ホーム > ガンバ大阪×ぴあ WEB連載『ガンぴあ SEASONⅠ』

日々チームメイトと切磋琢磨
そして目指すはA代表!


←前へ 次へ→


プロフィール

中澤聡太

中澤聡太(なかざわ・そうた)●82年東京都出身。背番号2/ポジションDF。市立船橋高校-柏レイソル-FC東京を経て、07年にガンバ大阪へ期限付き移籍で加入。翌年には完全移籍を果たし、アジア王者などタイトル獲得に貢献した。188cmの長身を活かした空中戦、気迫溢れるプレイが持ち味。

オフィシャルblog
http://blog.goo.ne.jp/sota5382

ガンバ大阪・オフィシャルサイト
http://www.gamba-osaka.net/

試合スケジュール

ガンバ大阪 ホームゲーム
Pコード592-080 
『J1リーグ戦』
発売中
▼6月20日(土)15:30〈vs 新潟〉
▼7月11日(土)19:30〈vs 清水〉
▼7月25日(土)19:00〈vs 大分〉
▼8月15日(土)19:00〈vs 浦和〉※予定枚数終了

『AFCチャンピオンズリーグ2009 ラウンド16』
▼6月24日(水)19:00〈vs 川崎〉

『ナビスコカップ 準々決勝』
▼7月15日(水)19:00〈vs 横浜FM〉
BOX-S席-5000円 SS席-3500円 SM席(自由席)・大人-3000円 小・中学生-1500円/ほか

万博記念競技場
ガンバ大阪[TEL]06-6875-7744
チケット購入はコチラ
※チケットぴあの店頭および、ファミリーマート、サークルK・サンクスでも購入できます。

『ガンぴあ』バックナンバー

第一回(4月10日更新)はこちら
第二回(4月23日更新)はこちら
第三回(5月8日更新)はこちら
第四回(5月22日更新)はこちら
第五回(6月5日更新)はこちら

中断していたJ1リーグ戦が6月20日(土)より再開!
その4日後の6月24日(水)には、川崎フロンターレとの『AFCチャンピオンズリーグ2009 ラウンド16』と目の離せない試合が控えているガンバの勝利をあと押しすべく、当日はぜひスタジアムに運んで、万博を満員にしましょう!!

さて、今回は中澤選手の後編をお届け。サッカーについての熱い想いを語ってくれました。

 

――ガンバに移籍して3シーズン目ですが、チームの最初の印象はいかがでしたか?

なんでしょう……上手いチームっていうんですか?強いとかじゃなくて、本当に上手いなぁってビックリしましたよ。僕、3チーム目ですけど、こんなにみんなの技術がうまいチームは初めてでした。強さだったり言葉は悪いですけど汚さだったりが欠けていたんですけど、上手いだけで勝てるんですよね、チームが完成してましたから。だけど完成されていた分、レギュラーとしてチームに入り込むのはなかなか難しかったです。

――その中でどうやってレギュラーを掴もうと思いましたか?

上手いチームに上手いことをやってもダメだっていうのがあったんですよ。正直、自分は上手いだなんて思っていないんで、汚さだったりチームにない部分で自分を出していけるんじゃないかって。どうやればこのチームでやれるか、どうやれば必要とされるか、常に考えていました。だからこそ完全移籍っていうオファーを頂けましたし。そのとき……1年目はなかなか試合に出られなかったですけど、その中で完全移籍のお話をもらったことについて今でも感謝は忘れないです。

――今季はパク・ドンヒョク選手ら新選手の加入でレギュラー争いが熾烈になり、序盤ではベンチスタートが続きました。やはり悔しかったのでは?

もちろん。半端なく悔しかったし、かといってやらなければ終わりですから、悔しさをエネルギーに変えてやっていました。このチームでやる以上は覚悟してやっていますし、常にどんな状況でもやれると思っていましたから。

――ドンヒョク選手にココは負けないっていう部分はありますか?

すべてだと思いますけど、それはあまり言うことじゃない。ライバルなんですけど、仲間でもあるんで。経験もそうですし、実績もそうですし、僕にないものをいっぱいもっているのでリスペクトしています。だから、何が勝ってるとかじゃなくて、お互いが切磋琢磨することでいいチームができるので、本当にありがたい存在だと思っています。だけど、負けてはいけない相手だとも思います。矛盾していますけどね。

――なるほど。答え辛い質問に答えて頂き、ありがとうございました。
レギュラー争いが熾烈なガンバですが、ガンバに移籍して良かったことを教えてください。

やっぱりタイトルを獲ったことですよね。サッカー選手であってもタイトル獲ったときにピッチに立っていられるなんて、10年選手をやっていても1回あるかないかくらいの世界ですし。ガンバは勝つことが当たり前かもしれないけど、そんな簡単なもんじゃないんですよね。でも、そういう高いレベルの中でサッカーをやれているということはすごく幸せです。


代表でダブル中澤を目撃できる日は近い!?

――タイトル獲得を目指してのリーグ戦が6月20日(土)より再開されます。さらに、その4日後の24日(水)には川崎フロンターレとの『ACL ラウンド16』も……。この2試合についての意気込みを聞かせて頂けますか?

20日の新潟戦と24日の川崎戦、リーグもACLも勝つか負けるかで全然違うし……ACLはよく『負けたらそこで終わり』って言いますけど、リーグも同じような気持ちでやらないと。それが去年うちの足りなかったところなんですよ。去年のACLや天皇杯とか、覚悟を持って臨んだ試合っていうのはうちは負けてないんですよ。だから、まずリーグで『この試合に負けたら終わり』っていう覚悟で臨めば、優勝に近づくんじゃないかなと。そこに尽きると思います。リーグ戦もACLと同じ状況に立ってやりますよ。

――ACLでは早々に川崎と対戦することになりましたが……

遅かれ早かれ日本のチームとは対戦すると思っていましたし、優勝するためにはいつか戦う相手ですからあまり意識はしていないですけど......燃えますよね。日本のチームに負けたくないっていう思いもあるし、負けたらあれ以上に悔しいものはないと思います。去年浦和が味わったように、去年あそこ(ACL準決勝の対浦和)で負けていたらどれだけ悔しかっただろうって思いますし……。でも、勝ったらそのぶん嬉しいので、それを掴むだけです。

――今季の川崎の印象はいかがですか?

まだ対戦していないんでなんとも言えないんですけど、去年……じゃないや。毎年のことなんですけど、これでもかというくらいの攻撃力がありますから、それを抑えられれば大丈夫だと。点は取れると思うので、いかに失点を抑えるか。そこですよね。いつもやっている攻撃的なサッカー、攻撃的な守備をやれれば負ける相手じゃないです。

――チョン・テセやジュニーニョら、点取り屋がいますからね。ディフェンス陣がより鍵になりそうですが……

もちろんです。でも、ディフェンス陣だけじゃ守れないんで、全体的なディフェンス力っていうのも大事になると思います。

――手に汗握る好ゲームになりそうですね

間違いないと思います。ぜひ、関西中の人が集まって欲しいですね! がんばりますよ!

――では、共に戦うチームメイトにメッセージを頂けますか?

(山口)サトシさん。日本代表に選ばれたじゃないですか! ネットで見て知ったんですよ。『え?ガンバから3人? 明神さんかな?』とか思ったんですけど、山口さんで。『きたー! サトシさん!!』って。一緒にセンターバックを組んだり、あんな近くにいた人が代表にいったんで飛び跳ねるくらい嬉しかったです。でも、ちょっとしてからうらやましさというか、『俺も代表いきてー!』って、同じくらい燃えたというか。だから、小ボンバーも入っていこうかなと(笑)。サトシさんについていけるよう、僕も頑張ります。

――“中澤”つながりで“小ボンバー”ですか(笑)。小ボンバーのA代表デビュー楽しみにしています(笑)。
では、最後に読者へのメッセージを。

スタジアムに来てくれることほどありがたいことはないですけど、テレビでも何でもいいんでサッカーを見て欲しいです。大事な試合が続くんで、その試合を少しでも、必死になってプレイしているところを、みんなで応援してくれたらなって思います。

 

中澤選手、ありがとうございました。小ボンバーの代表デビュー、期待して待ちましょう!
さて、次回はガンバ大阪の月刊誌『G-magazine』で連載コーナーを持つあの選手にお話を伺ってきます。(7/3更新予定)

本コーナーに関するご感想、選手に聞いて欲しい質問など、こちらまでお寄せください。

(6月19日更新)



←前へ 次へ→