インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 現在と過去、そして未来まで体感させてくれた Czecho No Republicの充実の最新ツアー 「リリースツアーじゃないツアー」 12月14日(木)大阪BIGCAT公演をレポート


現在と過去、そして未来まで体感させてくれた
Czecho No Republicの充実の最新ツアー
「リリースツアーじゃないツアー」
12月14日(木)大阪BIGCAT公演をレポート

『NEVERLAND』から『DREAMS』まで’13年のメジャーデビュー以降にリリースした4枚のアルバムをじっくりと振り返りつつ、SKY-HIと共演した最新シングル『タイムトラベリング』、さらにはまだ店頭にもプレイリストにも並んでいない生まれたての新曲まで披露!

『MUSIC』の歌詞にある通り、天国が存在するのかしないのかを考えたことはないけれど、今回のCzecho No Republicの「リリースツアーじゃないツアー」の大阪公演で武井優心(b&vo)がMCで言った「今夜ここを天国に変えてやろうって本気で思ってる」という言葉は真実だった。日々の倦怠や鬱屈すべてを昇華する天国でありネバーランドにあの夜、自分たちはいた。眩しいぐらいに鮮やかな曲とハッピーな演奏。タカハシマイ(key&vo)の芯の強い透き通った歌声も、失笑も含み笑いが止まらない砂川一黄(g)のMCも、いつもと変わらないようでありながら、明らかに今までとは違うタフさを5人が身につけつつあることを伝えていた。メジャーデビューから5年間の中で間違いなくいちばんカッコよく、もっとも輝いているCzecho No Republicに今回のツアーで出会うことができた。

cnr1801-10.jpgcnr1801-11.jpgcnr1801-12.jpg
アルバムを携えたツアーではないから、「リリースツアーじゃないツアー」。このツアーについて最新シングル『タイムトラベリング』のインタビューで武井は、「これまでにリリースした4枚のアルバムを改めて消化しに行くツアー」であると話していた。止まっているわけでもなく、後ろを振り返ってばかりいるわけでもなく、思いきり大きくジャンプするためにはうんと低く屈むことが必要で、今回のツアーはその屈む時にあたるものなのだと思う。前回のツアーではあまり演奏できなかったという『NEVERLAND』の曲が今回のセットリストにグイグイ組み込まれているのも印象的だったし、変拍子や2トーンなど幅広く多彩な要素が曲の中でマーブル模様になっていながらも、それをポップで楽しいものとして提示できる腕、センス=彼らの武器がますます磨かれているのも実感した。

cnr1801-4.jpgcnr1801-5.jpg
cnr1801-6.jpg「あまりやる機会のなかった曲を」と語り、曲を書いた当時の心情も交えて披露された『2014年宇宙の旅』。SKY-HIと共演した『タイムトラベリング』のラップパートは、シングル初回盤のDVDでSKY-HIが指名していたあの人が圧巻の饒舌を。「さぁ急ごう もう時間はないよ」と歌う『幽霊船』の一節も、巨大な恐竜の中に潜む繊細な気持ちの揺れを描いた『ダイナソー』も、これまで何度となく聴いてきた曲の歌詞の言葉ひとつひとつがまったく新しい発見を持って伝わってくる。Czecho No Republicの醍醐味ってこういうところなのかなと思う。部屋や電車の中でひとりで聴いている時は、カラフルな音像とは対照的な静かな風景が浮かんでは消え音の中に沈んでいくことができる。対して、ライブ会場で無数の人たちと熱をはらんだ空気の中で味わう時は、とことん楽しくなれる。これも彼らが会得しつつあるワンマンの戦い方の戦果のひとつなのだろうか。

cnr1801-7.jpgcnr1801-8.jpgcnr1801-9.jpg
『Oh Yeah!!!!!!!』でフロアに鳴り渡る手拍子の大きさ、みんなが歌う声の大きさに親指を立てて応えた武井の表情がとても満足そうで、その彼が「もっともっとバンドで大きくなりたい。チェコをやってて今、すごく本気というかマジ」と話した時の表情は声の柔らかさとは逆に眼光はとても鋭かった。
 
もしも今までのCzecho No Republicが、幅広い音楽性をポップな音楽として鳴らすその裏で頭を悩ませネジれそうになっていたのだとしたら、今の彼らはその季節を通り過ぎて今回のストレートなツアータイトルと同じように、ストレートに音楽を鳴らす喜びやまっすぐにフロアと交歓する楽しさを感じているに違いない。終わりのないネバーランドを生み出してくれたオープニングから、音楽を鳴らすことの初期衝動を現在の目線で強い意志として伝える新曲。そして予定外のダブルアンコールまで、堂々たる姿で舵を切りステージを作り上げた5人を見ているとそう思わずにはいられない。これまで「チェコ、いいバンドじゃん」と思っていたリスナーの方は、今回のツアーを見た後ではそれがほぼ間違いなく「チェコってすっごくいいバンドじゃん!」に変わっていることを確信する。メジャーデビュー5年目の節目でもある2018年以降、これまで以上に充実した季節を迎えるであろう彼らから届けられる飛びきりの新曲、ライブを楽しみに待っている。

cnr1801-3.jpg cnr1801-2.jpg

text by 梶原由紀子
photo by 日吉“JP”純平
 



(2018年1月15日更新)


Check

Set List

01. MUSIC
02. Amazing Parade
03. Call Her
04. ネバーランド
05. 幽霊船
06. ゴッホとジョン
07. Dream Beach Sunset
08. 一人のワルツ
09. 絵本の庭
10. 2014年宇宙の旅
11. Hello,My Friend Sophie
12. Beautiful Days
13. For You
14. タイムトラベリング
15. Festival
16. JOB!
17. Oh Yeah!!!!!!
18. Fireworks
19. No Way
20. (En1) 好奇心(新曲)
21. (En2)ダイナソー
22. (En3)Melody


Profile

チェコノーリパブリック…武井優心(vo&b)、山崎正太郎(ds)、八木類(g)、砂川一黄(g)、タカハシマイ(cho&syn)。武井と山崎が中心となり’10年に結成。同年インディーズより初の音源『erectionary』をタワーレコード限定でリリース。’11年、サポートギターだった八木が正式に加入。6月に初の全国流通となる4曲入りシングル『Casually』、10月に1stアルバム『Maminka』をリリース。全国7か所を回るツアーも盛況で、同作はCDショップ大賞2012にノミネートされる。’13年1月1日にそれまでサポートメンバーとして活動を共にしていた砂川、タカハシが正式メンバーとして加入し現在の5人体制になる。同年10月にメジャーより初のアルバム『NEVERLAND』をリリース。同作を携えた全国ツアーでは各地でチケットがソールドアウト。翌’14年7月に2ndアルバム『MANTLE』発売。以降『Santa Fe』(’15年)、『DREAMS』(’16年)をリリース。シングルもこれまでにメジャーで3作発売している。シングル作品としては1年3か月ぶりとなった今回のSKY-HIとのシングル『タイムトラベリング』(’17年9月発売)は、’15年に発売したシングル『FOR YOU』を八木類によるアコースティックアレンジで、またメジャー第1弾アルバム『NEVERLAND』収録の『MUSIC』をTRICERATOPSの和田唱や04 Limited SazabysのGENら12人のゲストボーカリストを迎えた『MUSIC(チェコと12人の仲間たち)』バージョンで収めた3曲入り。12月28日(木)はCOUNTDOWN JAPAN 17/18に出演。2月14日(水)滋賀U☆STONE、2月15日(金)で開催されるSHE’Sのツアーに対バン出演。

Czecho No Republic オフィシャルサイト
http://c-n-r.jp/


Live

「BAYCAMP 201802」
【神奈川公演】

▼2月3日(土)川崎 CLUB CITTA'+A'TTIC

「5人になって5周年!5×5=25 TOUR
~関東近郊2マン編~」
【千葉公演】

▼2月7日(水)千葉LOOK
【埼玉公演】
▼2月9日(金)LIVE HOUSE Hearts
【栃木公演】
▼2月21日(水)HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
【群馬公演】
▼2月23日(金)高崎 club FLEEZ
【神奈川公演】
▼2月25日(日)F.A.D YOKOHAMA

「SHE’S Tour 2018 “Wandering”」
【滋賀公演】

▼2月14日(水)U★STONE

Pick Up!!

【兵庫公演】

チケット発売中 Pコード:346-996
▼2月15日(木) 19:00
神戸VARIT.
オールスタンディング-3500円(整理番号付、ドリンク代別途要)
[共演]Czecho No Republic
※小学生以上は有料、未就学児童は無料(大人1名につき子供1名まで同時入場可)。
※販売期間中は1人1公演4枚まで。

『SANUKI ROCK COLOSSEUM』
1月20日(土)一般発売 Pコード:349-166
▼3月17日(土) 11:30
PASS引換券 3/17-4000円
▼3月18日(日) 11:30
PASS引換券 3/18-4000円
高松市内会場
[出演]阿部浩二/あいくれ/AIRFLIP/alcott/Amelie/バックドロップシンデレラ/BAND-MAID/BURNOUT SYNDROMES/サイダーガール/ココロオークション/Czecho No Republic/DADARAY/ENTH/FINLANDS/FIVE NEW OLD/GIRLFRIEND/GRASAM ANIMAL/ハルカミライ/春ねむり/林青空/HOWL BE QUIET/Hump Back/ircle/愛はズボーン/神はサイコロを振らない/桐嶋ノドカ/空想委員会/マカロニえんぴつ/魔法少女になり隊/Manhole New World/ましのみ/松尾昭彦/眩暈SIREN/MINAMI NiNE/MISTY/mol-74/MOSHIMO/Official髭男dism/ONIGAWARA/POLU/クアイフ/リアクション ザ ブッタ/SABANNAMAN/sachi./Shiggy Jr./SHIMA/スカート/SpecialThanks/Sunrise In My Attache Case/四星球/sympathy/teto/The 3 minutes/THE LITTLE BLACK/THE PINBALLS/the quiet room/TOTALFAT/ウソツキ/wacci/WOMCADOLE/挫・人間/他
※未就学児童は入場不可。6歳以上は有料。購入したチケットは、PASS交換所にて専用PASSに引き換える必要があります。出演者変更に伴う払戻しは致しません。詳細はHP(http://www.duke.co.jp/src)でご確認下さい。出演者は、いずれか1日に出演。
※販売期間中は1人1公演4枚まで。

チケット情報はこちら