インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 香港スター、カラ・ワイがご登壇! 第12回大阪アジアン映画祭 オープニング・セレモニー& オーサカ Asia スター★アワード表彰式レポート

香港スター、カラ・ワイがご登壇!
第12回大阪アジアン映画祭 オープニング・セレモニー&
オーサカ Asia スター★アワード表彰式レポート

3日(金)、《第12回大阪アジアン映画祭》がついに開幕。大阪市北区の梅田ブルク7にて、オープニング・セレモニーが開催され、オープニング上映作品『ミセスK』の監督で、本年度の審査委員も務めるホー・ユーハン監督、『ミセスK』主演で、今年オーサカ Asia スター★アワードを受賞されるカラ・ワイ、特集企画「アジアの失職、求職、労働現場」から『世界の残酷』サンジェイ・クマール・ペルマル監督、特集企画「ニューアクション! サウスイースト」から『パティンテロ』ミーク・ヴェルガラ監督、インディ・フォーラム部門『恋とさよならとハワイ』出演の綾乃彩、亀田梨紗、篠原彩、そして同部門の『バーミー』田中隼監督が登壇した。

ホー・ユーハン監督(『ミセスK』)は「大阪の皆さんこんばんは。寒いですが、革ジャンパーを披露できてうれしいです。『ミセスK』を楽しんでいただきたいが、審査委員という大役をいただき、重責に悩んでいます。評価をしなければいけない映画の関係者の皆さんに、先にお詫びを申しあげておきます」と挨拶、会場からは笑いが起きていた。サンジェイ・クマール・ペルマル監督(『世界の残酷』)は「長年来たいと思っていた日本。初来日が叶いうれしい。私の作品を楽しんでいただきたい」と感慨深げな表情を浮かべた。ミーク・ヴェルガラ監督(『パティンテロ』)は「ご招待をいただき、大変光栄に思っています。大好きな日本映画の故郷に来て、皆さんに私の映画を観てもらえることを、とてもうれしく思います」とメッセージを述べた。
 
oaff2017_opening5.jpg
左から、大阪アジアン映画祭実行委員長・上倉庸敬、田中隼監督、篠原彩、亀田梨紗、綾乃彩、カラ・ワイ、ホー・ユーハン監督、ミーク・ヴェルガラ監督、サンジェイ・クマール・ペルマル監督
 
綾乃彩(『恋とさよならとハワイ』)は「『恋とさよならとハワイ』は、別れたにも関わらず同棲するカップルの話で、主人公がもがき苦しみながら、自分自身と向き合い答えを出す様を、コミカルかつチャーミングに描いた作品です。世界初上映なので、ぜひご覧ください」と解説。田中隼監督(『バーミー』)は「大阪は何度も訪れたことがありますが、大阪アジアン映画祭のエキゾチックなエネルギーのせいか、来たことのない街に来ているようで興奮しています。人と会うことはどういうことなのかという呪いの作品、ぜひ観ていただけたらうれしく思います」と挨拶した。
 
その後、引き続き行われたオーサカ Asia スター★アワード表彰式では、受賞者のカラ・ワイに、大阪アジアン映画祭実行委員長・上倉庸敬から記念のクリスタル盾と花束が贈呈され、受賞の理由として上倉委員長は「カラ・ワイさんは香港映画の黄金時代にキャリアをスタートさせ、様々な時代で活躍されてきました。最新作『ミセスK』では、マレーシアのニューウェイブを代表するホー・ユーハン監督と共に、アジアの新風を吹き込み、その生き方や仕事ぶりが後に続く俳優たちに大きな刺激を与えた」と、滞在時間がわずか20時間しかないという多忙の中、アワード受賞のため来日してくださったカラ・ワイに感謝の言葉を述べた。
 
oaff2017_opening2.jpg
ステージ上でも圧倒的な存在感を放ち、ファンらを魅了したカラ・ワイは「初めて観た映画はブルース・リーの『怒りの鉄拳』で、彼のように大スターになりたい。そして何かを突き詰めるためには、諦めてはいけないと学びました。16歳でチャン・チェ監督に見出していただき、アクション女優として10年間で120作品ほどアクション映画に出演しました。『ミセスK』は、私の最後のアクション映画です。アクションは終わりですが、これからもいい映画を作りたいと思っています」と挨拶。そして、認知症を題材とした最新作『Happiness』について、作品の背景に自身の体験が重なることや、社会的意義のある作品であることを語り、「ぜひ皆さんで盛り上げてください」とPR。会場からは温かな拍手が巻き起こった。
 
oaff2017_opening4.jpg
最後はホー・ユーハン監督から、「長い時間かかり、苦労して作った作品を、このように上映することができてうれしく思います。アクションがたくさんある作品は初体験でしたが、自信ができ、これからはたくさん作っていけると思います。でも本当のところは肉体的には厳しいので、アクション映画はもう辞めたいぐらい」と、撮影の苦労を滲ませるコメントを語り、セレモニーは終了した。
 
oaff2017_opening3.jpg



(2017年3月 4日更新)


Check

Event Data

《第12回 大阪アジアン映画祭》

会期:3月3日(金)~12日(日)
会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、他

※料金、上映スケジュール等詳細は公式サイトをご確認ください。

【公式サイト】
http://www.oaff.jp/2017/ja/index.html


関連ページ

★《第12回 大阪アジアン映画祭》今年の開幕作品は『ミセスK』、 閉幕作品は『PARKS パークス』に決定!(1/30更新)
http://kansai.pia.co.jp/news/cinema/2017-01/oaff2017.html


★世界の映画祭で絶賛される注目作品からおバカコメディーまで 新特集企画は見逃し厳禁!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t1.html

★お久しぶりから2年連続など 常連監督の最新作が百花繚乱!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t2.html

★音楽が好きな人も是非チェックして! 音楽映画も充実!(2/16更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t3.html

★笑って、泣けて、感動する ファンタジーやコメディーも傑作ぞろい!(2/16更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t4.html