インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 笑って、泣けて、感動する ファンタジーやコメディーも傑作ぞろい ずばり《第12回 大阪アジアン映画祭》の必見作はコレだ!

笑って、泣けて、感動する
ファンタジーやコメディーも傑作ぞろい
ずばり《第12回 大阪アジアン映画祭》の必見作はコレだ!

3月3日(金)~12日(日)まで、梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、をはじめとした会場で開催される大阪春の風物詩《大阪アジアン映画祭》(以下、《OAFF》)。第12回を迎えた今年は、新会場に阪急うめだホールが加わり、利便性がアップ! 買い物ついでや仕事帰りに、ぜひ選りすぐりの最新アジア映画を楽しんでほしい。

過去最多の計58本(うち、世界初上映16本、海外初上映3本、アジア初上映2本、日本初上映29本)が上映される今年の《OAFF》。その特徴としてプログラミング・ディレクターを務める暉峻創三氏は、「今年の特集企画[アジアの失職、求職、労働現場]に象徴されるように、現代社会を映し出そうとしている作家は労働に絡むテーマを描き、優秀な作品を生み出している」と分析。また、コンペティション部門を16作品と過去最大作品数にした狙いについて、「香港映画の新作、しかも新世代の作品が良品揃いで、香港映画界にとても大きな変化が起こっている。そのうねりを《OAFF》のコンペティション部門を観た人に感じてもらいたい」と語ってくれた。

映画祭のプログラミング・ディレクター暉峻創三氏に聞く
今年の映画祭の見どころとは―― その④
やっぱり大好き! ファンタジー、コメディー作品

 

『うちのおバカ社長』
今年の《OAFF》きってのコメディーは、お仕事もの。一度観たら忘れられない風貌、しゃべり方、立ち振る舞いをみせるワンマンおバカ社長。その秘書になったヒロインと従業員たちの涙と笑いの日々を、オシャレなビジュアルで魅せる。不法労働者だらけのマレーシア労働事情も、社長のパワハラも笑いに変えるパワフルコメディーだ。
 

 
 
『突然20歳 タイの怪しい彼女』
昨年の《OAFF》ではベトナム版として『ベトナムの怪しい彼女』が上映され、その後劇場公開にまで結びついた、外れナシの“アヤカノ”シリーズ。今年はタイ版が登場! タイの懐メロや、オールドファッションに注目して!
 

 
 
『フェアリー・オブ・キングタム』
ベトナムの「シンデレラ」と言われる寓話「タムとカム」を映画化したアクション・ファンタジー。監督はベトナム映画界の人気トップ女優。
 

 
 
『サリーを救出』
一風変わった女友達サリーをイジワルな継父母から守るべく奮闘するヒロインの姿を、実写とアニメ(CG)を融合させて描いた想像力あふれるファンタジー。フィリピン全土で公開され大反響を呼んだ作品。
 

 
 
『ロボット・ソリ』
車椅子に乗らないと動けないレトロな風貌の人工知能ロボットが、まるでE.T.のように見える感動SF物語。「韓国では純然たる商業映画として公開されたが、日本公開予定はないので、お見逃しなく!」
 

 

 

取材・文/江口由美




(2017年2月16日更新)


Check

Event Data

《第12回 大阪アジアン映画祭》

会期:3月3日(金)~12日(日)
会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、他

※料金、上映スケジュール等詳細は公式サイトをご確認ください。

【公式サイト】
http://www.oaff.jp/2017/ja/index.html

チケット情報はこちら


関連ページ

★《第12回 大阪アジアン映画祭》今年の開幕作品は『ミセスK』、 閉幕作品は『PARKS パークス』に決定!(1/30更新)
http://kansai.pia.co.jp/news/cinema/2017-01/oaff2017.html

★世界の映画祭で絶賛される注目作品からおバカコメディーまで 新特集企画は見逃し厳禁!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t1.html

★お久しぶりから2年連続など 常連監督の最新作が百花繚乱!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t2.html

★音楽が好きな人も是非チェックして! 音楽映画も充実!(2/16更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t3.html