インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 音楽が好きな人も是非チェックして! 音楽映画も充実 ずばり《第12回 大阪アジアン映画祭》の必見作はコレだ!

音楽が好きな人も是非チェックして! 音楽映画も充実
ずばり《第12回 大阪アジアン映画祭》の必見作はコレだ!

3月3日(金)~12日(日)まで、梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、をはじめとした会場で開催される大阪春の風物詩《大阪アジアン映画祭》(以下、《OAFF》)。第12回を迎えた今年は、新会場に阪急うめだホールが加わり、利便性がアップ! 買い物ついでや仕事帰りに、ぜひ選りすぐりの最新アジア映画を楽しんでほしい。

過去最多の計58本(うち、世界初上映16本、海外初上映3本、アジア初上映2本、日本初上映29本)が上映される今年の《OAFF》。その特徴としてプログラミング・ディレクターを務める暉峻創三氏は、「今年の特集企画[アジアの失職、求職、労働現場]に象徴されるように、現代社会を映し出そうとしている作家は労働に絡むテーマを描き、優秀な作品を生み出している」と分析。また、コンペティション部門を16作品と過去最大作品数にした狙いについて、「香港映画の新作、しかも新世代の作品が良品揃いで、香港映画界にとても大きな変化が起こっている。そのうねりを《OAFF》のコンペティション部門を観た人に感じてもらいたい」と語ってくれた。

映画祭のプログラミング・ディレクター暉峻創三氏に聞く
今年の映画祭の見どころとは―― その③
音楽好きにオススメしたい注目作!

『墓場にて唄う』
日本でもコアなファンを持つ、フィリピンの伝説的ロッカー、ぺぺが、自らをモデルにしたような役を熱演する音楽映画。渋くてクールなぺぺに注目! 釜山国際映画祭入選作。
 
 
 
『敗け犬の大いなる煩悩』
元ネタは中国舞台劇(中国で映画化)。マレーシア版にリメイクした、音楽がたっぷり楽しめる作品だ。「大ヒット台湾ラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』が好きな人ならハマる」という本作を、世界初上映! 監督は、マレーシア映画の歴史を変えた名作『アイス・カチャンは恋の味』をプロデュースした人。
 
 
 
『大和(カリフォルニア)』
在日米軍厚木基地周辺の街を舞台に、音楽の要素も取り入れた青春映画。監督はOAFF2016のオムニバス作品『ファイブ トゥ ナイン』の宮崎大祐監督。韓英恵、遠藤新菜、片岡礼子出演。「日本映画の枠組みを超えたスケール感」と暉峻氏も絶賛。海外有名映画レビューサイトでも高評価を得ている作品。
 
 
 
『ヘマヘマ:待っている間に歌を』
OAFF初となるブータンからの出品作は、「前衛的、アバンギャルドな作りの映画」。ブータンの民族音楽や舞踊がたっぷり盛り込まれた音楽映画だが、それ以上に登場人物ほとんどが仮面を被り、秘密のコミュニティーで宗教のような儀式に興じるシーンが強烈な印象を与える。キケン過ぎる内容に恐れをなしたブータン政府が、国内公開禁止に。アレハンドロ・ホドロフスキー好きや、カルト映画ファンにもオススメしたい。トニー・レオン、ジョウ・シュンというビッグネームがどんな役で登場するかもお楽しみに!
 
 
 
『ギフト』
タイで国民的人気を誇っていた故プミボン国王は音楽がお好きな方だったようで、在命中に国王が作った3つの曲を王室の正式な許可を得て、オムニバス映画化された。タイきってのヒットメーカーGDH社によるロマンスとユーモアに満ちた最新作!
 
 
 
『PARKS』トクマルシューゴ監修の音楽が心に響く。瀬田なつき監督の青春音楽映画。→こちら参照。
 
『52Hz, I LOVE YOU』ミュージカル要素もあり!ウェイ・ダーション監督の音楽ラブストーリー。こちら参照。
 
取材・文/江口由美



(2017年2月16日更新)


Check

Event Data

《第12回 大阪アジアン映画祭》

会期:3月3日(金)~12日(日)
会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、他

※料金、上映スケジュール等詳細は公式サイトをご確認ください。

【公式サイト】
http://www.oaff.jp/2017/ja/index.html

チケット情報はこちら


関連ページ

★《第12回 大阪アジアン映画祭》今年の開幕作品は『ミセスK』、 閉幕作品は『PARKS パークス』に決定!(1/30更新)
http://kansai.pia.co.jp/news/cinema/2017-01/oaff2017.html

★世界の映画祭で絶賛される注目作品からおバカコメディーまで 新特集企画は見逃し厳禁!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t1.html

★お久しぶりから2年連続など 常連監督の最新作が百花繚乱!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t2.html

★笑って、泣けて、感動する ファンタジーやコメディーも傑作ぞろい!(2/16更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t4.html