インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 桜井玲香、観客参加型ミュージカルでヒロイン役!

桜井玲香、観客参加型ミュージカルでヒロイン役!

今年9月にアイドルグループ乃木坂46を卒業した元キャプテンの桜井玲香が、女優として本格始動。年末年始は人気ヴァンパイア・ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』にヒロインのサラ役で出演する。桜井は「キャッチーな楽曲とスピード感のある展開、最後は観客を巻き込んでの歌やダンスまで。観客参加型のミュージカルです」とアピールする。
 
舞台は極寒のトランシルヴァニア。ヴァンパイア研究のため、教授とこの地を訪れた助手のアルフレートが宿屋の娘サラに一目惚れしたことから、恋の騒動が巻き起こる。まんざらでもないサラの前にある日、ヴァンパイアのクロロック伯爵が現れて……。欲望か理性か。ヴァンパイアVS人間の対立を軸に、悲喜こもごものドラマを描くユーモア満載の群像劇だ。

sakurai2.jpg
2006年の日本初演より主演を務める山口祐一郎、演出の山田和也とは昨年、初挑戦したミュージカル『レベッカ』で顔を合わせた。「歌唱指導の先生を含め、皆さんお世話になった方ばかりなので、緊張もほぐれ一歩進んだところから挑戦できそうだなと。山口さんは深みのある歌声とオーラに圧倒されました。でも、稽古場では率先して場を和ませるなど、茶目っ気のある優しい方。本番では緊張する私の手を取り『大丈夫、よし行こう!』と毎回声を掛けてくださいました。今回のデュエットでは前回よりも上手くハモれるように頑張りたい」。演出の山田からは、助手のアルフレートをいかに翻弄できるかが鍵と助言された。アルフレート役は相葉裕樹、東啓介がダブルキャストを務める。

sakurai3.jpg
「細身の相葉さんは王子様、ガッチリとした東さんは力強い印象なので、全然違うアルフレートになると思います。サラとしてうまく転がせられれば」。初代サラ役の大塚千弘には、「入浴シーンが多く、下着姿で舞台裏を走り回っていた」と明かされた。「ちょっぴり大胆な千弘さんらしいエピソードだなと、絵が浮かびました(笑)。少しドキッとするようなお色気な内容もあり、子供から大人まで楽しめる作品です。多くの方に劇場で見届けていただけたら嬉しいですね」。
 
乃木坂46での活動を振り返り「人との出会いが財産」と語る。ファンやメンバーらと過ごした濃密な時間と経験を糧に今後、新たなステージに向かう。「もしかしたら『抑えていた自分がいるのかも?』とも思うけど、もはや自分でもどんな自分と出会えるのか分からない(笑)。お花が好きなので、お花関連のお仕事があっても癒されそうだなとか。これからは自分を探す作業になっていくのかなと思います」。

sakurai4.jpg
公演は11月27日(水)まで東京・帝国劇場で上演中。1月13日(月・祝)から20日(月)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。他、地方公演あり。チケット発売中。

取材・文:石橋法子
撮影:福家信哉



(2019年11月11日更新)


Check
桜井玲香

ミュージカル
『ダンス オブ ヴァンパイア』

【東京公演】
▼11月27日(水)まで上演中
帝国劇場

【愛知公演】
▼12月15日(日)~21日(土)
御園座

【福岡公演】
▼2020年1月1日(水・祝)~7日(火)
博多座

Pick Up!!

【大阪公演】

チケット発売中 Pコード:495-102

▼2020年1月13日(月) 15:00
▼2020年1月14日(火) 13:30/18:30(★)
▼2020年1月15日(水) 13:30
▼2020年1月16日(木) 13:30(★)
▼2020年1月16日(木) 18:30
▼2020年1月17日(金) 13:30
▼2020年1月18日(土) 13:00/18:00
▼2020年1月19日(日) 13:30
▼2020年1月20日(月) 13:00

梅田芸術劇場メインホール

S席-13500円 A席-9500円 B席-5500円

[劇作・脚本]ミヒャエル・クンツェ(歌詞)
[演出]山田和也
[音楽]ジム・スタインマン
[出演]山口祐一郎/神田沙也加・桜井玲香(Wキャスト)/相葉裕樹・東啓介(Wキャスト)/大塚千弘/コング桑田/阿知波悟美/植原卓也/駒田一/石川禅/森山開次・佐藤洋介(Wキャスト)/他

※(★)作品にちなんだ指定のアイテムを劇場にお持ちの方に非売品特典をプレゼント(詳細は後日発表)
※未就学児童は入場不可。一部Wキャストあり。

[問]梅田芸術劇場■06-6377-3800

チケット情報はこちら


オフィシャルサイト


関連記事

注目の"大型俳優"東啓介、ヘタレ役でギャップ萌え!

http://kansai.pia.co.jp/interview/stage/2019-11/higashikeisuke.html