インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 2018年は大阪フィル 尾高忠明マエストロ初参加! 全国クラシックファンの注目と期待を集めながら 『大阪4大オーケストラの響演』堂々完結?


2018年は大阪フィル 尾高忠明マエストロ初参加!
全国クラシックファンの注目と期待を集めながら
『大阪4大オーケストラの響演』堂々完結?

 尾高忠明は静かに資料に目を通している。藤岡幸夫はあたりの空気を楽しんでいる。飯森範親は会場をゆっくりと見渡し、外山雄三はいかめしく笑っている。2018年『大阪4大オーケストラの響演』(以下『大阪4オケ』)に登場する4人のマエストロたちの記者会見の模様である。大阪に本拠を持つ4つのオーケストラが一堂に会し、自分たちが今最も聴かせたい音楽を演奏するという全国にも例を見ないコンサート。来春4月21日(土)、あの興奮と熱狂がまたしてもフェスティバルホールを包み込む。マエストロたちの言葉からぜひ、その意気込みを感じ取ってほしい。

 なお記者会見に際しては若干の波乱があった。ポスター、チラシに躍る「4オケ完結」との文言は何を意味するものか、説明を求める声が記者から飛んだのだ。「それは…」、登壇者ならびに記者一同に緊張が走る中、主催サイドから返って来たのは「演奏順序が一巡したということです」というふんわりとした回答。では次はどうなるのか。2019年『大阪4オケ』の開催は?その動向に全国のクラシックファンの注目と期待を集めながら、フェスティバルホールに春が訪れる。

 

《マエストロからのメッセージ》

大阪フィルハーモニー交響楽団
ミュージック・アドヴァイザー 尾高忠明

東京でこのコンサートのことを初めて聴いた時、すごいことをやるな大阪、と思ったものですが、まさか自分が参加することになるとは考えてもいませんでした。今回私たちが演奏するのはエルガーの序曲『南国にて』。エルガーがイタリアに家族旅行に行って、その風景に触れた時、もう私は作品が書けた、と言った有名なエピソードがあります。エルガーの音楽の持つ独特のノスタルジーは日本のお客さまにも理解し易いものだと思います。大阪フィルと彼の心情が伝わるような演奏をしたいと考えているところです。

関西フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者 藤岡幸夫
今回、私たちはチャイコフスキーのバレエ音楽『白鳥の湖』から、私自身が抜粋した、ハイライト版を演奏します。なぜ、普通に演奏される「組曲版」ではないかというと、『白鳥の湖』の中には組曲に含まれない、素晴らしい曲がたくさんあるからなんです。この有名な作品の中から絵本を見るように、改めてその新鮮な魅力を取り出してお届けしたいと考えています。関西フィルと私は来シーズンには、19年目を迎えます。その長い時間が培った一体感溢れる演奏をお聴きください。

日本センチュリー交響楽団
首席指揮者 
飯森範親
『大阪4オケ』というこの大阪ならではの企画が第4回を迎えることを、心よりお慶び申し上げます。私と日本センチュリーは今回リムスキー=コルサコフの『スペイン奇想曲』を演奏します。この作品ではヴァイオリンやクラリネット、フルートなど、センチュリーの特長とも言えるソリスト級の奏者たちが大活躍します。4つのオーケストラが一堂に会するという日常ではちょっと味わえない環境の中、センチュリーの個性を存分に楽しんでいただける演奏をしようと考えています。

大阪交響楽団
ミュージック・アドバイザー 外山雄三
私たちが演奏するブラームスの交響曲第1番というのは、こんな交響曲を書いてしまったら、作曲家はあとはどうするんだろうと思われるくらいのものすごい完成度を持った作品です。実際にはこのあと2番から4番までの傑作が続いていくのですが、それにしても1番の輝きはやはり特別なものがあります。私たち大阪交響楽団は何しろ若いオーケストラなので、その若さで作品にちゃんとぶつかっていくことができるように力を尽くしたいと思っています。

〔取材・文 逢坂聖也/ぴあ〕




(2017年12月22日更新)


Check

 〈第56回大阪国際フェスティバル2018〉
 大阪4大オーケストラの響演

●2018年4月21日(土)16:00
フェスティバルホール

S席-8500円 A席-7000円
BOX席-14000円
Pコード 345-683  チケット発売中
※15:30よりファンファーレ、
アンサンブル演奏、プレトークあり。

チケット情報はこちら


【出演&プログラム】演奏順

尾高忠明〔ミュージック・アドヴァイザー〕
大阪フィルハーモニー交響楽団
エルガー:序曲『南国にて』作品50

藤岡幸夫〔首席指揮者〕
関西フィルハーモニー管弦楽団
チャイコフスキー:
バレエ音楽『白鳥の湖』ハイライト
(藤岡幸夫セレクション版)

飯森範親〔首席指揮者〕
日本センチュリー交響楽団
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲
作品34

外山雄三〔ミュージック・アドバイザー〕
大阪交響楽団
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68


【問い合わせ】
フェスティバルホール■06-6231-2221