんのおかげで私たちは活動できています。お客さんが観にきてくださるからこそ味わえるホールの雰囲気の中で、本当に楽しんで演奏することができているので、これからも応援よろしくお願いします!」
 
 
かなみ(B.SAX)

kanami.jpg「有観客ワンマンライブは私自身も今回が三回目で、めちゃめちゃ楽しかったです! 正直、一回目の公演では自分の力を思うように出しきれない部分があって、ちょっと辛くなった瞬間があったのですが、先輩がすごく励ましてくださって元気が出ました。今回は自分もそういうパワーをみなさんに送っていけるようなステージにしたいなと思って臨みました。自分がソロを吹いた『MOANIN' +Moanin'』はメンバー紹介の後の一発目の曲なので、すごいプレッシャーもありましたが、前以上に楽しんで吹くことができました。新曲の『Range of O』は前の自分ならできなかったかもしれない…と思うぐらい動きがすごく激しいのに加えて、楽譜もめちゃくちゃ激しくて。それがしっかりできたことで、自分の中でもちょっと成長を感じることができました。お客さんとも今まで以上に一体感が感じられました。特に、『You Can't Stop The Beat』の最後でメンバーが手を振りながら後ろに下がっていく時に、お客さんが立ち上がったり、手を振り返してくださったり、手拍子してくださったりしたので、すごい元気をもらいました。ファンのみなさん、いつも応援ありがとうございます! 自分たちの演技演奏で少しでも楽しいと感じてくれたり、笑顔になってくださったら嬉しいなと思っています。これからも一緒にO-VILS.を盛り上げてください!」
 
 
あおぞら(Flute)

aozora.jpg
「今回は一言でいえば、“楽しかった!”という思いが一番強いですね。私自身はソロを任せていただいた『The Rose』がすごく印象に残っています。自分ひとりになるとすごい緊張するタイプなんですけど、初めに自分がソロで吹いて、後はギターの方との演奏でリラックスして吹けました。今回、『Runaway Baby』は前とは違う表情や表現ができたように思います。横山先生から、“もっと好きにしていいから、楽しんで吹きなさい”って言われていたので、みんながすごい自由に吹けたので楽しかったです! お客さんが常に拍手をしてくださっていたので、お客さんからもすごくパワーをもらって、がんばろう!って思えました。お客さんの顔を見たら緊張がほぐれて安心して吹けるんです。私のソロの時に、目をつぶって良い気持ちで聴いてくださっている方が舞台から見えて。こんな表情で聴いてくださる方がいるんだなって…、すごく心に沁みました。ファンのみなさんいつも応援していただいて感謝の気持ちでいっぱいです! 私もSNSを始めるようになったので、“いいね”やリツィートもたくさんしていただけるようになって、それを見てまた元気をもらっています。これからもO-VILS.をより多くの人に知ってもらえるようにがんばっていきます!」
 
 
きいか(Trumpet)

kiika.jpg
「私は前々回以来の出演となりましたが、全曲出たのは今回が初めてで、めっちゃ楽しかったです! 『Range of O』は今回、初めて振り付けが入ってけっこう難しかったんですけど、カッコいい仕上がりになったかなと思っています。振り付けはけっこう激しくて、今までにないようなステップなので、メンバーは苦戦してたんですけど、しっかり練習して臨みました。『A Night In Tunisia』もぎりぎりまで舞台袖でも練習してました。新曲の『Enchanted Park』もカッコイイ曲なので、これからどんな振り付けが着くのかな…、楽しみだなぁ~と思って吹いてました(笑)。『Livin'la Viba Loca』は定番曲になってるんですけど、私が入るのは今回が初めてでした。この曲は、メンバー同士で顔を見合わせたりする振り付けになっていて、お互い笑ってる姿が見れるところがいいなと思っています。最後の曲ではほとんどのみなさんが立ち上がってスタンディングオベーションをしてくださっていたし、その他の曲も盛り上がって手を振りながら観てくださっていたので、私達の気持ちも上がってきてノリノリでやることができました。こうして音楽を続けられる場所があることに感謝しています! 観に来てくださる方がいるからこそ、すごくがんばれるので、これからも応援をよろしくお願いします!」

(2022年8月 1日更新)


Check

Profile

オービルズ…軽音楽・吹奏楽・ダンスが融合する良さを追求し音楽界に新しいエンターテイメントを確立させるために生まれたチーム。アメリカのローズパレードを経験した総監督三田結菜により当時のメンバーを中心に2021年4月3日に発足。同年、10月16日に『We Are O-VILS.Vol.0』を無観客で生配信。11月5日に初の配信リリース曲『Trigger』を発表。12月4日・5日に京都テルサホールで開催された初の有観客ワンマンライブを大成功させた。2022年3月21日・22日には前回と同じく京都テルサホールで有観客ワンマンライブ の第二弾が開催。そして、7月9日(土)・10日(日)にロームシアター京都 サウスホールで開催された第三弾も大成功を収めた。

O-VILS. オフィシャルサイト
https://www.o-vils.jp/


関連記事

地元京都でのワンマンライブ第三弾!
『We Are O-VILS. Vol.3』ロームシアター京都 サウスホール公演ライブレポート

http://kansai.pia.co.jp/interview/music/2022-07/ovils-vol3.html