インタビュー&レポート

ホーム > インタビュー&レポート > 世界の映画祭で絶賛される注目作品からおバカコメディーまで 新特集企画 [アジアの失職、求職、労働現場] は見逃し厳禁! ずばり《第12回 大阪アジアン映画祭》の必見作はコレだ!

世界の映画祭で絶賛される注目作品からおバカコメディーまで
新特集企画 [アジアの失職、求職、労働現場] は見逃し厳禁!
ずばり《第12回 大阪アジアン映画祭》の必見作はコレだ!

3月3日(金)~12日(日)まで、梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、をはじめとした会場で開催される大阪春の風物詩《大阪アジアン映画祭》(以下、《OAFF》)。第12回を迎えた今年は、新会場に阪急うめだホールが加わり、利便性がアップ! 買い物ついでや仕事帰りに、ぜひ選りすぐりの最新アジア映画を楽しんでほしい。

過去最多の計58本(うち、世界初上映16本、海外初上映3本、アジア初上映2本、日本初上映29本)が上映される今年の《OAFF》。その特徴としてプログラミング・ディレクターを務める暉峻創三氏は、「今年の特集企画[アジアの失職、求職、労働現場]に象徴されるように、現代社会を映し出そうとしている作家は労働に絡むテーマを描き、優秀な作品を生み出している」と分析。また、コンペティション部門を16作品と過去最大作品数にした狙いについて、「香港映画の新作、しかも新世代の作品が良品揃いで、香港映画界にとても大きな変化が起こっている。そのうねりを《OAFF》のコンペティション部門を観た人に感じてもらいたい」と語ってくれた。

映画祭のプログラミング・ディレクター暉峻創三氏に聞く
今年の映画祭の見どころとは―― その①
暉峻氏念願の新特集企画に注目!
 
今や日本でも山のようにある映画祭だが、制作されてから1年以上経っても、どの映画祭にも紹介されない傑作が山ほどある。2~3年前から構想し、作品の新鮮度は劣っても、ぜひ紹介したい作品を今年こそと、選びに選び抜いた」という暉峻氏念願の特集企画。
 
[アジアの失職、求職、労働現場] というタイトルから、硬派、社会派の作品が頭に浮かぶ人も多いだろう。でも、そこは《OAFF》、海外の映画祭で既に高い評価を得ているエンタメ要素も高い作品から、本当におバカなコメディーまで、幅広い解釈のオススメ作品が揃っているのだ。「見逃し厳禁!」と力を込めた暉峻氏セレクトを一挙ご紹介!
 

 
『黙示録の子』
「『地獄の黙示録』撮影中、フランシス・フォード・コッポラ監督との間にできた子」と母親に聞かされ育った青年が主人公。「サーフィンのコーチをしているが、オフシーズンとなり仕事が無くなった時に訪れるアイデンティティのクライシスを描いた傑作」。サーフィンのメッカ、フィリピン・バレルを舞台に、美しい海や爽やかなサーフィンシーンが登場する一方、人間関係(特に男女関係)はドロドロ!? 国際的評価の高いフィリピン映画。
 
 
 
『世界の残酷』
90年代のマレーシアを舞台に、初期の北野武映画をさらにシリアスタッチにしたギャング映画。マレーシアのアカデミー賞で見事グランプリを受賞。「画面を一目見ると監督の溢れる才能が分かる。インド系、チャイナギャングも絡み、マレーシアならではの色々な人種が出てくる作品」
 
 
 
『夏の夜』
バイトを掛け持ちしながら就活する女子大生のある夏の夜を描いた、美しい短編。「昨年の韓国で、長編を含めても最高傑作と思う作品。最後は観ていて圧倒的な感動に満たされる。短編だからと見逃さないで!」。チョンジュ国際映画祭短編部門でグランプリを受賞。
 
 
 
『亡命記』
野村芳太郎監督による55年の傑作。佐田啓二、岸恵子主演、神戸にはじまり、南京、そして高野山を舞台にした作品は「絶対に高野山に行きたくなる作品。ビデオ化、DVD化されていない作品かつ35㎜映写機が2台ないと上映できない作品なので、非常に貴重な機会」

oaff2017_Bomeiki_1.jpg
©1955松竹

 

取材・文/江口由美




(2017年2月15日更新)


Check

Event Data

《第12回 大阪アジアン映画祭》

会期:2017年3月3日(金)~12日(日)
会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、他

※料金、上映スケジュール等詳細は公式サイトをご確認ください。

【公式サイト】
http://www.oaff.jp/2017/ja/index.html

チケット情報はこちら


関連ページ

★《第12回 大阪アジアン映画祭》今年の開幕作品は『ミセスK』、 閉幕作品は『PARKS パークス』に決定!(1/30更新)
http://kansai.pia.co.jp/news/cinema/2017-01/oaff2017.html

★お久しぶりから2年連続など 常連監督の最新作が百花繚乱!(2/15更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t2.html

★音楽が好きな人も是非チェックして! 音楽映画も充実!(2/16更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t3.html

★笑って、泣けて、感動する ファンタジーやコメディーも傑作ぞろい!(2/16更新)
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2017-02/oaff2017-t4.html